プロジェクト型インターンシップ成果発表会

2013.11.14 健康栄養学科

平成25年度 日本経済新聞社連携講座「プロジェクト型インターンシップ」の成果発表会が開かれました。

健康栄養学科の学生15名が、3つのグループに分かれ、東大阪市の食品会社・株式会社ジーエスフード様と「お酢を使った飲料と紅茶飲料の新製品開発」に取り組んできた成果が発表されました。

13-13photo1.jpg

 

 

Aチーム:「ライチ風味のお酢飲料」

Bチーム:「オレンジジンジャー風味のお酢飲料」

Cチーム:「梅果汁の入った紅茶飲料」

の3点が発表されました。

各グループとも授業との両立で苦労していたようですが、最後まで妥協せず、製品案を作り上げました。

3チームともに素晴らしいプレゼンテーションで、甲乙つけがたいものでした。

8名の審査員が投票した結果、Cチームが最優秀賞に輝きました。

13-13photo3.jpg

 

また、その後のジーエスフード様からの講評で、Aチームのお酢飲料について商品化が進められているとの報告がありました。

 

13-13photo4.jpg「商品化の検討が進められるAチームの「ライチ風味のお酢飲料」、試作パッケージをもって」

 

学生のみなさん、お疲れ様でした。この経験が今後の就職活動に生かされることを期待します!

この取り組みは、11月25日(月)掲載の日経MJで紹介される予定です。

 

 

大阪樟蔭女子大学 広報ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ