育てるのは何種類の野菜?:学外実習@フードスタディ総合研究

3年生の学科専門科目「フードスタディ総合研究」では、「Farm to Table(農園から食卓まで)」というテーマを実践すべく、フードスタディコースの学生が畑づくりから始める野菜作り、そして自ら育てた野菜を使った料理のレシピ提案に取り組みます。

「自然農園ほのぼ〜の」(奈良県生駒市)さんの多大なるご協力のもと、実習場所とアドバイスをいただいています。

先週の授業で、世界的に注目される、生物多様性を活かした農業実践である「アグロエコロジー」の基礎概念を学び、学生はグループに分かれてコンパニオン・プランツを含めた混植を計画しました。

img_01.jpg

 

そして、実習当日、今回は、春夏野菜を栽培するための畝づくりとともに、水はけや相性を考えながら栽培する野菜の決定と、栽培するための種取りと育苗の準備をしました。

img_02.jpg

 

耕作放棄地をもう一度、実りある豊かな里山の食風景の一部へ。畝作りです。

img_03.jpg

 

種いも用のキクイモを掘り

img_04.jpg

 

マルオクラの種取り

img_05.jpg

 

雑草抜きと雑草マルチ

img_06.jpg

 

オクラ、キュウリ、トマト、枝豆、ブロッコリー、とうもろこしの種をポットに植えて苗ができるのを待ちます。

img_07.jpg

 

学外の農園実習は、天候が大きく影響するため予定通り進まないことも多くあります。

初夏を感じさせる暑さを肌で感じつつも、学生らはオンライン授業とは異なる対面の実習に取り組んでくれていました。

 

密を避けるため、また畑の管理を継続して行うため、グループに分かれて作業を実施していますが、次のグループへの情報共有もしっかり行ってもらいました。

これからも畑での作業やレシピ提案にいたるまでの作業など、お伝えしていこうと思います!

 

(ライフプランニング学科 濵田信吾・写真撮影:駒井佳奈)

 

*Instagramでもフードスタディコースを写真をチェック!

#shoin_foodstudy

#osakashoin_foodstudies

大阪樟蔭女子大学 学科ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ