KSK10の活動報告①―まちあるき―

今から3年前・・・。

当時の学生10名が集まり考えていました。

「大学の近くにある小阪商店街の活性化に向けて、何かできることはないか。」
 きっかけは大学の授業で地域活性化についてさまざまな話を聞いたことでした。

学生たちは意見を出しあい、そして1つのアイディアが生まれました。
「子どもが集まることによって商店街の活性化が進められるのではないか。」
こうして『子どもが集まる商店街プロジェクト』が始まりました。

プロジェクトを進める学生たちのチームを[KSK10]と呼びます。

KSK10は、商店街活性化を目標として、商店街に子どもの姿をとりもどし、これからの消費を担う子育て世代を中心に地域のみなさんに足を運んでもらえるよう、イベントや調査、情報発信などをしています。


KSK10が発足して3年が経ち、今年は3回生のメンバーを中心に約20名が活躍しています。

今年の最初の活動は、まず「地域を知ること」。
どういった地域なのか実際にまちを歩いて勉強しました。


商店街ではどのような活動をしようと考えているのか、商店連合会理事の奥謙二さん(以前、授業にゲストとして来てくださいました)からお話を聞かせてもらったり、小阪商店街のシンボル(!?)の小阪城を見学したり、小坂神社や司馬遼太郎記念館にも足を運びました。


LPblog_201306KSK10_01.jpg

奥さんは 手焼きおかきのヤマジン の店主さんです。とってもおかきが美味しいんですよ!

 

LPblog_201306KSK10_02.jpg

1階は理髪店です。テレビでも紹介されたことがあり、有名です。(今回は下から見上げただけ…)

 

LPblog_201306KSK10_03.jpg

祭の時期には小坂神社の奉納旗があちこちに立ちます。

 

LPblog_201306KSK10_04.jpg

歴史小説家として有名な司馬遼太郎さんは1964年から32年間、小阪で執筆活動をされていました。記念館は安藤忠雄の設計でとても個性的ですよ!

 

「普段、通学で近くを歩きますが、目的を持って歩いてみないと気づかなかったことも多く、とても勉強になりました。これからのイベントの企画の参考にします!」

 「商店街には年配の方が多く見られました。ここに子どもたちもたくさん集まれば、にぎやかな商店街にできると思います!とても楽しみです!」とKSK10のメンバーもはりきっています。

今年も「子どもが集まる商店街プロジェクト」第3期の活動を始めました!
KSK10の活動はこのブログでも紹介していきますので、楽しみに待っていてくださいね。

※昨年までのKSK10の活動はオープンキャンパスでも紹介しています。
ぜひ次回7月21日(日)のオープンキャンパスにお越しください!

 

==============

ライフプランニング学科の最新記事から過去の記事までを一気にチェック!

★ライフプランニング学科のブログ記事一覧★

↑ クリックしてね! ↑

大阪樟蔭女子大学 広報ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ