公開講座「高齢者のための食品開発最前線」

2013.11.12 健康栄養学科

11月9日(土)健康栄養学科主催の公開講座「健康で豊かな生活のための食品・栄養講座、第1回:高齢者のための食品開発最前線」が開かれました。

講師は、食品化学研究室 川端康之 先生です。

DSC03943.JPG

日本の人口の高齢化の現状と食品開発への課題を概説されたあと、実際の例について説明がありました。

食品流通業がさまざまな「宅配ビジネス」に取り組む様子や、大手食品会社が食品の容器・包装に改良を加え、誰もが使いやすい食品を目指して開発に取り組む事例が紹介されました。

DSC03957.JPG

また、食品そのものの「高齢者への対応例」として、ユニバーサルデザインフードや酵素を利用して食品を柔らかくした「ソフト食」の紹介と試食が行われました。

DSC03978.JPG

DSC03989.JPG

なかでも「摂食回復支援食 あいーと」の試食には、受講生のみなさんも大変驚かれていました。食品の形はきれいに残っているにも関わらず、その柔らかさは、舌と上顎(軟口蓋)でつぶせる程度で、口の中でとろけていくようでした(「あいーと」については、製造会社のホームページをご覧ください)。

今後のスケジュールは、

11月16日(土) ②健康的な食生活のために~具体的な取り組みを中心として~ 
  上田秀樹 先生(公衆栄養学)
11月30日(土) ③健康情報番組にだまされるな~疑似科学への入門~
  木村雅浩 先生(栄養化学)
12月 7日(土) ④高齢者のための栄養学
  保木昌徳 先生(病態栄養学)
 時間は、いずれも、12:40-14:10です。

お問い合わせは、06-6723-8237 小阪キャンパス 学術振興課まで。
 

大阪樟蔭女子大学 広報ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ