内定者レポート 後輩のみなさんへ送るメッセージ(心理学部4回生・高松由依さん)

2013.12.10 ニュース

ひとつひとつの授業がいまの自分をつくってくれた!

2013-11-08 10.33.35-2 (426x640) (426x640) (266x400).jpg

高松由依さん 心理学部4回生 (児童養護施設 内定)

 

 私は4つの施設の求人に応募し、うち2つから内定をいただくことができました。本当に幸運だったと思います。自己分析するに、事前に応募先の施設のことを十分に調べておいたのはもちろんですが、面接では自分を飾らず、率直な気持ちを自分の言葉で伝えるように意識していたのが良かったのではないかと感じています。

 私は字が綺麗ではないのですが、そのぶん履歴書は丁寧に書くようにしました。キャリアセンターには、「こういうふうに書いたらいい」という具体的なアドバイスをいただき、とても助かったことを覚えています。就活中は、大学の友人からは求人情報を教えてもらったり、親からは「自分のやりたいことをやれ」と応援してもらったことも有難い思い出です。

 授業では先生の実体験にもとづくお話が多くて参考になったこと、PSWの実習では病院のデイケアを体験し、実際に患者さんと触れあえたことなど、ひとつひとつの授業がいまの自分をつくってくれたと思います。私は大学での学びを通して、子どもたちを教育するよりも支援できるような立場の仕事に就きたいと思うようになりました。先生や友人との交流を通して、自分が何をしたいのか明確になったのは在学中に得た一番大きな財産です。

 勉強にしても何にしても本気で取り組めば、それまで気づかなかった自分の能力や個性を発見できますよ。10年後、20年後も、誰にでも丁寧に接し、いろいろな立場のひとたちから学び続けられる社会人でいたいなと思います。

大阪樟蔭女子大学 広報ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ