全国の女子大でNo.1!精神保健福祉士の合格者数

2013.04.18 ニュース

2013年1月に実施された、第15回精神保健福祉士国家試験の結果が3月15日に発表され、本学 心理学部の現役合格者数は14名で、「全国の女子大でNo.1!」(大学院・通信制大学除く)という快挙を成し遂げました!
 
今回の精神保健福祉士国家試験は、全国の合格率が56.9%でした。この数字は過去の精神保健福祉士試験の中で、史上最低の合格率であり、今回の試験がこれまでの試験で「一番難しい試験」であったことを示しています。

そんな中で本学の心理学部は、輝かしい成績を残すことが出来ました。 これは、教員1名に対し学生5.3名という徹底した少人数教育のもと、資格に対するサポートをしっかりと行っていることが実証されたといえます。

また、今回合格した14名は、ほぼ全員が新卒で就職を決めており、就職に結びつく有益な資格であることを証明しています。

20130418.jpg

 

また、関西で心理学系の課程に所属しながら、精神保健福祉士の受験資格を取得できる大学は大変少なく、5校しかありません。

そんな中で臨床心理士養成施設である大学院を併設している本学では、心理学を専門的に学んで精神保健福祉士を取得し、さらに臨床心理士を取得して心理のプロフェッショナルを目指す場合、国内最短の期間で夢を叶えることが可能な大学です。

これからも夢に向かって進む学生たちをしっかりサポートし、さらなる充実をはかっていきたいと考えております。

大阪樟蔭女子大学 広報ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ