心理学部の学生がプロジェクト型インターンシップで「アカペライベントのエンディングでフラッシュモブ合唱!」を提案しました

2013.11.08 ニュース

10月6日(日)に大阪市の天王寺公園周辺で開催されたイベント「アカペラTownフェステイバル」に、本学心理学部ビジネス心理学科3回生の学生が参加し、自らが提案したイベントのエンディングでのフラッシュモブ大合唱(不特定多数の人が突然合唱する)では、お客さんを巻き込んで盛り上がりました。

2013-10-06 15.56.48.jpg

このイベントはNPO法人大学コンソーシアム大阪が主催したプロジェクト型インターンシップ・プログラム「あべの・天王寺まちづくり構想プロジェクト」の一環として行われたもので、このプログラムには、他大学も含めた多数の学生がインターンとして企画から参画しました。その1つが、中西さんのチームが考えた「アカペラTownフェステイバル」でのフラッシュモブです。

 

中西さんのチームは、イベントで全アーティストの出演が終了した直後突然に、「さあ、皆さんもご一緒に!」と観覧していたお客さんに呼びかけ、ステージにいた他大学の学生と観客の全員で「世界にひとつだけの花」を合唱。大人も子どもも男性も女性も、一緒になって大変な盛り上がりを見せました。

2013-10-06 15.57.01.jpg

これは本来の「アカペラTownフェステイバル」のプログラムにはない試みでしたが、中西さんのチームが中心となって、主催者や他大学の学生に提案して実現したものです。中西さんは「自分もまちづくりに協力できたんた!っていう達成感がすごくあります」と充実した表情で話していました。

2013-10-06 16.00.54.jpg

インターンシップ活動は大変な面もありますが、貴重な経験や思い出として将来に必ず活きてきます。本学は今後もどんどんこうした活動を応援していきます!

大阪樟蔭女子大学 広報ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ