DEPART-
MENT NEWS
学科ニュース

授業紹介「メイクデザイン実習ⅢB」~化粧ファッション学科~

みなさん、こんにちは。

今回のブログでは、化粧ファッション学科の化粧の学びをお届けすべく、

メイクデザイン研究室の髙木大輔先生による集中講義「メイクデザイン実習ⅢB」の授業をご紹介していきます!

 

この授業では、ステージにおけるメイクアップと普段のメイクアップの違いや、写真や映像の撮影メイクについて学ぶことができ、メイクデザイン関連の実習科目の中でも人気の科目です。(^_^)

目的に合わせたメイクデザインやメイクアップを出来るようになることを目標とした授業です。

 

今回はその中でも撮影メイクの実習を行うため、ゲストスピーカーとして、髙木先生と普段から現場のお仕事でご一緒してるフォトグラファーの『長井諒平さん』に来ていただきました。

 

ゲストスピーカーの長井さんにはフォトグラファーとヘアメイクの大切な繋がりについてのお話を聞かせていただきました。

長井さんはビューティーだけでなくファッション、企業広告など幅広いジャンルで活躍されているフォトグラファーです。

 

モデルの撮影において一番大切なのは、ヘアメイクアップアーティストがモデルのイメージ付けを行い、次にフォトグラファーが光の具合で、より印象を強くしたり、柔らかくしたりなどの調整をする事のようです。

 

フォトグラファーとヘアメイクアップアーティストはモデル撮影において必要不可欠な関係性なのですね!

 

今回の実習テーマは

フェミニン、エスニック、モダン、アバンギャルド、クラシック、スポーティー、エレガント、マニッシュの8つのイメージからそれぞれ1つピックアップし、

施術者とモデルに分かれてヘアメイクを行い撮影していきます。

 

撮影のために髙木先生が小物を400点も用意してくださいました!(^_^)

まず、付け襟やウィッグ、アクセサリー類などのテーマにあった小物を学生たちに選んでもらいます。

沢山の撮影小物に学生の皆さんも大喜び!♡

 

次に、小物を選び終えたら、作業に入っていきます。

スキンケアからヘアメイクまで学生の手で1から仕上げていきます。

 

 

モデルさんのヘアメイクが仕上がったら、いよいよ撮影です!

 

 

 

みなさんポージングもバッチリで、まるでプロのモデルのようですね!

 

出来上がった作品は、さっそくメイクデザイン実習室の前に展示しています。

オープンキャンパスや体験授業などにいらした際には是非ご覧くださいね!

 

以上、「メイクデザイン実習ⅢB」の授業紹介でした!

 

(化粧ファッション学科 補助職員)

 

 

 

=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=

化粧ファッション学科公式Twitter始めました!ぜひ確認してみてくださいね!
開催予定のイベントなど、情報盛りだくさんかも・・・??

化粧ファッション学科の最新記事から過去の記事までを一気にチェック!

化粧ファッション学科のブログ記事一覧

★化粧ファッション学科ページ★

★化粧ファッション学科公式Twitter

 

↑ クリックしてね!

 

 

関連情報