ゼミでまち歩きをしました!

2012.06.18 国際英語学科

今週のブログ担当のK.Kです。

今回は、小森先生のゼミのまち歩きで行った、
司馬遼太郎記念館と樟徳館について
紹介したいと思います。

司馬遼太郎記念館は、大学から徒歩15~20分くらいの
ところに位置してます。

安藤忠雄さんの建築で、コンクリート造りの建物で
外から司馬さんの書斎を見学出来ました。
自宅があるところに記念館が建てられていたことに驚きでした!

記念館の中は、壁一面に2万冊を超える展示がされていました。
ビデオシアターもあり、司馬さんのビデオを10分くらい見ることが出来ました。
また、カフェがあり司馬さんの書籍やグッズが販売されていました。

普段あまり行かないところに行くことが出来て面白かったです(*^-')b

次に、「樟徳館」(写真)は樟蔭学園が所有している
登録有形文化財のひとつです( ´∀`)/~~
説明してくださった藤原監事のお話しによると、
樟蔭学園の設立者である森平蔵氏が晩年を過ごすために建てたそうです。!

外装は純和風な造りですが、内装はモダンな感じになっています(^-^)/
今では得がたい木材を使っているため、現在では同様の建築物は
建てることが出来ないそうです。
応接室の天井にはクスノキの一枚板が使われていたり、
床の間にはトチノキが使われてるそうです。

至るところに木が多く使ってあって、自然に囲まれている感じがしました!

20120618 2.jpg

===========

■先生のひとこと

二つの施設、楽しかったですね! 東大阪に住んでいる人で、司馬遼太郎記念館の案内板を見て、「いつでも行けるから、そのうちに・・・」と思っている方が多いと思います。K.Kさんも書いているように、2万冊を超える大書架はすごいですよ。一見の価値はあります。一方、樟徳館は長瀬川を南下して20分ぐらいの所にあります。とにかく貴重な木材が、見えるところにも見えないところにもふんだんに使われています。樟徳館は4年に一度一般公開されますが、今年がその年に当たるそうです。高校生の人も、一般の方も、是非樟蔭の伝統を感じて下さい!
 

大阪樟蔭女子大学 広報ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ