「街に菜の花を咲かせよう2.12」活動報告その1

2012.10.22 ニュース

菜の花の種まきをしました! 

毎年2月頃から3月にかけて、八戸ノ里から小阪の街角、通りが菜の花で彩られます。

司馬遼太郎記念館が中心となって地域の方々と2004年から行っている活動、「街に菜の花を咲かせよう2.12菜の花忌」です。
 

本学園では数年前に幼稚園が参加したことがありましたが、学園全体で参加するのは今年が初めてです。菜の花の種をいただき、プランター200個分、大学生、高校生、中学生、幼稚園児の有志が参加して春まで育てることになりました。

 

まず、10月10日の放課後、大学生と高校生が集まり、最初の種まきをしました。高校の理科教員・大久保先生にご指導を受け、小さな種を蒔いていきます。大学生たちは吐息で吹き飛ぶくらい小さな種に驚きながら、笑顔で蒔いていました。


daigaku.jpg 
授業終わりに駆けつけた高校生たちは真剣な表情で種を蒔き、その上から丁寧に肥料をかぶせて完了。


koukou1.jpgkoukou2.jpg 
「いつ芽が出るの?」と、今から楽しみな様子でした。
 

kongou.jpg

10月22日には幼稚園児が種まきをしました。
 先生から説明を受けたあと、紙筒で指定した場所に種を蒔きます。


youchien1.jpg 
ひとり3粒ずつですが、上手に蒔く園児もいれば、プランターにたどりつく前に地面に蒔いてします園児もいました。種が小さいから難しいですよね。


youchien2.jpg 
 種を蒔いて土をかぶせた後は水やりです。一足早く芽がでた大学生や高校生のお姉さんたちのプランターにも水を一所懸命あげている様子が印象的でした。


youchien3.jpg 
11月に3回目の種まきをする予定です。まだまだ参加者を募っていますので、興味のある方はぜひ見に来てください!

 

 

大阪樟蔭女子大学 広報ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ