12.7(土)に消防訓練を実施しました。

 

↓避難の様子↓

syoubou1.jpg

 

4回生の教職実践演習の授業の一環として、12月7日に消防訓練を実施しました。学生サロンから出火したとの想定の下で、みんな速やかにグラウンドまで避難することができました。

来年の4月からは保育や教育の現場で働くことになる4回生たちは、自分が子どもの命を守る、という自覚をもって取り組んでいました。

 

↓消防隊員の方のお話を聞く様子↓

syoubou2.jpg

 

避難の約束は「おはしも」=「押さない」「走らない」「しゃべらない」「戻らない」です。

避難訓練の後は、香芝市の消防士さんから消火器の使い方を教えていただきました。

 

↓消火器の使い方の説明している様子↓

syoubou3.jpg

 

火が出ていると想定しての、初期消火の訓練。

多くの学生が積極的に参加していました。

 

↓実際に消火器を使用して訓練をしました↓

syoubou4.jpg

 

通報や避難や消火の方法について、たくさん学ぶことができました。

こんにちは( ´ ▽ ` )ノ
第2回目のブログが回ってきました。K.Kです。

早いもので今年も後1ヶ月をきりました。
色々なことを年内に終わらせておきたいと思ってます。

今回は、私が卒論で扱っている「樟徳館」のことを
紹介しようと思います。

樟徳館は、樟蔭学園の創立者森平蔵によって建てられました。
建築されてから70年以上経つ木造の住宅です。

20131209 5.jpg

樟徳館は、登録有形文化財です。
学園が文化財を所有しているということにびっくりです!
さらにびっくりするのは、樟徳館以外にも
記念館、樟古館も同じ登録有形文化財で、
ひとつの学園に3つも文化財があるのには驚きました。

私の調べたところでは、登録されるには基準があって、
建築後50年を経過していることが前提で、
樟徳館の場合は「造形の規範であり、再現が容易でない」点が評価されました。

建物のなかには銘木がたくさん使われていて、
木の暖かさが感じられる空間になっています。

20131209 1.jpg

特に応接間の天井には、樟蔭学園の「樟」の字が意味している
「くすのき」の1枚板が使ってあります。

20131209 6.jpg


窓には、花の模様などの細工も施されてありとても綺麗です。

20131209 4.jpg


20131209 3.jpg

20131209 2.jpg

室内からは、中庭の木々を見ることもでき緑が豊かな空間が広
がっています。

20131209 7.jpg

洋風居間の床はチーク材を使ってあり、
見方を変えると模様のような感じに見えるところがとてもすごく、
職人さんの技術が表れている部分だなと感じます。

20131209 9.jpg

昔の学生が作った樟徳館の模型も置いてあります。
細かなところまで再現されてあって、すごいです!!

20131209 8.jpg

では、この辺で(^-^)/
K.Kでした。

(※)写真は本学学園広報室・100周年記念事業本部から提供していただきました。

 

 本学の心理学部が主催する公開講座「心理学の現場」が、高校生や一般の皆さんに向けて開講中(※一部講座を除く)で、好評を博しています。この講座には、大学や大学院で心理学を学び、卒業後各分野の第一線で活躍されている方々をゲストスピーカーとしてお招きし、それぞれの分野で心理学がどのように活用されているのか?具体的な事例を交えてわかりやすくお話しいただいています。

 

 11月13日の講義では、三重県警察本部で技官としてご活躍中の奥野拓弘氏(三重県警察本部刑事部科学捜査研究所心理係長)をお招きし、「犯罪捜査と心理学」をテーマに、心理学が警察の業務においてどのように活かされているかを、具体例をあげながらわかりやすくお話いただきました。

2013-11-13 15.42.20 (400x267).jpg

 たとえば、ウソ発見器の通称で知られているポリグラフ検査。これはウソをついたことで機器が反応するものではなく、質問により特定の項目に対する反応が他と違うことを判別するためのもので(心理学用語で弁別といいます)、呼吸や心拍の速度でそれを認識します。

2013-11-13 15.42.58 (400x267).jpg

 刑事ドラマで知られるようになったプロファイリングについてもお話があり、捜査員の勘に心理学による裏づけをあわせた効率的で合理的な捜査手法であることなどを説明していただきました。

2013-11-13 15.43.58 (400x267).jpg

 ほかにも、警察官による被害者支援や少年補導員による非行防止活動など、心理学は警察業務のさまざまな場面で活かされていることが述べられるなど、ふだん警察関係の方のお話を聞ける機会はそうはない多くの聴衆の皆さんにとって、非常に貴重で有意義な時間となりました。

 

 心理学の学びは人が関わるところすべてにおいて活躍します。臨床、福祉、教育、製品開発、人事、犯罪捜査などさまざまな分野の専門家のお話から、心理学が社会で果たしている役割を知っていただければと思います。


 心理学部への進学を検討されている高校生の皆さん、大学・大学院で心理学を学ばれている皆さん、心理学に興味があるすべての皆さんに、この公開講座はおすすめです!

 被服学科美容コース4回生の学生が、毎年2月(実技)と3月(筆記)に行なわれる美容師国家試験の合格をめざし、授業で熱心に練習に励んでいます。4回生は毎年4月から翌年1月にかけて、国試対策としてこの授業に取り組み、試験本番までにみんな見違えるほど技術をあげます。

 

美容1.jpg    美容2.jpg

 

 この日の授業では実技を練習。試験本番で必要となる、カットとワインディング(パーマをかける時に必要な作業)の練習を実施しました。ワインディングでは20分間で50~55本のカールをきれいに巻く、という練習を3セットも行ないます。本番では時間内に50本以上55本以下を巻くことはもちろん、規定に沿ってきれいに巻けているかも評価されるため、先生も仕上がりの状態は厳しくチェックします。

 

3 (267x400).jpg    美容4.jpg

 

 練習の後は筆記試験対策として、過去問題に取り組んでいます。特に年末から年始にかけての試験本番前のこの時期は、週に10コマも練習の時間があり、厳しいながらも着実に技術が身につく時間となっています。

 

5 (267x400).jpg

ひとつひとつの授業がいまの自分をつくってくれた!

2013-11-08 10.33.35-2 (426x640) (426x640) (266x400).jpg

高松由依さん 心理学部4回生 (児童養護施設 内定)

 

 私は4つの施設の求人に応募し、うち2つから内定をいただくことができました。本当に幸運だったと思います。自己分析するに、事前に応募先の施設のことを十分に調べておいたのはもちろんですが、面接では自分を飾らず、率直な気持ちを自分の言葉で伝えるように意識していたのが良かったのではないかと感じています。

 私は字が綺麗ではないのですが、そのぶん履歴書は丁寧に書くようにしました。キャリアセンターには、「こういうふうに書いたらいい」という具体的なアドバイスをいただき、とても助かったことを覚えています。就活中は、大学の友人からは求人情報を教えてもらったり、親からは「自分のやりたいことをやれ」と応援してもらったことも有難い思い出です。

 授業では先生の実体験にもとづくお話が多くて参考になったこと、PSWの実習では病院のデイケアを体験し、実際に患者さんと触れあえたことなど、ひとつひとつの授業がいまの自分をつくってくれたと思います。私は大学での学びを通して、子どもたちを教育するよりも支援できるような立場の仕事に就きたいと思うようになりました。先生や友人との交流を通して、自分が何をしたいのか明確になったのは在学中に得た一番大きな財産です。

 勉強にしても何にしても本気で取り組めば、それまで気づかなかった自分の能力や個性を発見できますよ。10年後、20年後も、誰にでも丁寧に接し、いろいろな立場のひとたちから学び続けられる社会人でいたいなと思います。

 11月15日に本学キャリアセンターが主催する就職ガイダンスが実施されました。今年度6回目のガイダンスとなった今回は、「企業の探し方~ナビサイトを有効活用しよう~」と題し、株式会社リクルートキャリア就職支援コミュニケーショングループの吉田俊幸氏が、就活におけるインターネットの活用法を講演してくださいました。

就職ガイダンス1 (595x397).jpg

 

 就活にあたっては、就職情報サイトへの登録・活用はもちろん、志望する企業のHPはマメにチェックして最新情報をつかんでおくのが大切になること。また、ネット上の情報だけに頼るのではなく、企業説明会やOG訪問にも積極的に取り組むこと。そして、キャリアセンターが運営管理している本学独自の求人情報サイト「SHOINしごとナビ」もどんどん利用すること、といったお話をいただきました。

就職ガイダンス2 (562x375).jpg

 

 キャリアセンターからは、12月~来年にかけて順次実施予定の学内企業セミナーや集団模擬面接、模擬グループディスカッションについての内容紹介や参加の呼びかけ、SHOINしごとナビの使い方について説明がありました。

就職ガイダンス3 (558x372).jpg

 

 就活を少しでもスムーズに進めていけるよう、キャリアセンターはこれからも学生を全面的にサポートしていきます!

樟蔭は肩肘張らずに学べるのがいい!

2013-10-30 17.52.37 (640x427).jpg

瀬戸あゆみさん(2013年度一般入試AⅠ合格)

臨床心理学科1回生・金蘭会高等学校出身

 

 受験にあたっては、まず英語力をあげるため、英単語や文法など基礎的なことに重点的に取り組み、長文をたくさん読むように努めました。国語で注意していたのは、指示語が何を指しているのかを考えつつ、文章を読むようにしたことです。さらに過去の入試問題集もひととおり解き、入試の傾向をつかんでいきました。試験本番で体調を崩していたらどうしようもないので、体調管理には十分気をつけていたことはもちろんです。

 私が心理学に興味を持つきっかけとなったのは、高校1年生の時に犯罪心理学に関する講義を聞く機会があり、それがとても興味をそそられるものだったからです。その時にスクールカウンセラーという仕事があることを知り、私もなりたい!と思いました。

 樟蔭に入学した動機は、カウンセリングセンターや大学院が併設されていて臨床心理士の資格が取りやすいこと。それにPSW(精神保健福祉士)の資格も高い合格率を維持していて、私の将来の目標に近づきやすいと感じたからです。

 大学の友人はみんな同じ志を持っているだけあって、とても心強く励みになる存在ですね。先生もみなさんアットホームな感じの方ばかりで、肩肘張って学ばなければ、という感じがしないのがいいところです。心理学には自己の探求という側面があると思いますが、それが実現できる環境が整っているのが樟蔭の魅力です。

 11月9日に本学キャリアセンターが主催する「人事担当者講演会・内定者報告会・OG懇談会」が開催されました。毎年この時期に3回生を対象に開催し、就活に役立ててもらえるよう、さまざまな情報を提供しています。

 今回は、①企業の人事担当者による講演②4回生の内定者による報告会③就職情報会社による内定の秘訣に関する講演④企業で活躍中のOGによる懇談会⑤個別相談会、という構成で行なわれました。

2013-11-09 12.40.22 (640x427).jpg

 

 以下、印象的だったお話の内容を抜粋してご紹介します。

①人事担当者の講演として、住友生命保険相互会社 大阪すみれい育成統括部採用グループ 次長・若松久美子氏と兼松株式会社人事総務部長・宮角文子氏が、就活に向けての心構えをお話くださいました。

2013-11-09 12.41.42 (640x427).jpg

 

②4回生の内定者4名が就活にのぞむ3回生に向けて、内定の経緯や秘訣など、自身の体験を踏まえ話してくれました。

2013-11-09 14.15.57 (640x427).jpg       2013-11-09 14.21.11 (640x427).jpg

 

③内定者報告会やOG懇談会でコーディネーターを務めていただいた、株式会社マイナビ 就職事業本部企画広報部キャリアサポート開発課課長・間瀬清吾氏から、「就活がうまくいった人に共通していることは、自分で考え自分で行動していた、ということ。世間に就職情報はあふれていますが、自分からアクションしない限り、求める情報にはたどりつけません。自分のためにいま頑張りましょう!」といったお話がありました。

 

④各業界で活躍中の本学OG4名が、それぞれ日頃の仕事ぶりを例に、仕事とは何か? 働くとはどういうことか?を、就活時の思い出とともに語ってくれました。

2013-11-09 15.33.25 (640x427).jpg       2013-11-09 15.38.52 (640x427).jpg

 

⑤最後は会場を移し、食事を楽しみながらの参加者の懇談会が行なわれました。3回生にとっては、4回生やOGに個別に相談できる貴重な時間でもあり、熱心に話しかける姿があちこちで見られました。

2013-11-09 16.40.57 (640x427).jpg       2013-11-09 16.42.34 (640x427).jpg

 

キャリアセンターは学生の就活がスムーズに進められるよう、これからも全力でサポートしていきます!

 被服学科化粧学専攻の学生を対象に、プロのメイクアップアーティストにメイクの方法を披露していただく「メイクデモンストレーション」を11月21日に開催しました。

2013-11-21 18.03.09 (640x427).jpg       

 

2013-11-21 18.14.43 (640x427).jpg

 

 講師を務めていただいたのは、パリ発・世界で展開するプロフェッショナルコスメブランド「メイクアップフォーエバー」のライラさん、小西彰仁さん、AKIKOさん。パリから来日中のメイクアップアーティスト、ライラさんが壇上でモデルさんにいちからメイクを施し、プロの技術を丁寧な解説付きで学生たちに実演してくださいました。

メイク2 (640x424).jpg       

 

メイク (640x425).jpg

 

 この貴重な機会に、学生からは、「なぜメイクアップアーティストになろうと思ったのですか?」「メイクのインスピレーションはどこから得るのですか?」といった質問があり、ライラさんは「クリエイティブな仕事がしたくて、メイクアップアーティストになりました。インスピレーションはゴッホやピカソのような偉大なアーティストたちから受けることもあるし、新人アーティストから受けることもあります。ジャンルを問わず、アンテナを張っておくことが大切です」とアドバイスがありました。

メイク3 (640x425).jpg       

 

メイク4 (640x425).jpg

 プロのメイク技術を目の当たりにできたことは、学生たちの大きな財産になるでしょう。講師の皆様にあらためて感謝申し上げます!

初めまして!
簡単に自己紹介させていただきます。
blogを書かせていただくことになりましたS.Hです!

私は中学生の頃から吹奏楽部に所属していたこともあり音楽を聴くこと、
楽器を演奏することが大好きです(*^_^*)
 
最近は寒い日が続くので、毎朝起きるのがつらいです(:_;)
去年の今頃はまだ受験生だったことが信じられないくらい
今年1年あっという間でした(*_*)
 
最初の頃は友達がなかなか出来ず不安ばかりでしたが、
今では毎日一緒に楽しく過ごせる友達がいます。
そんなみんなのおかげで毎日が充実しているからこそ
早く感じた1年だったのではと思います!

いつも一緒にいるメンバーとは先週の水曜日に
お寿司を食べに行きました!
年末には忘年会をするので、とても楽しみです!
 
ただ、やっぱり学生の本業は勉強なので
約2ヶ月前に始めたアルバイトも忙しいですが、
留学に行けるようにするためにももっともっと
頑張らないといけないと思っています(/_;)

最近は、洋楽が好きなのでいろんな曲を聴いたり、
洋画を字幕にして観るなど自分の好きなスタイルで
少しでも英語を耳に入れるようにしています!

初めて書いたblogだったので上手くまとめきれていませんが
少しでも楽しいblogになるようにしていきたいと思います!
 
みなさん、風邪をひかないように気を付けてください!
写真は大学内のクリスマスツリーです(*^^)v

==============

■先生のひとこと

最近めっきり寒くなりましたね。S.Hさんはまだ1回生ですが、これからどんどん大きく成長する可能性を感じる学生さんのひとりです。ブログこれからよろしくお願いしますね。S.Hさんの写真のように、もうすぐクリスマス。学内は新校舎の工事も急ピッチで進んでいるようです。今月に入って就職活動も解禁になり、リクルートスーツの4回生の姿もよく見かけます。年末にかけてあわただしくなりそうです。


20131205.jpg
 


Loading Calendar...

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録


 学科ニュース

各学科に関する最新ニュースやお知らせなどを配信していきます。