商店街の歴史、現状と課題 〜ライフデザイン総合研究 第3回〜

みなさん、こんにちは。

今年は例年になく早い梅雨入りで、ブログカキカキの今日も雨が降っています。

 

さて、ライフデザイン総合研究第3回の様子をお伝えしますね~。

前回、呉先生に社会調査の方法を学んだ学生たちは、今日は商店街の歴史や現状と課題を神田先生から学びます。

 

IMG_2622 .jpg

                     (授業資料)

 

IMG_2631.jpg

                                  (商店街について詳しい資料を掲示して下さる神田先生)

 

 

  商店街日本一は? 日本初の百貨店や大型ショッピングセンター、アウトレットモールはどこ?

    クイズ形式で解いていきます。 やーん、楽し~♪(答えが知りたいアナタ! 神田先生に聞いて下さいね)

 

 商店街は、公共道路に沿って中小小売店などが連続して立ち並んだ集積のことをいいます。

 特徴としては、中小小売店が主体で、業種構成に違いがあり、公共道路に沿っていることです。

 

  神田先生はこの他、商店街のタイプや街路形態についても説明して下さいました。

   私:「へ~! 商店街って港町や社寺の門前に商店が集まってできたのかぁ~。フムフム。

  そういえば、うちの近くの商店街も1本の街路から枝分かれしているなぁ~。なるほど、規模が大きくなると、こうなるのね。」

 

IMG_2632.jpg

 

 

 私も知らないことが多く、必死にノートを取っていて…。

 「ハッ! 神田先生の写真を撮っていない!! 」

 …ということで、パシャパシャ後で撮りました~。(神田先生、失礼しました)

 その後は、各グループに分かれて、次回の商店街調査のために、調査項目を「ブレインストーミング」で抽出してもらいました。

 

 「ブレインストーミング」とは、複数人(1人でも可)でアイデアを出し合い、ユニークで新しいアイデアを生み出すことを目的とした会議手法のことです。

 学生たちは、それぞれ調査項目を付箋に書いていきます。

 

IMG_2636.jpg

              (みんなでアイデアを持ち寄りましょう!)

 

持ち寄ったアイデアを「KJ法」で分類していきます。

「KJ法」は、ブレインストーミングにより出されたアイデアをベースに情報を分類、分析する手法です。

 

【KJ法の方法】

 ・ブレインストーミングで出たアイデアをひとつずつカードに記す

 ・同じカテゴリーでまとめ、見出しを付ける

 ・見出しをもとに関係性を図解し、文章に落とし込む

 

IMG_2646.jpg

 

 

IMG_2643.jpg

 (新型コロナウイルスの感染防止に注意しながらチームで出し合ったアイデアをグルーピングしていきます)

 

IMG_2640.jpg

       (同じカテゴリーでまとめたら、見出しをつけます)

 

IMG_2650.jpg

         (呉先生から項目についてアドバイスを受けています)

 

三人寄れば文殊の知恵? 結構多くの調査項目が出てきましたね。

来週はこれをもとに実際に調査に出かけましょう!

 

IMG_2624 .jpg

 

 

さぁ、小阪商店街にレッツゴー♬

                   (ライフプランニング学科 ノートを取ることに必死すぎた越智砂織)

大阪樟蔭女子大学 学科ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ