樟蔭は肩肘張らずに学べるのがいい!

2013-10-30 17.52.37 (640x427).jpg

瀬戸あゆみさん(2013年度一般入試AⅠ合格)

臨床心理学科1回生・金蘭会高等学校出身

 

 受験にあたっては、まず英語力をあげるため、英単語や文法など基礎的なことに重点的に取り組み、長文をたくさん読むように努めました。国語で注意していたのは、指示語が何を指しているのかを考えつつ、文章を読むようにしたことです。さらに過去の入試問題集もひととおり解き、入試の傾向をつかんでいきました。試験本番で体調を崩していたらどうしようもないので、体調管理には十分気をつけていたことはもちろんです。

 私が心理学に興味を持つきっかけとなったのは、高校1年生の時に犯罪心理学に関する講義を聞く機会があり、それがとても興味をそそられるものだったからです。その時にスクールカウンセラーという仕事があることを知り、私もなりたい!と思いました。

 樟蔭に入学した動機は、カウンセリングセンターや大学院が併設されていて臨床心理士の資格が取りやすいこと。それにPSW(精神保健福祉士)の資格も高い合格率を維持していて、私の将来の目標に近づきやすいと感じたからです。

 大学の友人はみんな同じ志を持っているだけあって、とても心強く励みになる存在ですね。先生もみなさんアットホームな感じの方ばかりで、肩肘張って学ばなければ、という感じがしないのがいいところです。心理学には自己の探求という側面があると思いますが、それが実現できる環境が整っているのが樟蔭の魅力です。

 11月9日に本学キャリアセンターが主催する「人事担当者講演会・内定者報告会・OG懇談会」が開催されました。毎年この時期に3回生を対象に開催し、就活に役立ててもらえるよう、さまざまな情報を提供しています。

 今回は、①企業の人事担当者による講演②4回生の内定者による報告会③就職情報会社による内定の秘訣に関する講演④企業で活躍中のOGによる懇談会⑤個別相談会、という構成で行なわれました。

2013-11-09 12.40.22 (640x427).jpg

 

 以下、印象的だったお話の内容を抜粋してご紹介します。

①人事担当者の講演として、住友生命保険相互会社 大阪すみれい育成統括部採用グループ 次長・若松久美子氏と兼松株式会社人事総務部長・宮角文子氏が、就活に向けての心構えをお話くださいました。

2013-11-09 12.41.42 (640x427).jpg

 

②4回生の内定者4名が就活にのぞむ3回生に向けて、内定の経緯や秘訣など、自身の体験を踏まえ話してくれました。

2013-11-09 14.15.57 (640x427).jpg       2013-11-09 14.21.11 (640x427).jpg

 

③内定者報告会やOG懇談会でコーディネーターを務めていただいた、株式会社マイナビ 就職事業本部企画広報部キャリアサポート開発課課長・間瀬清吾氏から、「就活がうまくいった人に共通していることは、自分で考え自分で行動していた、ということ。世間に就職情報はあふれていますが、自分からアクションしない限り、求める情報にはたどりつけません。自分のためにいま頑張りましょう!」といったお話がありました。

 

④各業界で活躍中の本学OG4名が、それぞれ日頃の仕事ぶりを例に、仕事とは何か? 働くとはどういうことか?を、就活時の思い出とともに語ってくれました。

2013-11-09 15.33.25 (640x427).jpg       2013-11-09 15.38.52 (640x427).jpg

 

⑤最後は会場を移し、食事を楽しみながらの参加者の懇談会が行なわれました。3回生にとっては、4回生やOGに個別に相談できる貴重な時間でもあり、熱心に話しかける姿があちこちで見られました。

2013-11-09 16.40.57 (640x427).jpg       2013-11-09 16.42.34 (640x427).jpg

 

キャリアセンターは学生の就活がスムーズに進められるよう、これからも全力でサポートしていきます!

 被服学科化粧学専攻の学生を対象に、プロのメイクアップアーティストにメイクの方法を披露していただく「メイクデモンストレーション」を11月21日に開催しました。

2013-11-21 18.03.09 (640x427).jpg       

 

2013-11-21 18.14.43 (640x427).jpg

 

 講師を務めていただいたのは、パリ発・世界で展開するプロフェッショナルコスメブランド「メイクアップフォーエバー」のライラさん、小西彰仁さん、AKIKOさん。パリから来日中のメイクアップアーティスト、ライラさんが壇上でモデルさんにいちからメイクを施し、プロの技術を丁寧な解説付きで学生たちに実演してくださいました。

メイク2 (640x424).jpg       

 

メイク (640x425).jpg

 

 この貴重な機会に、学生からは、「なぜメイクアップアーティストになろうと思ったのですか?」「メイクのインスピレーションはどこから得るのですか?」といった質問があり、ライラさんは「クリエイティブな仕事がしたくて、メイクアップアーティストになりました。インスピレーションはゴッホやピカソのような偉大なアーティストたちから受けることもあるし、新人アーティストから受けることもあります。ジャンルを問わず、アンテナを張っておくことが大切です」とアドバイスがありました。

メイク3 (640x425).jpg       

 

メイク4 (640x425).jpg

 プロのメイク技術を目の当たりにできたことは、学生たちの大きな財産になるでしょう。講師の皆様にあらためて感謝申し上げます!

初めまして!
簡単に自己紹介させていただきます。
blogを書かせていただくことになりましたS.Hです!

私は中学生の頃から吹奏楽部に所属していたこともあり音楽を聴くこと、
楽器を演奏することが大好きです(*^_^*)
 
最近は寒い日が続くので、毎朝起きるのがつらいです(:_;)
去年の今頃はまだ受験生だったことが信じられないくらい
今年1年あっという間でした(*_*)
 
最初の頃は友達がなかなか出来ず不安ばかりでしたが、
今では毎日一緒に楽しく過ごせる友達がいます。
そんなみんなのおかげで毎日が充実しているからこそ
早く感じた1年だったのではと思います!

いつも一緒にいるメンバーとは先週の水曜日に
お寿司を食べに行きました!
年末には忘年会をするので、とても楽しみです!
 
ただ、やっぱり学生の本業は勉強なので
約2ヶ月前に始めたアルバイトも忙しいですが、
留学に行けるようにするためにももっともっと
頑張らないといけないと思っています(/_;)

最近は、洋楽が好きなのでいろんな曲を聴いたり、
洋画を字幕にして観るなど自分の好きなスタイルで
少しでも英語を耳に入れるようにしています!

初めて書いたblogだったので上手くまとめきれていませんが
少しでも楽しいblogになるようにしていきたいと思います!
 
みなさん、風邪をひかないように気を付けてください!
写真は大学内のクリスマスツリーです(*^^)v

==============

■先生のひとこと

最近めっきり寒くなりましたね。S.Hさんはまだ1回生ですが、これからどんどん大きく成長する可能性を感じる学生さんのひとりです。ブログこれからよろしくお願いしますね。S.Hさんの写真のように、もうすぐクリスマス。学内は新校舎の工事も急ピッチで進んでいるようです。今月に入って就職活動も解禁になり、リクルートスーツの4回生の姿もよく見かけます。年末にかけてあわただしくなりそうです。


20131205.jpg
 

 健康栄養学科3回生15名が3つのグループに分かれ、地元東大阪市にある株式会社ジーエスフード様に新タイプのお酢飲料や紅茶飲料を企画提案するという、プロジェクト型インターンシップの成果発表会が11月7日に開催されました。

2013-11-07 17.01.38 (640x427).jpg

 報告会では約半年間におよんだインターンシップ活動の成果を、A・B・Cの各チームが発表。結果、Aチームが提案したライチ果汁入りのお酢飲料が、ジーエスフード様から商品化していただけることになりました。Bチーム提案のオレンジジンジャー味のお酢飲料、優秀賞を受賞したCチーム提案の梅味の紅茶飲料も、「これまでになかった風味で味も良い」などと好評であり、審査にあたったジーエスフード様の副社長はじめ従業員の皆さまも、商品化を最後まで悩まれた、とのこと。

2013-11-07 16.47.47 (640x427).jpg

 どのチームの作品も、学内外でのアンケート調査をもとに、「より多くの人に飲んでいただけるものを作りたい」と、成分の配合などを精査し、試作品制作・試飲を繰り返して完成にこぎつけた、学生ひとりひとりの思いがこめられたものです。

2013-11-07 16.28.35 (640x427).jpg

 Aチームが提案したライチ果汁入りのお酢飲料は、「プティパ(※仏語で小さな一歩)」もしくは「リッチ(※仏語のライチと英語のリッチを掛け合わせた造語)」という商品名で、業務用専門店に向けた販売は決定していますが、スーパーなど一般小売店に向けた販売促進にも積極的に取り組んでいただく予定です。

2013-11-07 17.30.59 (640x427).jpg

 審査委員長を務めていただいたジーエスフード取締役統括本部長の岡田様からは、「今回の経験は社会に出てから大いに役立つでしょう。私たちにとっても非常にいい勉強になりました」という有難い総括をいただきました。

2013-11-07 18.02.47 (427x640).jpg

 学生たちも今回のインターンシップを通して、「ひとつの商品を作り販売するまでの難しさ」、「自分の考えを主張すること」「仲間と協力することの大切さ」などを学んだといい、「自分たちのやる気次第で、可能性はいくらでもひろがることがよくわかった」と充実していた活動を振り返っていました。

2013-11-07 18.34.08 (640x427).jpg

学生をご指導いただきましたジーエスフード様、本当に有難うございました!

 本学の心理学部が主催する公開講座「心理学の現場」が、高校生や一般の皆さんに向けて開講中(※一部講座を除く)で、好評を博しています。この講座には、大学や大学院で心理学を学び、卒業後各分野の第一線で活躍されている方々をゲストスピーカーとしてお招きし、それぞれの分野で心理学がどのように活用されているのか?具体的な事例を交えてわかりやすくお話しいただいています。

 今後、このブログではそのなかからいくつかの講義の模様を紹介していきます。

 

2013-10-30 16.52.50 (640x427).jpg

 

 10月30日の講義では、フラワー・サイコロジストとしてご活躍中の浜崎英子さんをお招きし、「花のある暮らしを取り入れ、心豊かに生きるーフラワー・サイコロジーー花と人とのかかわりー」をテーマにお話をいただきました。いけばな療法と呼ばれる花を使ったセラピーの効果や花を取り入れた暮らしの提案など、浜崎さんの実際の取組みに基づいたお話の数々は説得力があり、とても興味深いものでした。講義中にはいけばな体験も行なわれ、聴衆は完成した作品を鑑賞しながら思い思いに感想を述べていました。

 

2013-10-30 15.44.53 (640x427).jpg    2013-10-30 15.46.14 (640x427).jpg

 

 心理学の学びは人が関わるところすべてにおいて活躍します。臨床、福祉、教育、製品開発、人事、犯罪捜査などさまざまな分野の専門家のお話から、心理学が社会で果たしている役割を知っていただければと思います。


 心理学部への進学を検討されている高校生の皆さん、大学・大学院で心理学を学ばれている皆さん、心理学に興味があるすべての皆さんに、この公開講座はおすすめです!

11月30(日)14:00~16:30に、「保幼小の連携の可能性を探る」というテーマで、児童学部子ども研究所シンポジウムが学生、教員、一般希望者を対象に開催されました。

 

第1部は、神長美津子先生(國學院大学教授)による基調講演「幼児期から児童期への発達と教育」が行われ、

第2部は、講演者の先生方と本学教員、学生による討論が行われました。

 

↓学生さんは、基調講演者のお話を熱心に聴いていました↓

kodomokenkyu2.jpg

 

↓シンポジウムでは本学教員も加わった討論となりました↓

kodomokenkyu1.jpg

 

kodomokenkyu3.jpg

ここ数日の間でいっきに気温が下がりましたね。
風邪をひいたりはしていないでしょうか?
 
12月に入り、ついに3回生の就職活動が始まりました。
3回生の学生の間には、いよいよ始まったんだ…という緊張感のような雰囲気がただよっています。
 
そんな中、開始に先立ち今年もゼミの時間にキャリアセンターの方に来てもらって、就職活動についてお話をうかがいました。
LPblog_201311kyariazemi1.jpg
 
当日はすでに内定をもらっている4回生の先輩も、自分の経験を話しに来てくれました。
先輩が実際に使っていたテキストや、行動スケジュールを見せてもらうと、みんな興味深々です。
 
LPblog_201311kyariazemi2.jpg
 
その後もキャリアセンターの職員さんから、就活をするうえで押さえておくべきポイントや、注意しなければならないことを丁寧に教えてもらいました。
 
LPblog_201311kyariazemi3.jpg
 
必死にメモをする学生さん。
今回の経験を活用して就活頑張ってください!
 
==============

ライフプランニング学科の最新記事から過去の記事までを一気にチェック!

★ライフプランニング学科のブログ記事一覧★

↑ クリックしてね! ↑

 11月27日(水)4限の「出版編集論」にゲスト講師として、雑誌『上方芸能』編集長の広瀬依子先生をお迎えしました。この授業ではこれまで、校正実務やインタビュー取材、単行本の定価別企画立案などを行ってきましたが、次に雑誌の特集企画書を作成するのに先立ち、実際に雑誌編集に携わっておられる方にお越しいただきしました。

 先生から編集という仕事は一見華やかに見えるかも知れないが、それはあくまで一面で、実は地道な作業の積み重ねであることや、執筆者や取材相手とは確認、連絡をこまめに行うこと、依頼状やお礼状を書く際の手書きの大切さ、といった編集者の心得など、長年の経験に基くお話をお聞きして、学生たちは熱心に耳を傾けていました。

 さまざまな人との出会いで自分も成長できること、現場が何より勉強になることなど、編集だけでなく、どんな職業についても役立ちそうな、社会人としての在り方にもヒントを与えてくださる授業内容でした。

IMGP1892広瀬.jpg

IMGP1895広瀬.jpg

 

先日、芸術表現コースで工場見学に行きました!!

その時の様子を少しご紹介します。↓↓

___________________

 

平成25年11月16日、午後、児童学部児童学科芸術表現コースの学生・教員で、大阪環境局舞洲工場見学に行きました!!

 

オーストリアのフンデルトヴァッサー氏によってデザインされた芸術的な外観、先進的な技術が用いられた工場施設、そしてエコロジーとがうまく調和したその大きさに、みんな感心しました。

 

↓工場見学スタート↓

まずは、環境局の方が丁寧でユニークな説明をして下さいました。

*お話を聞く様子↓

ensoku8.jpg

 

*舞洲工場の模型↓

ensoku1.jpg

 

施設内の光の里というコーナーでは、人力で証明を点灯させる体験もしました。

*証明を点灯させて喜ぶ学生さん↓

ensoku3.jpg

 

舞洲工場の庭園から見た施設外観です。↓

オーストリアのフンデルトヴァッサー氏がデザインをされました。

ensoku4.jpg

ensoku6.jpg

まるでテーマパークの一部の様な外観でした。

また、舞洲工場の庭園からは向かい側にあるスラッジセンターの建物が見えました。

ensoku7.jpg

 

最後には工場の庭園で記念撮影をしました。

ensoku5.jpg

 

普段なかなか出来ない体験が出来、またお話を聞くことが出来、貴重な時間を過ごす事が出来ました!!

 

 

 


Loading Calendar...

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録


 学科ニュース

各学科に関する最新ニュースやお知らせなどを配信していきます。