創作表現コース2回生の学生4人(廣岡桜さん、中内あゆさん、田中文乃さん、高橋礼奈さん)が、大阪の歴史、文化、産業を紹介する郷土研究誌「大阪春秋」新年号に、東大阪に関する記事を書かせていただきました!

 

SKMBT_C45214020510160 (283x400).jpg

 

きっかけは、その号で本学の地元・東大阪の特集をすることになり、同誌の編集部から本学・国際英語学科の佐久間貴士教授に一緒に記事をつくりませんか?というお話をいただいたことです。そこで佐久間教授から学生たちに「こんな依頼があるけどやってみる?」と話があり、学生は「やります!」と即答。

 

でも実は4人とも東大阪市外から通っている学生で、東大阪とは本学に入学してから縁ができた人ばかり。そんな4人が東大阪について詳しく調べ、記事を書くことになりました。その時の気持ちを、学生のひとり廣岡桜さんは「自分の書いた文章が世の中に出る!たくさんの人に読んでもらえる!と思うと、一生懸命がんばらないと、と気持ちが引き締まりました」と言います。

 

2014-01-28 11.23.49 (400x300).jpg

 

記事のテーマは、「学生ならではの視点でまちの魅力を紹介すること」でした。

同じく地元にある大阪商業大学の学生さんとも連携し、東大阪の各地域を分担して取材をすることに。

 

本学の4人は、本学がある小阪周辺をはじめ、石切・瓢箪山・岩田の各地域を担当し、実際に現地を探ね地元の方々にインタビューし、名所や歴史を原稿にまとめました。

 

これが実際の記事です。→ 地域探訪ー学生が見た東大阪ー.pdf

                  地域探訪ー学生が見た東大阪ー2.pdf

 

記事の内容は、「ガイドブックに載っているような情報はイラナイ、自分たちが見つけてきた情報を載せたい!」と、学生それぞれが取材し、走り回って集めてきたものばかり。

たとえば石切の記事は、有名な石切神社を取り上げながらも、その参道にある「石切つけもの横丁」という、つけものの作り方を教える教室やいろんなお店が並んでいる横丁にスポットをあてています。石切神社は知っていても、このつけもの横丁を知っているという人は少ないんじゃないでしょうか?

学生のみなさんが、「レポート記事なので、大人が読んでも子どもが読んでもわかりやすい表現にしたかった」と言うとおり、文章は読みやすくまとめてあります。

 

もちろん記事が完成するまでには、何回も何回も原稿を書き直し、書き直した原稿もまた編集部にダメ出しされ・・・、という苦労がありました。でも学生のみなさんは大学の演習授業で、ふだんから小説など文章を書く訓練をしています。レポート記事と小説では表現方法は違いますが、授業での経験があったからこそ、めげずにがんばれたと口をそろえます。

 

昨年の夏休みに依頼があり、取材をして原稿を書き、今年1月に本が無事に発行されるまで、約5ヶ月。「ひとつの仕事がカタチになり世の中に出るのって、本当に大変でスゴイことなんだなあ」と廣岡さん。創作表現コースの学生は、文章で表現したり、本に関係する仕事をめざしている人が多いですが、今回の経験は大きな財産になりそうです。

 

 「大阪春秋」編集部のみなさま、学生のみなさん、

すばらしい記事を有難うございました!

 

ちなみに、今回の「大阪春秋」には、本学のキャンパスにあり長い歴史を持つ建物「記念館」について詳しく紹介した記事や、国文学科の森西真弓教授が書いた演劇に関するエッセイ、佐久間教授が元OSK日本歌劇団のトップスターにインタビューした記事も掲載されています。

高校生のみなさんも、機会があればぜひお手にとってみてください。

2月12日、健康栄養学科スクーリングが始まりました。

健康栄養学科では、合格者で希望する人を対象に、高校「化学」「生物」を学習する機会を提供しています。

週1回(原則火曜日)10時~15時(昼休み1時間)、6回にわたり、高校「化学」「生物」の中から、大学入学後に必要な部分を中心に勉強していきます。

13-17photo51.jpg  13-17photo1.jpg

 

第1回の授業後に、食堂で交流会を開催しました。福井県あわら市、兵庫県加東市や徳島市からも参加者があり、総勢68名が集まりました。

13-17photo2.jpg 13-17photo3.jpg 13-17photo4.jpg

はじめは、みんな少し緊張気味でしたが、だんだん話が盛り上がっている様子でした。

これから4年間、がんばってください。

 

 

ライフプランニング学科2回生の必修科目「ライフプランニング演習B」の最後の授業で就職活動に向けてのマナー講座を行いました。現役で秘書検定の面接官を務めている兒島先生の指導のもと、今まで知らなかったマナーを徹底的に学びました!

当日はこのマナー講座のため、ほとんどの学生がスーツを着てきました。
スーツ姿にも気を付けなければならない項目がいくつかあり、兒島先生オリジナルのチェックリストを見ながら、隣の友だちと確認し合いました。
 
LPblog_201401mannerkouza_1.jpg
「ここなおした方がいいよ~」。友達だからできるアドバイスです^^
 
スーツ姿がキマったら、次は美しいお辞儀を学びます。お辞儀は「会釈」「敬礼」「最敬礼」の3種類に分けられています。挨拶をする場面や相手によって、適したお辞儀を使い分けることがポイントです。
今まではあまり気にせずにお辞儀をしていましたが、首だけが曲がってしまったり、角度が違っていたり、意外にも苦戦する学生が続出しました。
 
LPblog_201401mannerkouza_2.jpg
プロの目からしっかりチェックしてもらい、美しくお辞儀ができるようになりました!
 
夏のオープンキャンパスでも活躍した「どこでもドア」を使って、面接室への入退室のシミュレーションをしました。本番さながらの練習のために緊張してしまい、自己紹介すらもぎこちないものになってしまいました。
先生からは、面接で心掛けておくことや受け答えのコツなどを教えてもらったので、本番ではうまくできるはずです!
 
LPblog_201401mannerkouza_3.jpg
学んだばかりのお辞儀をして入室します。ここでは「会釈」を使う?それとも「敬礼」?
 
LPblog_201401mannerkouza_4.jpg
ハキハキと笑顔で自己紹介をしましょう!「大阪樟蔭女子大学学芸学部ライフプランニング学科」・・・。こうしてみると長い名前ですが、落ち着いてゆっくりと区切って自己紹介することが大事です。
 
この講座を受講した学生からは
「初めて知ることばかりでした。来年からの就職活動に活かしたいと思います。」
「普段から振る舞いや言葉遣いに気をつけて身に付けないと本番でうまく話せないと思いました。」
「マナーや身だしなみがキレイな人を見ると、女子力高いな~と思ってはいても、どこか他人事でした。でもマナー講座を受けて、そのような女性になりたいと思うようになりました!」
「とにかく楽しかったです!毎週マナー講座を受けたいです。」
などといった感想がありました。
 
講座終了後、学科の事務センターを訪れた学生たちの振る舞いが変わっていたのは、言うまでもありません^^
マナー講座の効果ばつぐんです!
 
感想にもあるとおり、普段から振る舞いを意識して、自然な態度で面接などにのぞめることを期待しています!
 

==============

ライフプランニング学科の最新記事から過去の記事までを一気にチェック!

★ライフプランニング学科のブログ記事一覧★

↑ クリックしてね! ↑

1月22日(水)、健康栄養学科管理栄養士専攻2回生の「食品プロセス学実験A」で、株式会社スギヨ研究開発部の若林雅行博士による特別実習がありました。水産練り製品の代表である板付け蒲鉾を実習しました。

加工1.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

まず、魚肉練り製品の定義、歴史、種類、分類などの話を最初にしていただき、実習の蒲鉾の製造工程の説明を受けました。そして実習上の注意点を示していただき、さっそく実習に取りかかりました。

加工2.jpg

今回の実習では最高級のすけとうだらのすり身を用意していただき、食塩など調味料を順次添加して塩すり身の調製をしました。機械ではなくすり鉢とすりこぎですり身を調製するので、腕力も必要で大変でした。特に、食塩を入れると粘りが生じ、また、みりんや卵白を入れるとバラバラな状態になるのでひとまとまりにするのに苦労しましたが、若林さんが順次手ほどきをしていただき、何とか均一な塩ずり身が出来上がりました。

 加工3.jpg

加工4.jpg

次の塩ずり身を板に乗せる作業も結構大変でしたが、まず若林さんのデモンストレーションを見せていただき、見よう見まねで何とか形づくりをしました。その後、蒸して出来上がりです。蒸したての蒲鉾はふだん食べているのとは違い、甘味など強く感じてとても美味しかったです。

 

実習の最後には、質疑応答の時間となり、「キティちゃんなどの絵柄の蒲鉾はどのようにしてつくられるのか?」「企業での栄養士や管理栄養士の仕事はどのようなものがあるのか?」などの質問に対しても丁寧にお答えいただきました。

 

そして、特定保健用食品(トクホ)のカニカマと栄養機能食品であるちくわもお土産でいただき大満足な実習でした。

 

加工5.jpg

株式会社スギヨの若林さん、大変興味深い実習、ありがとうございました。 

 

*健康栄養学科では、このように最前線で食に関わる方々をお呼びし、実際の現場でのお話をいただき、食品企業などの現状や物の考え方、社会に出る際の心構えなどを考えるきっかけをもつようにしています。

 

 

 

みなさんは、アニメや映画がサブカルチャーと呼ばれるジャンルなのを知っていますか?国文学科では制作者の目線からサブカルチャーをとらえ、仕事としてのサブカルチャーを学ぶ授業をしています。

ある日の授業では、パソコンを使って女性のイラストに色をつけました。

2013-11-25 14.20.12 (400x267).jpg      2013-11-25 13.17.40 (400x267).jpg

この日学んだポイントは、アニメのキャラクターは、「髪や服装の色が赤い人は情熱の人、青い人は冷静な人」というように、色によって性格や特徴が決められること、瞳の中のハイライト(白い光)の置き方で表情がポジティブに見えたりネガティブに見えたりする効果があること。

2013-11-25 13.27.34 (400x267).jpg

こういうことは、制作者の目線を持っていないと気づきません。

でも将来、サブカルチャーの世界で仕事をしたいという人なら、

絶対に必要な目線ですよね。

この授業ではそういうプロの目線を学んでいきます。

2013-11-25 13.13.11 (296x400).jpg

それにプロの現場でも使われているイラストレーターやフォトショップというソフトを使い、デザインの基礎やイラストの描き方を学んだり、あこがれの業界の就職に向けて、ポートフォリオ(作品集)の作り方なども学びます。

スキルはもちろん、プロの意識を学んで成長できるのが、この授業です。

みなさんは「心理学」はどういう分野で活用されていると思われますか?

実は、人が関わるところすべてにおいて活用されているのが心理学です。

 

では、各分野で心理学がどういうふうに活用されているのか、を紹介している授業が心理学部主催の公開講座「心理学の現場」です。

臨床、福祉、教育、製品開発、人事、犯罪捜査など、各分野の第一線で活躍中の専門家の方々に、毎回わかりやすい講義を提供していただいています。

 

1月15日の講義では、独立行政法人産業技術総合研究所・主任研究員の渡邊洋先生に、「安全快適な3D映像のための視覚の心理」をテーマにお話をいただきました。

2014-01-15 15.37.55 (400x312).jpg

3Dというと3D映画のような映像のことを、思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?

実は私たちが見ている日常の世界も、目の段階では写真みたいに2次元の世界になっていて、それを脳が3次元に置き換えているのですよ。つまり3Dの世界は脳が作っているのです。

講義では、こんな脳の働きが起こす視覚の変化や錯覚を、写真やイラストを使って、具体例をあげてやさしく説明していただきました。

2014-01-15 15.38.21 (400x280).jpg

渡邊先生、貴重なお話を有難うございました。

 

各分野の専門家の貴重なお話が聞ける、この公開講座。

今年度の公開講座はすべて終了しましたが、毎年秋から冬にかけて開催予定です。


 心理学部への進学を検討されている高校生のみなさん、大学・大学院で心理学を学ばれているみなさん、心理学に興味があるすべてのみなさんに、おすすめです!

1月26日(日)にFP技能検定が行われました。FPについて調べようと思い、インターネットでニュースを見ていた時にこんな記事を見つけました!
 
取っておくと武器になりそうな資格
 
ファイナンシャル・プランナー(FP)が1位!
(大手通信資格講座運営会社調べ)
 
20代から40代の男女約1000名から「2014年に取っておくと武器になりそうな資格」として1位に選ばれ、また男女別の「今年実際に取りたい資格ランキング」の女性部門で1位になっています!(男性部門でも2位に選ばれています)
 
LPblog_fpkyouzai201207.jpg
 
なぜ、今FPなのか!?
2014年に起こることで世間が1番注目していることと言えば、やはり消費税アップだそうです。
消費税アップの影響を受けて、今年は「給料は増えないけど支出は増える…」→「節約をがんばる!」傾向があるとのこと。
でも急に節約しようと思っても何から始めればいいのか・・・。外食を控える?オシャレをガマンする?保険を見直す??
 
こんな時に役立つのがFPの資格です。
FPは、貯金や税金・保険などについてあらゆる知識をもってアドバイスをおこなうことができる専門家の国家資格です。知っていて損な内容は一つもありません!もちろん他の人だけではなく、自分にアドバイスすることもできますよね^^
最近テレビCMなどでよく聞く「NISA(ニーサ)」にも関係しています。
 
ライフプランニング学科はFP資格取得をサポートしています!
ライフプランニング学科の学生も日曜日に行われたFP技能検定を受検しました!
今回はすでに3級に合格した1回生が2級の実技試験を受けました。(FP技能検定は、学科試験と実技試験の両方に合格してはじめて「級取得」となります。)
検定に向けて勉強をがんばっている姿を見てきたので、きっと合格できていると信じています^^
 
LPblog_201308FPB&OCyokoku_3.jpg
↑2013年夏に行われた、FP集中特訓の様子です。
 
ライフプランニング学科には、FP資格を持つ在学生が多数います。
勉強内容や試験についてオープンキャンパスなどの機会にぜひライフプランニング学科の学生に尋ねてみてください^^
 

==============

ライフプランニング学科の最新記事から過去の記事までを一気にチェック!

★ライフプランニング学科のブログ記事一覧★

↑ クリックしてね! ↑

 

高校生のみなさんもご存知かと思いますが、学校の先生になるためには採用試験に合格しないといけません。

国文学科は先生をめざしている3回生を対象に、昨年12月から今年1月にかけ計4回「教員採用試験対策講座」を開催しました。

この講座は、過去の試験問題をもとに「ココが大切!」という試験のポイントを、先生がわかりやすく解説してくれるものです。

 

1 (400x300).jpg   2 (400x300).jpg

 

 

ちなみに採用試験は全国一律の内容ではなく、受験する自治体や、中学教員か高校教員かによって問題や出題傾向も異なるんですよ。

講義ではそのあたりの特徴についても詳しく説明がありました。

 

3 (300x400).jpg   4 (400x300).jpg

 

 

「受験したい地域の出題傾向をもっと分析しようと思った」

「先生の解説が具体的でわかりやすかった」

などと、受講したみなさんはそれぞれ手応えを感じていたようでした。

 

学生のみなさんが万全の状態で試験に臨めるよう、春休みには小論文や面接対策の講座も開催予定です。がんばってくださいね!

SACの土橋です! こんにちは。
SAC(セルフアクセス・センター)では、
季節ごとに様々なイベントを開催しています。

12月のクリスマス・イベントは、
Tony Minotti先生(国際英語学科)が担当されました。
Tony先生がクリスマスのイメージについて質問すると、
参加者から、「クリスマスツリー」「トナカイ」「サンタクロース」
「クリスマスケーキ」「チキン」などの答えが出ました。
その中には先生が驚く回答があり、日本のクリスマスと
外国のクリスマスは違うことがわかりました。

年が明けて、1月15日(水)の昼休みには、
恒例の「英語ことわざカルタ大会」を開催しました。
小森道彦先生(国際英語学科)が担当されました。

日本語にことわざがあるように、英語にもことわざがあります。
日本語と同じようなものもあるし、学生さんの知らないことわざもあります。
まず先生から分かりやすい解説があり、
皆さんがことわざを覚えたところで、本番です。

先生が日本語のことわざを読み上げ、
学生さんが英語のカルタをとる、という形式で行いました。
事前に先生からの解説があったおかげで、
参加者は素早く「はい!」とカルタをとりました。

SACは、全学科の英語に関心のある
学生の皆さんのための学習スペースです。
国際英語学科の学生の皆さんだけでなく、
他学科の学生の皆さんも、ぜひSACをご利用ください!

20140129.jpg
 

20140129 2.jpg
 

S.Hです!お久しぶりです!
あけましておめでとうございます(^O^)
 
毎日手足が冷たくて凍えそうなくらい
寒い日が続いていますが皆さん元気でしょうか?
 
さて、もうすぐ春休みですね!
私は高校時代の友達と東京ディズニーランド®へ行くことと
高校の定期演奏会にOGとして参加することを楽しみに
残りの授業やテストを乗り越えていきます(>_<)♪
 
春休みは長いので、TOEIC®に挑戦しようと思っています。
本屋さんなどで色々な問題集を見ていたのですが、
やっぱり難しそうなイメージが強くて不安もありますが
多く問題を解くなどをして1点でも高い点数を目指したいです!
 
話は変わりますが、13日に高校の時の友達と新年会をしました。
友達のマンションのパーティールームを借りて
11人でお菓子を食べたり話をして盛り上がりました(*^_^*)・
高校3年間の多くの時間を共に過ごしたので
卒業して初めて会う人も何人かいましたが
一緒にいると時間を忘れるほど楽しかったです!
一緒にいて落ち着く子たちばかりなので
これから何年経っても大切にしていきたいなあと
改めて感じた新年会でした。
 
写真は友達のマンションのパーティールームの外の様子です
なんとなく綺麗だったので撮ってみました(^_-)-☆
 
最近は雪も降るなどの寒さなので
みなさんくれぐれも風邪には気を付けて
あと少し頑張っていきましょう!

20140123 1.jpg



 


Loading Calendar...

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録


 学科ニュース

各学科に関する最新ニュースやお知らせなどを配信していきます。