学外授業実施(株式会社パソナ)

 心理学部では学生が社会にじかに接することで体験的理解をすすめるという目的で数多くの学外授業を実施しています。今回はビジネス系科目の学外授業を8月9日に実施しました。

 株式会社パソナは総合人材サービスの大手として著名な企業ですが、大阪市本町に移転したばかりのオフィスに受講生7名が参加し、社員の方々による講演および社屋の見学を実施しました。

 まず昨今の厳しい就職環境の中、大学新卒者の就職支援を行う取り組みである「フレッシュキャリア社員制度」の説明がありました。

 つぎにこの制度を利用してパソナに就職したばかりの新人社員の方のお話を伺いました。就職に向けてのさまざまな努力のなかでは「何事も前向きに考える」という意識改革の重要性を強調されました。

blog_2012.8.27_1.jpg

 

 さらに音楽大学を卒業した社員の方から「W(ダブル)キャリアのすすめ」というテーマでお話を伺いました。自分の専門分野を生かしながら仕事に取り組む「パソナミュージックメイト」という取り組みは学生たちにとって新鮮で驚きであったと思います。そして自己の夢を実現するためには「積極性,客観性,自己投資,情熱・忍耐,サービス精神,ベンチャー精神」が必要であると述べられました。3名の女性社員の方々によるピアノ演奏でひとときのくつろいだ時間を過ごさせていただきました。

 

 最後にパソナハートフルの社員の方々による講演を頂戴しました。パソナハートフルはパソナグループの特例子会社として障害がある方々を雇用している会社で、働く意欲があっても就労が困難な障害者が生き生きと働く環境づくりと、障害者が健常者とともに社会参加できる「共生」の場をつくりだすことで「社会の問題を解決する」というパソナグループの企業理念を、手話講座なども交えながらご説明いただきました。また障害者支援のためにこの会社が運営するアート村工房で皆さんが作られた商品を紹介していただきました。「才能に障害はない」という言葉が強く心に残りました。

blog_2012.8.27_2.jpg

 以上のように盛りだくさんの内容で、学生たちにとっては自分自身の進路を見つめ、また社会全体の雇用のあり方について考えるとても良い機会になったと思います。

 この場を借りましてご協力いただきましたパソナおよびパソナハートフルの社員の方々に深くお礼を申し上げます。

 

                              永野光朗(心理学部)

 

 

 

大阪樟蔭女子大学 広報ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ