とうもろこしの収穫を行いました☆

2012.07.11 ニュース

児童学科では学びの一環として、キャンパスの近くで農家の方に農園をお借りして作物を育てています。

5月中旬に、農家の方の指導を受けながら苗を植え、とうもろこしについてのお勉強もしました。

・とうもろこしは、1株に1本実る。

・収穫を妨げる動物たちもいる。鳥はもちろん、アライグマやイタチ、モグラたちは甘いとうもろこしがどれかを知っている。

・房、毛が茶色くなったら収穫時期☆

 

そしていよいよ7月10日に、学生たちが丹精込めて作ったとうもろこしの収穫を行いました☆

当日は、今年一番の暑い日でしたが、たくさん収穫できてみんな大喜び♪

「スーパーで売っているとうもろこしは毛がないから、こんなにひげが生えているとは思わなかった!」

「作物を実際に育てる」そんな体験をしたからこそ、気がついたこともたくさんありました。

IMGP3614_2.JPG

とれたての生のとうもろこしをそのままかじってみると・・・
「とっても甘くておいしい☆こんなにおいしいとうもろこしは初めて!」そんな声が上がっていました。
とれたては生でも食べられるんですね!トトロを思い出します。

  IMGP3615_2.JPG

↑ 先生:「持って帰って、お家の方と感謝しながらいただきましょう」学生:「はーい♪」

お中元として、とうもろこしのおすそわけをいただきました♪

おいしくいただきます。

 2012-07-11 15.12.49_2.jpg

次は10月、さつまいもの収穫です♪
たくさんのさつまいもは今、夏の太陽をたくさん浴びて、すくすく育っています☆

大阪樟蔭女子大学 広報ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ