翔空館の時計台が完成しました!

2014.07.10 ニュース

2015年4月に向けて、小阪キャンパスのキャンパス・リニューアルは日々着々と進行しています。

tower5.jpgtower7.jpgtower87.jpgtower6.jpg

10階建ての「翔空館」は、外観に続いて内部の設備関係も整い、どんどん完成に近づいております。

最上階から見る風景は、圧巻!

遠くにPLの塔が見えています。

8月1日には花火大会が、ベストポジションで見ることができるでしょうね。

tower11.jpg

そして、今月はじめには「翔空館」のシンボルである「時計台」がお目見えしました!

tower1.jpg

この屋根の形状は、樟蔭のシンボルともいえる「記念館」の屋根をモチーフに、デザインされたものです。

壁面の色も、記念館を基調としています。

tower2.jpg

南北の壁面には樟蔭学園の校章が飾られており、正門側からは登校する生徒たちに見えるよう、時計が正確な時を刻んでいます。

tower3.jpg

これからは本学の学生・生徒だけでなく、地域の方々にも正確な時間をお届けし、地域のシンボルとしての役割も果たしていきます。

 

まだまだ進化する、樟蔭。

また、新校舎の完成など、進化の過程をお知らせします!

 

大阪樟蔭女子大学 広報ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ