国文学科

みなさん、こんにちは。

近代文学ゼミ担当の檀原みすずです。

 

6月25日(土)に国文学科公開講座「読み解き日本文学」を行いました。

第4回目のテーマはこちら!

 

樋口一葉『たけくらべ』

~「水仙の作り花」に秘められた宿命~

CIMG0025.JPG

 

五千円札でおなじみの一葉さんの肖像ですが、意外と彼女の文学を読んでいる人は少ないのではないでしょうか?

そこで今回は、代表作『たけくらべ』を取り上げました。

 

一葉が住んでいた大音寺前(吉原遊郭付近)の情況や、貧困生活、明治時代の制度など、作品背景をふまえながら読み解きました。

題名からイメージするような、単なる子供から大人への成長期に経験する淡い初恋を描いた作品ではありません。

吉原遊郭周辺の特殊な場所で生活する子供たちの群像を厳しい社会認識をもって描かれているのです。

 

その中で、遊女になる宿命を負った主人公美登利が変貌する理由とは?

終末で美登利の家の格子門にさし入れられた「水仙の作り花」は何を象徴しているのか?

など、様々な問題を考えながら解読しました。

『たけくらべ』関連のスライドショウや、美空ひばり主演の映画『たけくらべ』の一コマも楽しんでいただけたと思います。

 

受講生の皆さんは最後まで熱心にメモを取りながら聴いてくださいました。

樟蔭の卒業生も母娘で来てくださり、嬉しい限りです。

貴重なご意見も窺えて、お年を召してもなお文学を愛好する姿に感銘を受けました。

ありがとうございました。

 

これで春期の「読み解き日本文学」は無事に終了しました。

秋期の公開講座は「田辺聖子の文学」を予定しています。是非ご参加ください。

こんにちは。国文学科の嶋崎さや香です。

6月11日(土)に第2回「読み解き日本文学」を行いました。

タイトルは「文学に描かれた図書館」です。

 

誰でも利用できる図書館はいつからあったのでしょうか。

平安時代?江戸時代?あるいはもっと後なのでしょうか。

こうした疑問を手掛かりに、福沢諭吉のお札まで登場してもらいながら講義は進みました。

 

3333.jpg

 

講義の中で紹介したのは夏目漱石や樋口一葉、田山花袋や菊池寛など文豪たちの図書館体験です。

また文学作品では、菊池寛の『出世』を取り上げました。

途中、参加者の皆さんの図書館体験などもお聞きすることもできました。

文学がお好きだという方ばかりなので、図書館もよく利用されるという方が多かったようです。

皆さんが語る図書館体験も大変興味深く、

参加者の皆さんと共に貴重な知識を共有させていただくことができました。

図書館の歴史に興味をもった方は、ぜひ「図書・図書館史」の講義を聞きに来てください。

みなさん、こんにちは!
 
6月18日(土)の「読み解き日本文学」は奈良崎の担当で、
現代日本における『旅の文学』」というタイトルでお話ししました。
 
H28.6.18_公開講座①.jpg
 
旅の文学というと、やはり松尾芭蕉『奥の細道』
 
みなさんも覚えさせられましたよね、「月日は百代の過客にして・・・」って冒頭文。
 
古典だと他にも紀貫之『土佐日記』など有名な紀行文があるのに、
近代になると……?
 
 
どうです? 思い浮かびますか、有名な紀行文が?
 
まさか、志賀重昴『日本風景論』なんて思い浮かべた人がいたら、
渋すぎて笑っちゃいます。
 
そもそも読めますか、作者の名前?
 
「しがしげたか」っていう、国会議員にもなった評論家なんですけどね。
 
 
まあ、司馬遼太郎『街道を行く』シリーズくらいは想起しても
バチは当たらないでしょう。
 
だけど、文庫本で40冊を超える分量は、ちょっと手軽に読むには重すぎます。
 
 
やっぱり読んだら行ってみたくなる
しかも、その本をカバンに詰め込んで
と気軽に旅のお供にできる作品が望ましい。
 
 
そこで、これ!
 
深夜特急.jpg
 
沢木耕太郎『深夜特急』(新潮文庫)シリーズ。
 
わりと文章はギュッと詰まってるんですけど、
200ページ強の本文は、一日で一気読みできます。
 
6冊あるから、一週間で読み終われて、
余った一日を日帰りの旅に費やせる、という計算ですね。
 
80年代以降バックパッカーのバイブルとなったこの作品、
近現代を代表する紀行文の王様です。
 
 
他には……椎名誠の『あやしい探検隊』シリーズその他
 
椎名誠.jpg
 
 
 
テレビでも時折見かける小泉武夫の食紀行
(犬だの、昆虫だの、世界一臭い食べ物だのを食いまくるんです!)
 
koizumi.jpg
 
 
 
原初の日本が息づく沖縄を扱った旅の本
 
okinawa.jpg
 
などを紹介しました。
 
 
皆さん、熱心にメモを取りながら聞いてくれました。
 
H28.6.18_公開講座④.jpg
 
あまりにたくさん紹介しすぎたため、消化不良になりそうです、
とおっしゃる受講者の方もいらっしゃいましたけど、
楽しんでいただけたようでした。
 
H28.6.18_公開講座③.jpg
 
 
 
 
この分野での異色は、
ロンゲのタレント兼作家兼マンガ家
みうらじゅん!
 
 
知ってますか? ゆるキャラとかマイブームとか、
みうらじゅんが発明した言葉なんですよ!
 
いつ見ても変なオッサンやなあ、と思うんですが、
この人の書く旅にまつわる著作が、やたら面白い!
 
『深夜特急』と並ぶ、私のイチオシ旅の文学!
(ってか、文学じゃない???)
 
 
miura.jpg
 
もらったらイヤだな~と思う土産を紹介する『いやげ物』
 
日本じゅうのとんまな祭りへ出向いて笑い飛ばす『とんまつりJAPAN』
 
各地の神社に飾られた、身勝手な絵馬を盗撮し、叱り飛ばす『ムカエマの世界』
 
極めつけは、カスみたいな絵はがきを集めた『カスハガの世界』
 
これを絵はがきにする!!!
 と、驚くわ、笑えるわ、という絵はがきの数々に、
みうらじゅんが得意のマンガ解説をつけています。
 
そのむかし、暇つぶしに電車の中で読みはじめたのですが、
こらえようとしても笑いがこみ上げてしまうため、
恥ずかしくて読むのを途中で断念したという、マイいわくつきの名著です!
 
 
「読み解き日本文学」を受講して下さった皆さん、
文学ってあらためて面白いものだと認識していただければ幸いです。
 
高校生や社会人の人も、ぜひまた聞きに来て下さいね!
 

こんにちは。国文学科の嶋崎です。

6月8日に樟蔭高等学校2年生を対象に出張講座を行いました。

 

今回は4名と少人数だったので、

意見を交わしながら授業を進めることができました。

 

 

講義では、変わりしつつある図書館サービスを紹介するとともに、

なぜこうしたサービスが無料なのか、その理由も一緒に考えました。

 

1.PNG

 

またほんの少しですが、大学図書館にもご案内。

皆さん、興味津々に図書館の中を探検していました。

 

好奇心に溢れた学生さんと過ごすことができてとても楽しかったです。

以上、出張講座のご報告でした。

6月12日(日曜)、今年度最初の夏のオープンキャンパスが開催されました。

ご来場いただきましたみなさま、ありがとうございました。

 

今日は、そのごくごく一部を紹介させていただきます。

 

当日は、ちょっと空模様が心配な中、オープンキャンパスがスタートしました。

OC看板.jpg

 

最初は、学芸学部ガイダンス、そして国文学科のガイダンスと続きます。

学部ガイダンス.jpg学科ガイダンス.jpg

 

ガイダンスが終わると、学科企画をいろいろと見学していただくことになりますが、

国文学科の目玉は、学生スタッフ渾身の “ 参加型すごろくゲーム ”

6月は、「文豪ストーリーミックス」 でした。

文豪1.jpg文豪2.jpg

内輪から見ても、これがなかなか、凄い!

何が “ 凄い!! ” かって、それはぜひ現場、現場で、参加して確かめていただきたい!!!

 

他にも、江戸時代のゲーム「投扇競」や平安装束「十二単」や卒業論文・卒業制作の展示、加えて、学科に関わる体験コーナーもいろいろと設けています。

展示1.jpg展示7.jpg

展示3.jpg展示6.jpg

 

2年生による「私はこうして樟蔭にやってきた!!」 と題する体験談も大公開。

もちろん、在学生や私たち教員とも、じっくりと話をしていただくこともできます。

学生8.jpg展示2.jpg

 

いかがでしたか?

国文学科のオープンキャンパスは、こんな感じで行われています。

 

次回のオープンキャンパスは、7月17日(日曜)10:00~14:30です。

みなさんのお越しを、スタッフ一同、心からお待ちしております。

 

 

6月12日に開催された、樟蔭・夏のオープンキャンパス。
ご来場いただいた方々、ありがとうございました。
 
さて、そこで、新たに登場した学科企画が、国語国文コース古典ゼミのWさん考案「文豪ストーリーミックス」。
このゲームがすごいんです!!!
 
荘厳な音楽とともに配給会社風のパロディ画面がドーーーン、と!
 
             IMG_20160617_0001_NEW.jpg
 
 
映画「ブレードランナー」を思わせる、SFチックな疾走感あふれるシーンに続いて、いよいよ純文学系参加型すごろくゲーム「文豪ストーリーミックス」が始まります!
 
ここまでで、もうわくわくしてしまいました! (ギャップありすぎ感がすごくって、笑わせてくれます)
 
             IMG_20160617_0002_NEW.jpg               
 
内容は樟蔭の図書館からある本が盗まれてしまったため、文豪たちのアドバイスに従って、クイズ形式でその本を復元する、というもの。
 
             IMG_20160617_0003_NEW.jpg
 
 
樟蔭大学内の建物を紹介したり、サイコロ振ったり、クイズに答えたり……。今日始めて会った参加者同士、頭を寄せ合って、答えを考えます。
 
 
                                                        CIMG0011.jpg
 
 
そうして、ようやく盗まれた本を復元!
 
             IMG_20160617_0004_NEW.jpg
 
優勝チームには、豪華(とは口が裂けても言えない)景品も出ます!
大型のラムネを思わせる、おいしそうな固形入浴剤の詰め合わせ。
 
これを入れてお風呂に入った人、どうでしたか?
体べたべたしませんでしたか?
 
 
これまでにも、国文学科では様々な企画・ゲームを開催してきましたが、次回オープンキャンパスでも、また別のゲームを企画中です!
 
今度はあなたも一緒にゲームに参加しませんか!


みなさん、こんにちは。

古典文学ゼミ担当の長谷あゆすです。

 

6/4(土)、2016年度公開講座「読み解き日本文学」がスタートしました。

第1回目のテーマはこちら!

 

『西鶴名残の友』の魅力

~「幽霊の足弱車」に隠されたミステリー~

 

『西鶴名残の友』は、江戸時代に活躍した井原西鶴という俳諧師が書いた短編笑話集です。西鶴本人や俳諧仲間が沢山登場してくるので、日記風なところもあります。

 

この作品、世間での知名度は相当低いと思うのですが、

実は、すごく面白いです。

 

一見単純そうに見える話でも、登場する俳人たちのことを調べ、俳諧の発想パターンをふまえて読み込んでいくと、意外なところに「あっ」と驚く趣向があったことが見えてきます。

今回は、そうした「読み解き」の醍醐味が味わえる例として、「幽霊の足弱車」という話を取り上げました。

この章は、西鶴が自分のエッセイに「おっちょこちょいな幽霊の失敗談」を付け足したかのような内容で、すぐにサクっと読めてしまいます。

ところが、一話のオチに配された〈俳諧的暗号〉を解いていくと、ある大名家のお家騒動をあてこんだ壮大なミステリーが隠れていたことが明らかになってくるんです。

 

公開講座「読み解き日本文学」①.jpg

 

西鶴ミステリーは面白い!

ということを、松岡修造さんみたいに熱くお話ししました。

 

「読み解き日本文学」では、今後も以下の講座を予定しています。

 

6╱11(土)文学作品に描かれた図書館(嶋崎さや香)

6╱18(土)現代日本における「旅の文学」(奈良﨑英穂)

6╱25(土)樋口一葉『たけくらべ』~「水仙の造り花」に秘められた宿命~(檀原みすず)

 

既に申し込みをしてくださっている皆さん、ありがとうございます。

当日のお越しをお待ちしております!

(長谷あゆす)

5月21日土曜日、夏を思わせるような暑さの中、樟徳館の見学に行ってきました。

「樟蔭の窓」という、樟蔭の歴史や特徴について学ぶ、自校教育科目(学士課程基幹教育科目)の授業の一環です。

この科目の中では、国文学科の大先輩田辺聖子さんについても学びます。

国文学科の学生も1年生を中心に履修しています。

 

樟蔭の窓 教科書 表紙.jpg

 

樟徳館は、もともと、1939(昭和14)年に完成した、樟蔭の創立者森平蔵氏の私邸でしたが、森氏の死後、学園に寄贈されました。

2000(平成12)年には、国の登録有形文化財となっています。

syoutokukann_gennkann.jpgsyoutokukann_teienn.jpg

 

樟徳館は、外から見ると大きな和風住宅にしか見えませんが、内部は洋風の意匠もこらされ、和洋折衷の近代住宅建築、“昭和の名建築”として知られています。

syuoutokukanng_ousetusitu.jpgsyoutokukann_ousetusitu_sutenndogurasu.jpg

syoutokukann_syokudou_syoumei&surigarasu.jpgsyoutokukann_youhuuzasiki.jpg

 

最近では、NHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」の中でも、主人公あさが大隈重信の屋敷を訪問する場面のロケで使用されましたから、それとは知らず、樟徳館をご覧になったみなさんもいらっしゃるのではないでしょうか。

樟徳館の中に入る前には暑さでぐったりしていた参加者も、見学を終えて玄関から出てきた時には、「こんな家に住んでみたい」と口にする人もチラホラ。その見事さに圧倒されたようでした。                            (白川哲郎)

 

みなさん、こんにちは。

国文学科の授業を紹介します。

今回は、2回生の授業、『百人一首』ゼミです。

DSC_0004.jpg           DSC_0006.jpg

これは、ふつう皆さんが知っているカルタとは違いますね。

どこが違うかわかりますか?

まず、文字が読みにくいですね。

これは「変体仮名」とよばれる字です。

平安時代から江戸時代にかけて書かれていた文字です。

次に、どの札にも絵が描かれているのが珍しいですね。

このかるたは豪華美術品として作られたので、じっさいには使われなかったようです。

最後に、読み札には、上句しか書かれていません。

ゼミで学んだあかつきには、こんなかるたで遊べるようになります。

もちろん、作者の知られざる挿話や、歌の奥深い意味もまなびます。

こんな、解説書を作成中です。

DSC_0008.jpg

来年のお正月には、ゼミの皆でかるた大会をするのを目標に楽しく学んでいます。

DSC_0010.jpg            DSC_0012.jpg

 

(中周子)

                                  こんにちは。
                                        
                        創作表現コース担当の奈良崎です。
          今回も国文学科の授業(主に創作に関わるもの)をご紹介します。
                                        
  今年度の「創作理論と実践A」(固苦しいんですよね、この科目名・・・・・・)では、
          これまでにないやり方で、創作にチャレンジしてもらっています。
                                        
                              そのやり方とは……
                                        
    受講生全員が乗り合わせた豪華客船が遭難し、無人島に流れ着く
   という設定で、どうサバイバルし、どうやって助かるか、
   ということを考えながら 作品を創ってみよう、という試みです。
 
 
                            CIMG0004.JPG
 
 
                                        
                まずは作品に登場させるキャラクターを考えます。
              男性になったり、子供になったり、外国人になったり、と
                          好きなようにキャラを造形し、
                      さて、そのキャラは船が沈む15分前に
                  何を持って逃げるのかを考えてもらいました。
                          ここで持って逃げたものには、
                    もう後から付け加えることはできません!
                                        
                            いよいよ船が沈んで脱出!
                                時間は夜の九時。
            食事したり、ダンスに興じたり、読書にふけっていたり・・・・・・
                                過ごし方は様々。
                        でも、遠慮なく船は沈みますから!
                                        
    何とか島にたどり着いたものの、周りの様子は分からず、
      不安な一夜を過ごします。
                                        
                      島のモデルは廃墟になった某無人島。
 
 
                                       
        image001.jpg  image011.jpg        
 
 
                                      
                      さて、ようやく朝日が顔を見せました。
                          まずあなたが最初にすることは?
 
                                    トイレ?
                                    朝食?
                                    洗顔?
                                    お化粧?
                            あるいは、持ち物の確認?
                                        
                  他人に見せたくないもの、貸したくないものは
                          こっそりどこかへ隠して・・・・・・。
                                        
        一人じゃ不安だし、一緒に生き延びた人たちのことも気になるよね。
              ここで既に作成してあったキャラクター表の確認です。
        全員が自分のキャラを公開し、質問や要求を受け付けることにします。
 
 
                            CIMG0006.JPG                                        
                                        
                                        
            こういう感じで、スクリーンに映して、質問を公開します。
                                        
                        もちろん、要求や質問を拒否することも可能。
 
        でも、拒否ばかりしまくってると、人間関係がうまくいかなくなるし、
                      他人の意見を全部聞き入れていると、
          自分が大切にしてるものを取り上げられるかもしれないし……。
                生き延びるためのバランス感覚が問われる部分です!                                                 
 
                で、さっそく友達になりたいという要求がありました                                      
                                        
                   このへん、魅力的なキャラ設定がものを言うかも。
 
 
       CIMG0010.JPG                                      
                                        
                                        
            こんな感じで、みんな真剣にパソコンに向き合っています。
                    ちょっとしたゲーム感覚かもしれませんね。
                                        
                                        
                  果たして、この先どうなっていくんでしょう?
                          担当者自身にもわかりません!
                            (って無責任だけど・・・・・・)
                                        
                  でもまあ、この授業、今年一番の楽しみです。
               どんなものが出来上がるのか、
       不安と期待で夜も眠れません!
                                        
                      みんな、面白い展開を考えて下さいね!
              もしかしたら、
これを小説にして新人賞に応募、そのまま作家デビュー!!!
                        という道だってあるかもしれません。
         (理想的な人生だな・・・・・・)
                                        
                    ともかく、楽しんで物語を創って下さい!

Loading Calendar...

RSS 1.0 2.0 読者登録


 学科ニュース

各学科に関する最新ニュースやお知らせなどを配信していきます。