地域活性化について学ぼう! ワークショップを開催

2013.12.16 ニュース

 学生有志が大学のサポートを受けつつ、地域の活性化などさまざまな活動に取り組んでいるのが、本学のいきいきキャンパスプロジェクトです。そのうちのひとつに「子どもの集まる商店街」をめざして小阪の商店街で活動しているKSK10というプロジェクトがあります。

先生.jpg   5 (400x300).jpg

 このプロジェクトの効果をより高めるため、地域活性化について学ぶワークショップが11月29日に開催されました。講師には、阪急電鉄の街づくりや「駅ナカ」事業などでも活躍して来られた高橋保裕先生(関西学院大学非常勤講師兼客員研究員)をお招きし、地域の活性化の具体的事例をもとに、「経営とは何か」や「どのような視点で社会を見つめるべきか」などについて、学生にわかりやすくお話いただきました。

先生3.jpg

 講義では高橋先生が関学生の大学教育を宝塚市の地域活性化フィールドワークを通じて行う姿を紹介しながら、「日頃から自分で問題発見のクセを身につける」、「小さなトライで1つの成功体験が得られれば、その人の潜在能力は一気に花開き始める」などというお話があり、地域活動はその格好の舞台になると述べられていました。

3 (400x300).jpg

 「皆さんも、現代社会の縮図である“小阪の課題”を見つけ、何か提案・連携・協働し、自分がやりたい事って、これだったんだ!を是非見つけて欲しい」というエールもいただきました。

学生の皆さん.jpg

大阪樟蔭女子大学 広報ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ