DEPART-
MENT NEWS
学科ニュース

【学生が語る!叶えたい夢と学科での学びと活動 vol.3】~生徒の将来に繋がる家庭科の授業がしたい!~

 

こんにちは!健康栄養学科です👩‍🏫

「学生が語る!シリーズ」の第3弾をお届けします。

今回は食物栄養専攻の2年生(2022年度現在)にお話を伺いました。

 

 

1. あなたが、大阪樟蔭女子大学健康栄養学科を受験したきっかけや理由はなんですか。

私が受験した理由は、小学生の頃からの夢である学校の先生になりたいからです。

高校生の私は、生きていく上で最も実用的なことを学ぶ家庭科の先生になりたいと思い、家庭科の先生になるために大学を探していました。しかし、教育学部に行くと先生になる以外の道が分からず不安になったので、栄養について深く学びながら、家庭科教諭の免許も取得できる大学に行きたいと思っていました。その時、家庭科の教育実習で来てくれた先生の大学が大阪樟蔭女子大学ということを知り、この大学が気になり、オープンキャンパスに行きました。

オープンキャンパスでは、大学の先輩に連れられて実際に使っている教室や実験室、ゼミの活動を教わり、その中でも私が特に興味を持ったのはshineスポーツ栄養研究会の活動でした。元々、バレーボールをしていたので大好きなスポーツと栄養の関わりに興味を持ち、楽しそうに説明してくださる先輩が輝いて見え、この大学に入って、この活動に参加したいと思いました。

このような理由から、私は、この大阪樟蔭女子大学健康栄養学科を受験しました。

 

 

2. 今、大学生活で一番熱心に取り組んでいることは何ですか?そのやりがいや楽しさについて教えてください。

1番熱心に取り組んでいることは、憧れて入ったshineスポーツ栄養研究会です。

1年生の春からこの活動に参加していたのですが、やはり大学生になった当初は普通の人と同じぐらいの栄養の知識で、授業でもカタカナが多くて覚えづらかったり、この活動でもわからないことの方が多く、先輩の知識量に圧倒されたりしました。

ですが、まだまだわからないことはあるものの、2年生になった今、栄養について習ったことはある程度理解し説明することができるようになっていて、普段の授業では少ない自分の知識のアウトプットができ、自分の成長を肌で感じることができて楽しいなと思っています。

他にも私は、オープンキャンパス担当をしていて、私たちの日頃の活動を、オープンキャンパスに来てくださった方に紹介しています。他のオープンキャンパス担当の先輩や同級生、後輩と仲良くなり、もっと研究会の活動が楽しくなりました。私も、憧れた先輩たちのようになれていたらいいなと思っています。

 

 

3. 大学でのどのような学びが、今の活動に繋がっていると思いますか?

大学の授業で得た、基礎的な栄養学の知識が、研究会の活動に応用できていると思います。

先ほども述べた通り、初めは何にもわからず、先輩に教科書のどこの単元を読めばいいか教わり、手に入れる知識を頭に入れるので精一杯でした。しかし、今では一つの言葉に対して他の栄養に関する知識をたくさんつなげることができ、より詳しくわかりやすい説明をすることができるようになりました。

このように、大学で学んだ栄養の知識が研究会の活動に繋がって、曖昧でない正確な情報を発信することができていると思います。

 

4. 将来の夢や、やりたい仕事について、教えてください。

この学校に入学した理由でもある、家庭科の先生になることが夢です。

中高生のうちに習う学校の教科の中で、1番生活に近く日常的に直接触れている教科が家庭科だと思っているので、その家庭科を通じて、将来の生活の手助けになるような授業をしたいと思います。

他にも、運動クラブに所属する生徒に、私が今研究会で学んでいることを教えて、より良いクラブ活動をしてほしいと思います。

 

 

【教員からの応援メッセージ】
オープンキャンパスで配付したレシピブックは、レシピの考案から本のデザイン、製本まで全て自分たちで制作を頑張りましたね。大変好評です。授業で修得した基礎的な知識を形にしてオープンキャンパスなどで発信しているこの経験は、必ず将来の夢に繋がるでしょう。栄養の知識を身につけた生徒と、楽しくクラブ活動をしている姿が目に浮かびます。応援しています。

 

彼女が所属するShineスポーツ栄養研究会はスポーツ栄養に関する情報や日々の活動をInstagramで発信しています。また、レシピブック掲載のレシピはクックパッドにて配信しています。ぜひこちらもご覧下さい。

(角谷)

関連情報