今週は、卒業3年目のMさんが元気な姿を見せに来てくれました。Mさんは現在、社会福祉主事の資格保持者として、福祉職の公務員、具体的には生活保護担当の部署でケースワーカーとして働いています。

 blog_2012.11.17.jpg

 仕事内容は、デスクワーク以外に受給者あるいは申請者への家庭訪問も含まれます。年上の人にも言いにくいことをはっきり伝えなければならなかったり、何か問題が起きそうなケースは、それを未然に防ぐために適切な部署へ話を持っていくなどの気配りも必要で、高いコミュニケーション能力が求められます。一方、怒りの矛先を理不尽に向けられたりすることも日常的にあるようですが、感情的にならず冷静に対処しているとのことです。話を聞く限りでは相当きつい仕事のように思いましたが、Mさんは「人の生活を背負っているので、やりがいがある」ときっぱり言っていました。

 

 Mさんは樟蔭高校出身ですが、大学進学を考える際、実は他大学と随分迷ったそうです。結局そのまま大阪樟蔭女子大学へと入学したわけですが、今思えば樟蔭を選んで大正解だったと言ってくれました。大学生活はとにかく楽しくて、当時の友人たちとはいまだに深い付き合いが続いているそうです。

 

 2年半ぶりの来校でしたが、キャンパス内に足を踏み入れた瞬間、在学生に戻ったような気分になったというMさん。何の違和感もなくこの空間に溶け込めたのは、大学生活での4年間が濃かったからだろうと言っていました。

 

 学生時代から明るく元気でしたが、さらに内面的なたくましさが加わって、大変しっかりした社会人に成長していました。

 

佐久田祐子(心理学部)

 

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

 

過去の卒業生紹介の記事

その1

その2

 

 

心理学部の記事がすべてチェックできるページはこちら!

 

11/14(水)児童学部で理科の授業を選択している3、4回生と

佐藤先生が中心となって、やきいも大会を開催しました。

看板.jpg

 

集合.jpg

 

今回用意したサツマイモは、

なんと約700個!

 

全部児童学部の学生が収穫したものです。

 

前日から、サツマイモを洗うチームと、

濡れ新聞紙とアルミホイルに包むチームに分かれて

せっせと準備したやきいもたち。

植木.jpg

いも取ってきた!.jpg

 

焚き火とガスの2種類の方法で、

やきいもになっていきます。

焼き芋中.jpg

20~30分程度でアルミホイルが黒くなってきたら、

たけ串を刺して焼き上がりチェックし、

おいしいやきいもをどんどん焼き上げていきました。

焼き芋中2.jpg

 

昼休みの時間帯には、長蛇の列ができるほどの大人気。

学生のテキパキした動きと人懐っこい笑顔で繁忙期を乗り切りました。

7.jpg

8.jpg

9.jpg

10.jpg

11.jpg

 

ほかにもジャガイモやみかん、りんご、マシュマロなども焼きました。

↓焼きみかん

12.jpg

↓焼きりんご

13.jpg

↓焼きマシュマロ

14.jpg

焼きりんごはホットアップルパイの中身みたいにジューシーでほかほか。

一方、みかんは甘みが逃げてしまっていました。

また、サツマイモはガスより焚き火で焼いたほうが甘みが増すことがわかり、

加熱することで甘みが増すもの、そうでないもの、加熱方法での味の違いなど、

即席青空理科教室の場面もちらほら。

 

途中、ヒョウに降られたり、

灰だらけになったり、煙を吸い込んだり大変でしたが、

とても楽しいやきいも大会でした。

 

 

 

10月25日(木)秋晴れの朝。

附属幼稚園の子ども達が近鉄電車に乗って、関屋キャンパスに遠足に来ました。

司会進行を担当するのは児童学科の4回生。幼稚園、保育所、施設の実習を経験した4年生だからこそ、実力を発揮して、ダンスや集団ゲーム、追いかけっこなどを一緒に楽しみました。

遠足1.jpg                   

  遠足2.jpg

学生1人につき、附属幼稚園の子ども2人を担当し、一緒に遊んだりお弁当を食べたりして過ごしました。初めは恥ずかしそうにしていた子ども達もこんなに仲良くなりました。

遠足3.jpg                               

 遠足4.jpg

4月になれば学生たちも幼稚園や保育園の先生として子ども達を引率する立場になります。子どもたちが遠足を楽しめるように、子どもの心に寄り添い、優しい笑顔で接する姿は、「子どもが好きなお姉さん」から「先生」のまなざしになっていました。

 

  先週土曜日、心理学科1期生の2人が元気な姿を見せに来てくれました。製造業の企業で営業アシスタント歴7年目となるIさんと、貿易関係の企業で業務係として働きつつ、子育ても頑張っているTさんです。Tさんは8月に開催したホームカミングデーに参加してくれていましたが、Iさんは実に7年ぶりの来校でした。現在の様子や、学生時代のことなど聞いてみたので、ご紹介します。

 blog_2012.11.13.jpg

(左がTさん親子、右がIさん。右手前は乱入した筆者の娘。)

 

 まずは、メディアを賑わす数々の少年犯罪がきっかけで心理学に興味を抱くようになったというIさん。学生時代は産業心理学系のゼミにて消費者行動をテーマに研究していました。当時を振り返ってもらうと、第一声が「楽しかったですね」とのこと。入学してすぐに友達がたくさんできて、いまでもその交友関係は続いているそうです。この日一緒に来てくれたTさんも、その仲間の1人というわけですね。また学生時代の思い出として、心理学が活かされている現場への学外授業は、本当に良い経験だったと言ってくれました。

 Iさんは3年前に結婚されたそうですが、仕事も続けているキャリアウーマンです。忙しい日は帰宅後、食事などの家事を済ませた後、気づいたら寝るまで一度も座っていなかった、なんてこともあるそうです。

 

 続いて、心理学部きってのイケメン教員、坂田先生のファンとして当時有名だったTさんをご紹介します。Tさんは現在、子育てをしながら正社員として企業で働いています。筆者もそうですが、育児と仕事を両立させるのはとても大変なことです。仕事で疲れている時に、もし子どもが言うことをきかなかったら・・・つい必要以上に怒ってしまいそうな場面ですが、さすがは心理学を学んだTさん、むやみに怒らないようコントロールすることを心がけているそうです。そのためか、娘さんは穏やかで、それでいてとてもしっかりしているように感じられました。心理学を学ぶことによって得られた基本的な態度が、育児などの様々な場面で生きてくるのではないかと思いました。

 

 2人ともハードな毎日を送っているはずですが、とても良い笑顔を見せてくれて本当に嬉しく思いました。

 

 心理学部では、今後も遊びに来てくれた卒業生の紹介を学科TOPICS内にて行っていきたいと思っていますので、どうぞお楽しみに!

 

 

佐久田祐子(心理学部)

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

 

過去の卒業生紹介の記事はこちら!

 

心理学部の記事がすべてチェックできるページはこちら!

 

 

SAC(セルフアクセス・センター)は「英語のカウンセリングルーム」です。
月に一度、楽しいSACイベントも行っています。

10月には恒例のHalloween Pumpkin Carving、
11月7日(水)のlunchtimeには、国際交流イベントを行いました。

11月の交流会では、秋期から樟蔭に留学している、
カザフスタン出身のサニヤさんと、スロベニア出身のポロナさんに、
母国について、パワーポイントで紹介していただきました。 

カザフスタンのアルマティ出身のサニヤさんは、
アルマティがりんごの産地として有名だそうで、
大きなリンゴの写真やたくさんの写真で紹介して下さいました。

ポロナさんは、言語、文字について説明されました。
スロベニアの発音、文法はとても複雑だそうです。
スロベニア人でも、発音が難易な子音だけの言葉もあるそうで、
それに比べ、日本語の発音は易しいとのことでした。

お二人とも、とても流暢に日本語を話されますが、
日本語を学ぼうと思ったきっかけは「美少女戦士セーラームーン」で、
日本語でアニメを見たり、マンガが読めるようになりたい、
と思ったそうです。

日本に来て1ヶ月が経過し「慣れましたか?」とお伺いすると、
サニヤさんは、母国で日本について色々勉強してこられたので、
すぐに馴染めたようです。
ポロナさんは、来日5日目ですっかり慣れている様子でした。

しっかりと日本語を勉強され、流暢に日本語を話せる留学生に、
樟蔭の学生達はとても刺激を受けていました。

20121112 2.jpg
 

 

ライフプランニング学科3回生 森田ゼミのメンバーで

コクヨファニチャー株式会社を訪問しました。

前回のブログ コクヨファニチャー株式会社を訪問① の続きです。

 

Q:ショールームも見学しましたが、何か心に残ったことはありますか?

ショールームでは公共の施設に設置する椅子なども並べられており、その場所に求められている機能、デザインについては自分が 想像していた以上に細かく考えられていることを知りました。例えば、病院の待合席の椅子の背もたれがないのは緊急時にベッドとして使用するための工夫であるなど、驚きやなるほどと感心することがたくさんありました。

文房具の展示もあり、針を使用しないホッチキスや踏む危険が少ない画鋲など、 今まであった商品をどのような人にもより使いやすく、より安全に作られた「ユニバーサルデザイン」商品にも触れることができました。新しいものを作り出し ていくだけでなく、今まであったものをより良く進化させていくということも大切なことだと感じました。

LPblog_kokuyo201211_03.jpg

その場所に応じた何気ない工夫を知ることができました。

 

Q:全体の感想をお願いします!

今回のコクヨへの訪問は、単純にコクヨの商品を見ることができたということだけでなく、就職活動を間近に控えるこの時期に、実際に働く社会人の声や、オフィスの形を覗くことができたりと、とても充実し、貴重な経験になりました。

コクヨのオフィスが梅田北ヤードへ移転するとお聞きしました。今回訪問させていただいたオフィスもとても綺麗で感動しましたが、コクヨファニチャー株式会社ならではの新しいオフィスをぜひ見てみたいと思いました。

LPblog_kokuyo201211_04.jpg

ユニバーサルデザインの商品を手に記念写真。

 

森田ゼミのみなさん、良い経験ができましたね。お疲れさまでした!

 

==============

ライフプランニング学科の最新記事から過去の記事までを一気にチェック!

★ライフプランニング学科のブログ記事一覧★

↑ クリックしてね! ↑

雛人形などの伝統的な人形を製造販売している「株式会社松よし人形」と被服学科が連携し、全く新しいタイプの人形を発表しました。


matsuyosi-dolls.jpg

 

これは、松よし人形がこれまでの伝統的な日本人形に代わる新しい人形を開発する中で、服飾美学研究室のゼミ生たちが展示用の衣装制作に協力し、作品を完成させたものです。

人形用の衣装の制作にあたっては、実際に人形衣装を制作している松よし人形の工房を訪れ、プロの職人さんから人形衣装を作る際の縫製のコツなどを教えてもらいながら進められました。衣装のデザインからパターン(型紙)作成、生地の裁断、縫製まで全て学生自身が試行錯誤を重ねながら、完成まで漕ぎつけました。
 

完成した人形と衣装は、11月7・8日にマイドーム大阪にて行われた「第25回東大阪産業展テクノメッセ東大阪2012」にて展示され、多くの方々の注目を浴びたほか、新聞等でも紹介していただきました。

matsuyosi-dolls2.jpg

matsuyosi-dolls3.jpg

 

被服学科の学生の力作をぜひご覧ください。

matsuyosi-dolls4.jpgmatsuyosi-dolls5.jpg

matsuyosi-dolls7.jpgmatsuyosi-dolls6.jpg

久々に更新します!


夏休みもあっという間に終わり、さわやかな季節もつかの間、
急に冷え込みが強くなってきました。
大学でも風邪を引いてマスクをしている人が多いようです。
体調を壊さないように、しっかりと自己管理をしましょう。


夏休み中にブログ隊のお二人から記事が来ましたので
ご紹介します。

□□□□□□□□□□


 こんにちは(^o^)/みーちゃんです☆                                                                     
早いもので、もぅ九月...まだまだ暑い日が続いてます。

夏休みの八月中は集中講義があったり、
九月に入ってからも介護体験の授業を控え、不安な日々を過ごしてます(T_T)
夏休み中、一週間だけ実家に帰り家族と過ごしました☆
わざわざ姉夫婦も子どもを連れて実家に来てくれて、
甥っ子達とも会えて嬉しかったです(^^)

写真は姉にしてもらったネイルです(^_^)v
今、姉はネイルの勉強中!
実家に帰る度、手や足にネイルを施してくれます(^_^)♪
ネイルは細かい技術、絵心やセンスも必要な職業です。
してもらう側は座ってるだけですが、
ネイルを施す姉は肩が凝ったりして、余程好きでないと出来ないものですよね...
とても私には無理だと思う職業です(^_^;

20121102 1.jpgのサムネイル画像

 

□□□□□□□□□□

こんにちは(^-^)/ K.Kです
9月も下旬になりました(*^-')b
ようやく朝晩は涼しくなってきました♪

秋と言えば、食欲の秋。読書の秋。
美味しいものが沢山あり、ついつい色々買ってしまいます(笑)
さて、今回は9月の出来事を書こうと思います!

まず、9月10日の週は国際英語学科の学生対象のTOEIC対策講座が
ありました(*^-')b

10分くらいのミニテストを行い、詳しい解説がありました。
私は今回初めて参加しました!!

TOEICがどのようなテストかという説明も聞くことができるので
初めてTOEICを受けるという学生にはおすすめな講座だと思います!

また、5日間の短期間であり、少人数クラスで、自習の時間もあり、
質問もしやすいと思います!!

9月17日から21日は教職課程で必要な「介護等の体験」に行って来ました。
5日間という短い期間でしたが、介護施設がどのようなことをしているかが
分かり良い経験になりました!

来週からは筆記試験対策講座やマナー講座があるので
受講しようと思っています(*^-')b
 今年の夏休みは集中講義や講座やバイトなど
充実した休暇となりました♪

 

□□□□□□□□□□

  お二人とも、充実した夏休みを送っていたようですね。

  さて、秋に入って二人の所属する「観光まち歩きゼミ」の学生は、
とてもがんばっています!!
樟蔭の文化財である「樟徳館」の一般公開の時に
「観光」の実習として、樟徳館内部の説明と、
河内小阪駅付近のまち歩きの二つを企画して取り組む予定です。
国際英語学科なので、もちろん外国人のお客様がいらっしゃっても
大丈夫なように、英語でも案内ができるように練習しています。

20121102 2 1.jpg

http://www.osaka-shoin.ac.jp/whatsnew/whatsnew/2876/whatsnew_detail.html

 

ライフプランニング学科3回生 森田ゼミのメンバーで

コクヨファニチャー株式会社 を訪問しました。

森田ゼミメンバーに訪問の感想などを聞いてみました。

 

Q:コクヨファニチャー株式会社さんを知っていましたか?

「コクヨ」といえば、ノートやペンなど文房具ばかりのイメージでしたが、コクヨファニチャー株式会社ではオフィス、学校、病院など様々な施設の椅子や机、ロッカーなどの商品、さらに床などの環境づくりといった幅広い事業を行っているということを今回の訪問で初めて知りました。

LPblog_kokuyo201211_01.jpg

オフィスファニチャーがたくさん展示されていました。

 

Q:施設の家具や環境作りをしておられる企業のオフィスをみて、どう感じましたか?

コクヨの社員の方が働くオフィスは、より豊かな発想ができるよう、他者とのコミュニケーションを取りやすいように一部デスクが固定されない形式や、リラックスのための椅子や施設も充実しており、デザインや工夫を見ているだけでもとても楽しめました。

実際に働きやすい環境を研究し、提供していく側の企業であり、自ら自社の最先端の商品とデザインを取り入れているコクヨのオフィスは、働く上で最高のパフォーマンスを発揮できる環境になっていると感じました。

LPblog_kokuyo201211_02.jpg

実際の商品を体験しながらお話を伺いました。

 

報告は コクヨファニチャー株式会社を訪問② に続きます!

 

 

==============

ライフプランニング学科の最新記事から過去の記事までを一気にチェック!

★ライフプランニング学科のブログ記事一覧★

↑ クリックしてね! ↑

10月10日から始めた種まきですが、プランター200個分を蒔き終わりました!

今日は、大学生がゼミの合間をぬって蒔いてくれました。

大学生種まき1.JPG 

大学生種まき2.JPG

 

ここ最近急に寒くなりましたので、今日蒔いた種がきちんと発芽してくれるかどうか少し心配です。最初に蒔いたプランターは、しっかり発芽しています。

発芽1.JPG 

発芽2.JPG

 

間引きしないといけないプランターもたくさんありますが、間引きした菜の花は食べることができるので、ちょっとした楽しみです。

園児たちが、お散歩がてら、何度か水まきに来てくれています。

園児水撒き1.JPG 

園児水撒き2.JPG

 

今後も菜の花の成長報告をしていきたいと思います。もちろん直接見にきていただくのも大歓迎です。


Loading Calendar...

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録


 学科ニュース

各学科に関する最新ニュースやお知らせなどを配信していきます。