ライフプランニング学科では、

11月23日(土)祝日   13:00〜15:00

小阪キャンパスにて冬の進学相談会を開催します!

(予約不要・参加無料)

 

他大学と迷っている方や、卒業後の進路に迷っている方にぜひ来てほしい相談会です!

大阪樟蔭女子大学のこと、ライフプランニング学科の学びや学生生活などはもちろんお伝えしますが、みなさんの希望や夢、疑問・不安も聞かせてください。ライフプランニング学科の教員が親身に相談にのります!

「こんなこと聞いていいのかな…」

「あんなことは大学でできるのかな…?」

「FP資格がめざせるって聞いたけど、忙しくなりすぎないかな…」

など、どんなことでもかまいません。みなさんに充実した進路を選んでほしいからこそ開催する相談会です。お友達といっしょに、ご家族といっしょに、もちろんおひとりでも大歓迎です!ぜひ足を運んで下さい。

 

【参加のメリット】

・分野別の学びの内容が詳しくわかる!

・第一志望や検討中の大学と比較できる!

・センセイからリアルな話が聞ける!

・お金のこと、就職のことなど不安も解消できる!

・樟蔭生考案のオリジナルスイーツが食べられる!

・元有名予備校スタッフによる模試結果無料診断!(診断希望者は、模試の結果をご持参下さい)

・ライフプランニング学科の学生グループが「インターンシップ」で企業と共同開発したあったかぬくぬく110デニールタイツをプレゼント!(数量限定です!)

LPblog_201311LPsoudan_2.jpg

ライフプランニング学科には、パンフレットだけでは伝えきれない充実した学生生活や最新情報など知ってほしいことがたくさんあります。ぜひ相談会に来て、多彩な学び・充実した大学生活を感じてくださいね!

ご来場、お待ちしています!!

==============

ライフプランニング学科の最新記事から過去の記事までを一気にチェック!

★ライフプランニング学科のブログ記事一覧★

↑ クリックしてね! ↑

10/19(土)、10/20(日)に若樟祭が開催されました。

そこで、ゼミでの模擬店発出店となった安部ゼミの皆さんに、若樟祭での様子を少し報告してもらいました!↓↓

 

――――――――――――――

若樟祭、初参加だった安部ゼミです!

私たちの模擬店ではコロッケを売りました。

 

korokke1.jpg

 

あまり売れないかもしれないと不安でしたが、

予想以上に評判がよく、たくさん売れたので先生も私たちも嬉しかったです。

 

↓みんなで楽しく作業中♪↓

korokke2.jpg

 

若樟祭を通して、地域の方々とお話することが出来、とても新鮮でした。

準備では、大変なこともたくさんありましたが、3回生の大切な思い出の一つになりました!!

 

 

K.Kです。
以前ブログを読んで下さった方は
お久しぶりです。

まずは、自己紹介から始めたいと思います!
ブログをはじめてから早2年目になりました。
私は、3回生からブログを書きはじめました。
現在は4回生です。

趣味は、買い物に行ったり、漫画を読むことです。
よろしくお願いします(^-^)/

今回は、卒論について取り組んでいることを書こうと思います。

私は、小森道彦先生の観光ゼミに所属しています。
小森先生のゼミでは、卒業制作として英語の映像作品をつくります。

私は、授業やゼミで文化財について関わってきたし、
興味があるので、文化財をテーマにしました。

他のゼミのメンバーは自分が住んでいる町を取材したり、
自分の活動していることをテーマにしています。

まずは、自分達でビデオを撮影し、それをパソコンに取り込んで、
動画編集ソフトで編集作業をします。
映像を編集したり、音楽や写真をいれたり出来るソフトです。
ナレーションや字幕も英語にして、外国人にもわかる約20分間の
ビデオを制作することが課題です。
私は、インタビューの撮影がこれからなので急がなくてはなりません。

しかし、どんな音楽を使おうとか、どんなビデオにしていこうと
考えることが楽しいです。

自分自身でビデオを撮ったり、編集をするということは、
全くの初めてなことなので、不安も大きいですが、
作り終わった後の達成感も同じくらい大きいように思います。

卒業まで、後4ヶ月少しになってきたので、
悔いのないように取り組んでいきたいと思います!
写真は、先週の授業後に撮影した虹の写真です。

K.Kでした。

=========

■先生のひとこと

英語のビデオ制作は、コンピューターの操作も覚えられるし、
英語の字幕やナレーションも付けますので実践的な英語力もつきますし、
まさにKill two birds with one stone.(一石二鳥)です。
いろんな人のインタビューを通して、みなさんが知らなかった世界の
貴重な話しも聞けたり、きっとこの経験が将来役に立つときが来ると思いますよ!

20131119.jpg
 

 

 被服学科被服学専攻の2~4回生が受講する実習のひとつに、「ファッション造形」という授業があります。この実習では帽子やカバンを実際に作っていきます。

2013-10-24 13.38.38 (640x427).jpg

 帽子製作は全15回の授業で、ベレー帽、ハットタイプ、キャスケットの3種類を作ります。帽子の型となるパターンは先生が用意しますが、使用する布は、学生が考えます。表地と裏地を違う柄にしたり、季節感のある布を使ったりして、オリジナルの帽子を作ります。ポイントは、円形をきれいに縫うことです。学生はミシンと格闘しながら、帽子を完成させ、出来上がった帽子をかぶって帰る学生もいます。

2013-10-24 14.14.08 (640x427).jpg 2013-10-24 15.05.50 (640x427).jpg

 カバン製作も全15回の授業で、最初に先生がつくった型を使って、練習用のミニサイズのカバンを製作した後、パターンから色・柄・素材すべてを自分で考えてオリジナルのカバンをつくります。この日は持ち手となる皮を型紙に沿って切り、その皮にポンチで穴をあけたり、縫製前に必要となる持ち手とカバンの糊の仮止め、といった工程を行ないました。

2013-10-24 15.45.32 (640x427).jpg

 帽子もカバンも大切になるのは、作品に学生それぞれの個性が出ているかどうか。素材やデザインだけでなく、どこまで考えて工夫して作ったのか、を先生は見ているのです。被服学科被服学専攻の学生は服づくりはもちろんですが、こうした帽子やカバン製作を通して、トータルなファッションを学びます。

 

平成25年度 日本経済新聞社連携講座「プロジェクト型インターンシップ」の成果発表会が開かれました。

健康栄養学科の学生15名が、3つのグループに分かれ、東大阪市の食品会社・株式会社ジーエスフード様と「お酢を使った飲料と紅茶飲料の新製品開発」に取り組んできた成果が発表されました。

13-13photo1.jpg

 

 

Aチーム:「ライチ風味のお酢飲料」

Bチーム:「オレンジジンジャー風味のお酢飲料」

Cチーム:「梅果汁の入った紅茶飲料」

の3点が発表されました。

各グループとも授業との両立で苦労していたようですが、最後まで妥協せず、製品案を作り上げました。

3チームともに素晴らしいプレゼンテーションで、甲乙つけがたいものでした。

8名の審査員が投票した結果、Cチームが最優秀賞に輝きました。

13-13photo3.jpg

 

また、その後のジーエスフード様からの講評で、Aチームのお酢飲料について商品化が進められているとの報告がありました。

 

13-13photo4.jpg「商品化の検討が進められるAチームの「ライチ風味のお酢飲料」、試作パッケージをもって」

 

学生のみなさん、お疲れ様でした。この経験が今後の就職活動に生かされることを期待します!

この取り組みは、11月25日(月)掲載の日経MJで紹介される予定です。

 

 

各学科の枠を超えて学生3~5名がひとつのチームとなって、さまざまな企業に企画提案、商品化を行なう「学生提案型インターンシップ」が、今年も素晴らしい成果をあげています。

IMG_1228 (640x480).jpg

そのひとつ、化粧品メーカーのプランドゥシー・メディカル株式会社様とコラボレーションして生まれた商品が、「楽園のめぐみ」という乳液です。(同社とは昨年も、「楽園のしずく」という化粧水の企画開発、販売でコラボレーションさせていただきました。)

IMG_1774 (640x480).jpg

今年度はシリーズ化ということでまず女子大生にアンケートをとり、チームで検討した結果、“お肌に優しい成分でできた乳液”を開発することになりました。肌年齢が気になる女性のための乳液を作ろう!という思いで、企業に提案、打ち合わせを重ね完成した「楽園のめぐみ」は、ヒアルロン酸などの潤い成分や、抗老化作用があるというブドウ葉エキスやユズ果実エキスをたっぷり配合しているのが特長で、年齢に関係なく使える乳液にバッチリ仕上がっています。

IMG_1773 (640x480).jpg

「成分からボトルデザインまで、すべて私たちが考えました!」「ぜひ楽園のしずくと合わせて使ってほしいです!」などと学生チームおすすめの「楽園のめぐみ」は、11月からプランドゥシー・メディカル株式会社様のHP、又は本学生協で販売します。みなさんもぜひ手にとってみてください!(100ml・1,600円(税込)) ※毎日新聞「なるほドリ」にも11/15(金)に関連記事が掲載予定です。

学生へのご指導をいただきましたプランドゥシー・メディカル株式会社様、ありがとうございました。

IMG_1599 (640x480).jpg

学生提案型インターンシップの魅力は、企画、マーケティング、プレゼンテーション、広報、販売など、社会で必要とされる能力がたくさん身につくこと。学問やアルバイトでは経験できない実社会での商いを体感することができます。

以前このブログでも予告した、ライフプランニング学科の在学生・卒業生交流会を開催しました!
LPblog_201311kouryuukai1.jpg
 
お茶とお菓子を前に後輩たちのために来てくれた卒業生を囲んで、いざスタート!…してみたものの、最初のうちはお互いに緊張気味でした。
けれども卒業生から積極的に話しかけてくれたおかげで、やがて緊張もほぐれて和やかな雰囲気でどんどん話も弾んでいきました。
さすが「後輩のためにぜひ参加します!」と言ってくれた頼もしい先輩たちです。
 
先輩の話に聞き入る在学生たち。
LPblog_201311kouryuukai2.jpg
 
LPblog_201311kouryuukai3.jpg
真剣ながらも笑顔であふれています。
 
交流会の終盤にちょっとしたゲームをしてみました。
このゲームの攻略には在学生と卒業生の協力がとても重要です。
 
接戦のすえ、勝利を手にしたチームは景品をゲットしました!
LPblog_201311kouryuukai4.jpg
 
参加した在学生からは、
 
先輩たちと話すのが楽しかった。
先輩たちの体験が聞けてよかった。
参加しようか迷ったけれど、参加してよかった。
 
など、他にもたくさんの感想が聞こえてきました。
中には「自分も卒業したら後輩のために来ます!」と言ってくれた学生さんもいました。
 
これからもこのような企画を継続していきたいと思います!
 

==============

ライフプランニング学科の最新記事から過去の記事までを一気にチェック!

★ライフプランニング学科のブログ記事一覧★

↑ クリックしてね! ↑

秋になり、今年もKids English Fall Program ~4,5歳児クラス~が開講されています。

↓英語の絵本の読み聞かせ中↓

kidsE.jpg

 

10月28日のキッズ・イングリッシュ講座では、ハロウィンパーティーをしました!!

 

↓みんなでSing a song! &Let's dance!!↓

hallowen1.jpg

 

hallowen2.jpg

 

今までに習ったこと(英語の数字、英語での動作など)を使いながら、色々なハロウィンのゲームをやりました。

hallowen3.jpg

 

もちろん、最後には “Trick or Treat!!” の合言葉で、お菓子をたくさんもらえて、子どもたちは大喜びでした!!

 

  11月6日(水)4限の「出版編集論」にゲスト講師として、落語作家のくまざわあかね先生をお迎えしました。授業はインタビュー取材をして原稿にまとめることを目的としたものですが、創作表現コースの開講科目であり、「創作」にも関係のある台本作家にお越しいただきました。

 くまざわ先生は笑福亭三喬さんの新作落語「七福神」、同じく桂米二さんの「定年日和」の作者です。また、東京落語を大阪版に改定した「文七元結」は、桂ざこば師匠の新たな持ちネタとなっています。

 先生から落語作家という仕事の内容や、新作落語を書くときの留意点などをお聞きして、学生たちは熱心にノートを取っていました。その後のインタビューでは、東京と大阪の落語の受け止め方の違いや、台本作家としての苦心、面白さについても教えていただきました。

 和服姿の先生にも学生たちは興味津々。着付けや着物と帯の組み合わせについてもアドバイスを受けていました。

IMGP1836(変更).jpg

 編集の仕事の一つである取材の方法や、創作のヒントなど、さまざまなことを学んだ有意義な授業となりました。

IMGP1825(変更).jpg

 

  

11月9日(土)健康栄養学科主催の公開講座「健康で豊かな生活のための食品・栄養講座、第1回:高齢者のための食品開発最前線」が開かれました。

講師は、食品化学研究室 川端康之 先生です。

DSC03943.JPG

日本の人口の高齢化の現状と食品開発への課題を概説されたあと、実際の例について説明がありました。

食品流通業がさまざまな「宅配ビジネス」に取り組む様子や、大手食品会社が食品の容器・包装に改良を加え、誰もが使いやすい食品を目指して開発に取り組む事例が紹介されました。

DSC03957.JPG

また、食品そのものの「高齢者への対応例」として、ユニバーサルデザインフードや酵素を利用して食品を柔らかくした「ソフト食」の紹介と試食が行われました。

DSC03978.JPG

DSC03989.JPG

なかでも「摂食回復支援食 あいーと」の試食には、受講生のみなさんも大変驚かれていました。食品の形はきれいに残っているにも関わらず、その柔らかさは、舌と上顎(軟口蓋)でつぶせる程度で、口の中でとろけていくようでした(「あいーと」については、製造会社のホームページをご覧ください)。

今後のスケジュールは、

11月16日(土) ②健康的な食生活のために~具体的な取り組みを中心として~ 
  上田秀樹 先生(公衆栄養学)
11月30日(土) ③健康情報番組にだまされるな~疑似科学への入門~
  木村雅浩 先生(栄養化学)
12月 7日(土) ④高齢者のための栄養学
  保木昌徳 先生(病態栄養学)
 時間は、いずれも、12:40-14:10です。

お問い合わせは、06-6723-8237 小阪キャンパス 学術振興課まで。
 


Loading Calendar...

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録


 学科ニュース

各学科に関する最新ニュースやお知らせなどを配信していきます。