DEPART-
MENT NEWS
学科ニュース

「ピンチをチャンスに~今だからこそ私達ができること~」

5月2日(土)臨床栄養学研究室(井尻ゼミ)の卒業生10名・現役生2名が参加し、
第1回オンライン会議を実施しました。
お題は、世界中が直面している問題である”新型コロナウイルス”です。
こんな時だからこそ、今の私達には何ができるのか?ということを考えていきました。
卒業生の中には、ウイルスの脅威にさらされながらも医療や福祉の最前線で活躍しておられる方もいます。
また、卒業論文や国家試験があるにも関わらず、学校に行くことができない4年生や、
まだ一回しか登校できていない1年生、さらには、大学のことを知る機会であるオープンキャンパスにもいけず、受験に不安を抱えている高校生もいます。
この現状の中で、今自分にできることをそれぞれの立場で話し合いをしました。
卒業生として、現役生として、また樟蔭生として地域や社会に発信できることはないか。
コロナ禍の中、最前線で戦う仲間同士で支えあうためにできること。

InkedZoom_LI.jpg
第1回は情報交換会という形で実施しましたが、この会を通してそれぞれの立場の現状を把握し、
悩みに向き合い励ましあうことで、仲間の大切さを改めて感じました。
未来から見た今を見たとき、この時があったからこそ見つかった「絆」というものを皆でつかみたいと思います。
そして、ピンチである今だからこそ、
樟蔭生として私達にできることをみつけていきたいと思います。
今後も引き続きオンライン会議を実施し、具体的な企画を考えていきたいと思います。

臨床栄養学研究室
井尻、廣岡

関連情報