SAC11月国際交流イベント

2012.11.12 国際英語学科

SAC(セルフアクセス・センター)は「英語のカウンセリングルーム」です。
月に一度、楽しいSACイベントも行っています。

10月には恒例のHalloween Pumpkin Carving、
11月7日(水)のlunchtimeには、国際交流イベントを行いました。

11月の交流会では、秋期から樟蔭に留学している、
カザフスタン出身のサニヤさんと、スロベニア出身のポロナさんに、
母国について、パワーポイントで紹介していただきました。 

カザフスタンのアルマティ出身のサニヤさんは、
アルマティがりんごの産地として有名だそうで、
大きなリンゴの写真やたくさんの写真で紹介して下さいました。

ポロナさんは、言語、文字について説明されました。
スロベニアの発音、文法はとても複雑だそうです。
スロベニア人でも、発音が難易な子音だけの言葉もあるそうで、
それに比べ、日本語の発音は易しいとのことでした。

お二人とも、とても流暢に日本語を話されますが、
日本語を学ぼうと思ったきっかけは「美少女戦士セーラームーン」で、
日本語でアニメを見たり、マンガが読めるようになりたい、
と思ったそうです。

日本に来て1ヶ月が経過し「慣れましたか?」とお伺いすると、
サニヤさんは、母国で日本について色々勉強してこられたので、
すぐに馴染めたようです。
ポロナさんは、来日5日目ですっかり慣れている様子でした。

しっかりと日本語を勉強され、流暢に日本語を話せる留学生に、
樟蔭の学生達はとても刺激を受けていました。

20121112 2.jpg
 

 

大阪樟蔭女子大学 広報ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ