「大学生活を充実させるための研究」について学会発表してきました!

 9月中旬に川崎市で日本心理学会があり、心理学部教員の研究グループで、大学生活がどうすれば充実したものになるのか、というテーマについて発表してきました。

 

 「樟蔭の在学生の皆さんが、大学で学ぶことに満足し、交友関係にも満足して、大学で様々な活動に取り組み、不安なく過ごすための鍵は何だろう。」

 このテーマについて、わたしたち研究グループは約10年間、心理学の観点から調査を重ね、そのヒントらしきものを掴みました。そして実際に、大学生活の充実度をUPさせるための企画を考えて、実施してきました。今回は、その研究成果を学会で発表してきたのです。

blog_2012.9.28.jpg

 

 発表はポスター形式で、研究に関心を持った人たちが寄せる質問に、丁寧に答えていきます。特に、どういう企画をしたのかについては、他大学の先生たちも興味津々といった様子でした。

 

 どういう企画なのか…は、内緒です。(本学に入学する人たちが、事前に企画の内容を知ってしまったら、効果がなくなってしまうかもしれませんから!)

わたしたちとしては、この研究成果で樟蔭生のみなさんの大学生活がもっともっと素敵になることを、強く願っています!

 

                                    奥田 亮(心理学部)

大阪樟蔭女子大学 広報ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ