本日お昼休みに、「川上先生の数学塾」が開催されました。

 心理学部はいわゆる「文系」なので、数学があまり得意でない学生さんも見かけます。
 でもそれは、「やってないからわからない」あるいは「わからないまま通り過ぎてきたのでわからない」というのが大半です。あらためて、丁寧に考えていけば大丈夫。
 正規の授業の中ではなかなか十分に時間はとれませんが、個別でゆっくり解説する時間さえあれば、というところです。
 

 そこで、みんなで問題を解きながら、「心理統計法A」担当の川上が解説する、という有志企画を実施しました。
 お昼休みなので、お弁当やパンを食べながら、というフランクなスタイルです。


 自由参加でしたが、「数学苦手な人!」との呼びかけに応えて、14名の1回生さんが参加してくれました。お昼休みという短い時間の中、みんなで一生懸命苦手な数学の問題に取り組みました。自分の弱いところも、こうして個別に取り組んでいけば、克服することができるのです。
 結構ハードなランチタイムでしたが、参加してくれたみんなの数学能力は1ランクアップしたはず。こうして一歩一歩前に進むことを実感してもらえたらと思っています。

 皆さん、お疲れ様でした。

                                 川上 正浩(心理学部)
 

続きを読む: 「SHOIN 子育てカレッジ」が7/28(土)・29(日)に開催されます!

ライフプランニング学科では、ファイナンシャル・プランニング(FP)技能検定の取得を推奨しており、授業や演習、直前対策講座で全面的にバックアップしています。

FP技能検定は、大学生は3級からチャレンジすることができ、3級を取得すると自分の生活に密着した知識・技能を身につけることができる上に、金融機関(銀行や保険会社など)・一般企業への就職に役立ちます

FP3級のさらに上位、FP2級は、おもに金融機関に勤務する人が目指す学科試験合格率約20%という難関資格です。その難関資格を、ライフプランニング学科の学生がみごと取得しました!

FP2級を取得することで、就職にとどまらず、独立・開業する人も多く、より活躍のフィールドが広がっていきます。

LPblog_fpkyouzai201207.jpg

☆7月オープンキャンパスにFP2級合格者がスタッフとして参加予定!

合格体験談や勉強法など、ブログなどでは紹介していない情報もたくさんお教えします。

7月29日、小阪キャンパス・ライフプランニング学科でお会いしましょう!

 

☆7月オープンキャンパス:7月29日(日)午前10時〜午後3時

7/7は七夕ですね☆

小阪キャンパス、関屋キャンパスでは、7月に入ってから 笹、そして願い事を書くための短冊が登場しました!

「何?何?」「七夕?」など学生は驚きつつも、しっかり置いてある短冊に願い事を書いてつるしていました♪

そしてあっというまに笹は短冊だらけに!

DSC08527kosaka1.JPG  DSC08524kosaka2.JPG

小阪キャンパスの様子

P7043503sekiya2.JPG  P7043495sekiya1.JPG

関屋キャンパスの様子

みんな想い想いの願い事を書いていました☆

 

そして、キャンパスだけではなく、ライフプランニング学科の学生と小阪商店街の方々が協力して、小阪キャンパス最寄駅の河内小阪駅にも笹が飾られました。

P7053023eki1.JPG  P7053025eki2.JPG

こちらも「期末試験でいい点がとれますように」など、さまざまな願い事が書かれていました。

季節のイベントを楽しむ。女の子ならではの楽しみ方ができるのもいいですね☆

みんなの願い事が叶いますように・・・

ライフプランニング学科卒業生 藤井さん(第1期生)

LPblog_sotugyousei201207.jpg

今回は卒業生としてでなく、会社の営業としての来訪でした。

IT関連会社に就職して2年目の藤井さん。大学卒業までを関西で過ごし、就職で東京へ。東京での生活にも慣れ、仕事も遊びも思いっきり楽しんでいるそうです。

学生時代からしっかりしていた彼女が、社会人としてさらに成長し、いきいきと仕事に励んでいる姿が見られて嬉しい限りです。

そんな藤井さんからライフプランニング学科の受験を考えているみなさん向けに、現在作成中のリーフレットへ心強いメッセージを寄せてくれました。(メッセージはリーフレットでご確認ください。)

藤井さん、また遊びにきてくださいね!

 

☆ライフプランニング学科 Newリーフレット

ライフプランニング学科の学びや目指せる資格、講義のようす、卒業後の進路についてなどをまとめたリーフレットを7月下旬頃リリース予定です。

ライフプランニング学科に資料請求してくださった方に配布予定です。オープンキャンパスでの配布も検討中です!(決まったらブログ上でお知らせします。)

楽しみに待っていてくださいね!

国家試験対策講座(管理栄養士専攻・4回生)で、合格者の体験談を聞きました。

晴れて国家試験に合格された先輩から、4回生へたくさんアドバイスをいただきました。

国試までの道のり、勉強方法、国試当日のエピソード などなど体験者ならではのお話が聞けました。

kokushitaisaku vol3-photo1.jpg

また、就活の進め方や現在のお仕事の話もしていただきました。

『仕事は、大変なこともありますが、
大学で学んだことを生かし、頑張っています!』 とのこと。 

質問タイムでは先輩にノートを見せてもらい、勉強の方法について細かいことまで答えていただきました。

kokushitaisaku vol3-photo2.jpg

kokushitaisaku vol3-photo3.jpg

「みなさんの合格を心より願っています(^^)★」

from 平成23年度卒業生

本学 学生広報チーム「ステラプロジェクト」のメンバーが作成した「Chocolat(ショコラ)」の夏秋号が完成しました!

今回の特集は「この夏ぜったい食べたい!ミナミスイーツコレクション20」

見てたら「食べてみたくなること間違いなし!」な夏スイーツを学生たちがご紹介☆

ショコラ6月表紙.jpg

その他、「女子力アップ講座」など女子高校生が知りたい情報が満載な「Chocolat」をぜひご覧ください。

このフリーペーパーは女子高校生限定でお配りしています。

資料請求された方にお送りいたしますので、こちらから資料請求してください。

※資料請求フォームのご質問欄に「フリーペーパー送付希望」を必ず明記してください。

 山崎研究室の研究テーマの一つは音楽です。

 人間は音をどのように音楽として聴いているのか、また音楽は人間にどのような影響を与えるのかといったことを研究していますが、そのためにはいろいろな音楽について知る必要があるということで、国立民族学博物館で開催された「音楽の祭日」というイベントに3回生ゼミとして学外授業に行きました。

 このイベントでは、世界の様々な音楽を演奏している人がプロアマ関係なく集まって、聴衆の皆さんとともに音楽を楽しんだのですが、実は私自身、ガムラン音楽というインドネシアの民族音楽の演奏家で、このイベントにも自分が代表を務めるグループとともに出演しました。

 blog_2012.7.4①.jpg

   ルバブという弦楽器を演奏しています

 

 ゼミの皆も、世界にはいろいろな魅力的な音楽があること、そしてそのどれもが人を楽しませる力を持っていることを、身をもって感じてくれたことと思います。

 blog_2012.7.4②.jpg

   ゼミの皆で記念撮影

 

 これからも私の研究室では、音楽を楽しみつつ、研究していきたいと思っています。

                                    山崎 晃男(心理学部)

 

「着地型観光について考えよう!〜地域活性化における観光の重要性を学ぶ」
KBS創研 西日本営業部長 谷口純平氏


LP学科では、観光を中心とした経営コンサルティング会社「KBS創研」から講師をお招きし、観光業の変化やその課題について講義を受けました。



観光業ではとくに、災害、景気などの外部環境が消費意欲を大きく左右します。日本の観光政策、観光業がもたらす経済波及効果などについてお話を聞いた後、「着地型観光」について考える機会を持ちました。
「着地型観光」とは、地元を知らない人が作るツアーとは違って、地元の人が作るものです。
そこで授業では、「大阪の観光資源ってなんだろう??」というテーマでディスカッション。
最後には就職活動に向けてのアドバイスももらうことができました。

↓谷口純平先生
LPblog_KBS201207.jpg
どうもありがとうございました!
 
☆ライフプランニング学科の学び
ライフプランニング学科では、社会で活躍するゲストをお招きして、現場のプロから直接学ぶ機会を設けています。プロの貴重な意見や情報は、これからの人生や就職活動などにきっと役立つでしょう!

心理学部第一期生が教育実習を終了しました。

第1期生が3週間の実習を終えましたので、早速感想をインタビューしました。

 

blog_2012.7.2.JPG

 

ゼミ教員 : 教育実習お疲れ様でした。いろいろな意味で大変な3週間だったと思いますが、大変だった以外で教育実習についての感想を教えて下さい。

 

学生(T.A) : 中学3年生の社会科で実習をしてきました。おとなしい生徒さんが多く、また3年生ということで、なかなか打ち解けてくれませんでした。思春期の子の心をつかむことの難しさを感じました。

 

学生(T.M) : 授業が始まって、実際に生徒の反応がいろいろあって、模擬授業とちがうことを実感しました。授業だけでなく、クラブの見学に行かせてもらったりし、多くの場面で生徒さんと関われたこともよかったです。なんといっても、「先生」ってよばれたこともあり、授業をすることがとても楽しかった実習でした。

 

学生(U.M) : 大勢の前で授業をやってみて、どんな感じでしたか?

 

学生(T.M) : 学内での模擬授業は何回も行いましたが、実際の授業はまったく違うことを実感しました。先生にいろいろアドバイスをいただいて、自分も教える内容に興味をもって準備していくようになりました。そうすると授業で生徒の反応も全く違ってくることを体験できました。

※平成25年度入学の場合、心理学科でのみ教員免許が取得できます。

辻 弘美 (心理学部)


Loading Calendar...

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録


 学科ニュース

各学科に関する最新ニュースやお知らせなどを配信していきます。