学生'S voice -先輩たちの声をお届け!!-

VOICE一覧

被服
被服学科被服学専攻3回生

「世界選手権大会」で銀メダル!バトントワリングで大活躍

児童
児童学科3回生

「グリムプロジェクト」で活躍!将来の夢につながる活動を通して成長中

被服
被服学科化粧学専攻3回生

株式会社H&M BEAUTY主催「HAIR & MAKE-UP PHOTO CONTEST 2013」入賞

国文
国文学科創作表現コース2回生

「文芸思潮 エッセイ賞」入選!

国文
国文学科書道コース1回生

全日本高校生・大学生書道展で書道展賞(かな部)を受賞!

ライフプランニング
ライフプランニング学科4回生

在学中に、難関の秘書技能検定1級合格!

被服学科被服学専攻3回生
「世界選手権大会」で銀メダル!バトントワリングで大活躍

3歳からはじめたバトントワリングで、これまでも輝かしい成績を残してきた彼女が、ついにその名を世界にとどろかす成績を残しました!

2014年8月にイギリスにて開催された「第32回世界バトントワーリング選手権大会」で、フリースタイルペアのシニア部門で第2位となり、銀メダルに輝きました!

この大会は、いくつかある世界大会の中でも大変難易度の高い大会で、日本代表選手になるには全国大会に出場し、さらにその中から選抜で選ばれなければなりません。彼女が出場したペア部門は、たった1組しか出場できないという狭き門を突破し、さらに世界各国と戦い、2位に輝くという大変すばらしい結果を残しました。

彼女は、がんばった分だけ自分の成長を体感でき成績にもあらわれる所に、やりがいを感じているそうです。緊張の中でも、「楽しむ」ことで自分らしいを演技ができるとのこと。これからもご活躍を期待しています!

児童学科3回生
「グリムプロジェクト」で活躍!将来の夢につながる活動を通して成長中

「いきいき・キャンパスライフ・プロジェクト」の一つ、「グリムプロジェクト」で代表をつとめる彼女は、保育士になるのが夢。活動を通して、授業では得られない貴重な経験を積んでいます。

このプロジェクトでは毎月、奈良県香芝市の子育て支援センター内で「グリム絵本館」を実施しているのですが、絵本の読み聞かせとともに季節に合わせた企画を行うので、月ごとに企画を立てるのが一番苦労しているとのこと。

「学生同士で案を出し合い、限られた時間の中で活動するのは、大変だけど楽しいです。企画で悩んだ時は、メンバーで助け合ったり、親身になって相談にのってくれる先生がいてくれるので、とても心強いです!」 一番のやりがいは、やはり子どもたちや保護者の皆さんの笑顔。どんなに大変でも「やっぱりがんばってよかった!」と感じる瞬間だそうです。

現在、被災地などにも活動の幅を広げている「グリムプロジェクト」。今月には香芝市総合福祉センターで『絵本フェスタin香芝』を開催します。皆さんもぜひ参加してみてくださいね!

被服学科化粧学専攻3回生
株式会社H&M BEAUTY主催「HAIR & MAKE-UP PHOTO CONTEST 2013」入賞

メイクアップ用品・化粧品などの卸、販売会社である、株式会社H&M BEAUTYが主催する「HAIR & MAKE-UP PHOTO CONTEST 2013」において、彼女が見事入賞を果たしました。

今回のコンテストのテーマは「Nature -美の調和-。彼女は「Nature=自然とは、時間の流れだと考え、メイクや衣装、アクセサリーなど、すべて時間の流れというものをイメージしてコーディネートしたそうです。写真撮影も本学スタジオで行い、準備から完了まで約半日もかけたという力作で、入賞の知らせを受けた時は「びっくりした!」そうです。「今回の受賞は大きな励みになりました。日頃の実習も実践的な内容で、着実に力がついているのを実感。将来はオリジナリティをもったメイクアップアーティストになりたい。」と語ってくれました。

国文学科創作表現コース2回生
「文芸思潮 エッセイ賞」入選!

毎年実施されている全国的なエッセイコンクール「文芸思潮 エッセイ賞」で見事入選を果たした彼女は、コンクールなどに応募したのは今回が初めて。しかもエッセイ自体書くことも初めてで、原稿締切の1週間前に応募を決め、約4,000字を一気に書きあげたそうです。彼女は、「大学の授業で、戯曲などこれまで読んだことのないさまざまなジャンルの作品を読む課題がきっかけで、読書の幅が広がりました。創作へのいい刺激につながっています。

「目標があったほうが、文章を書く強い動機になります。授業で得た学びを活かしながら、今後も積極的に応募していきたい。」と話してくれました。

エッセイ「寿司屋と私」は、回転寿司屋のアルバイト経験をもとに、人間関係の複雑さ、仕事で感じたストレスなどが、軽妙な文体で表現されています。ぜひ読んでみてください。

国文学科書道コース1回生
全日本高校生・大学生書道展で書道展賞(かな部)を受賞!

国文学科書道コース1回生が、書道作品の展示会で有名な全日本高校生・大学生書道展(公益社団法人日本書芸院・読売新聞社主催)で書道展賞(かな部)を受賞しました。この作品展は全国の高校生、大学生を対象に年1回開催されているもので、書道展賞は大賞に次ぐ優秀な賞です。

彼女は小学1年生から書道を習い始め、大学でも書道部に在籍し活躍中。

書を書くにあたって気をつけているのは文字のバランス。行ごとのバランスや漢字とひらがなのバランスは特にポイントになるそうです。「同じ文字でも自分の気持ちが入ると力強い文字が書ける。その時その時の気持ちが文字に表れるのが書の魅力です。この大学は先生も学生も気さくな人が多く、雰囲気が大好き。書道も大学生活も、もっと楽しみたい!

と語ってくれました。

ライフプランニング学科4回生
在学中に、難関の秘書技能検定1級合格!

秘書技能検定に挑戦する人は多くいますが、彼女は3回生の時に、1級に合格しました。

「勉強は大変ですが、目標をもてば強くなれます!資格の勉強にチャレンジしたことで、自分の世界が大きく広がりました。」と話す彼女。

普段の授業と並行して資格対策の学習をすることはやはり大変だったようですが、通学中の移動時間を学習時間として有効に使ったこと、そして対策講座はもちろん、学科の先生による丁寧なサポートがあったこと、が合格の秘訣だったようです。ちなみに、彼女はFP技能士3級にも合格しました。