心理学といえば、対象とするのは人のこころ。こころは目に見えないし、手に取ることもできません。一体どうやって調べれば良いのでしょうか。こころそのものは目に見えなくても、言葉や表情、行動や生理的な反応として表れます。こういった反応を手掛かりにして、こころの仕組みを客観的に探る方法の一つが「実験」です。

 

 本学の「実験」の授業では、10名前後の少人数クラスに分かれて受けてもらいますが、初回は全員に集まってもらいガイダンスを行いました。

experiment1.jpg

experiment2.jpg

↑「実験」の授業担当教員代表の辻先生。目の錯覚という現象は、ちょうど大学生位の年齢で最も大きく表れる(だまされやすい)、ということをグラフで解説しています。こういうことを調べる場合も、実験という手法が用いられるわけです。

 

 さて、心理学系の学科やコースのある大学にはたいてい、この「実験」の授業があります。樟蔭にももちろんあるのですが、特徴的なのは、この科目が1回生配当だということです(一般的には2回生配当科目)。 

 

 樟蔭に心理学科(現・心理学部)が誕生したのは、今から13年前の2001年。当時、心理学科(現・心理学部)設立に向けて尽力された故・北田隆教授は、基礎系の心理学(実験を含む)と臨床心理学(カウンセリングなど)をバランスよく学べるようにと、様々な工夫を凝らしてくださいました。臨床のことがわかっていない「基礎屋さん」、基礎がわかっていない「臨床屋さん」を社会に輩出したくないという強い思いを持っておられたからです。こうして、心理学の基礎である実験と統計を1回生のうちから全員に経験させ、2回生以降で応用分野をしっかり学ばせるという、現在の樟蔭心理スタイルが確立しました。

 

 次年度、心理学部は学芸学部心理学科となりますが、もちろんこの基本理念は維持されます。また、心理学は多くの学問分野とも関連する学問であるため、学芸学部に位置することで学びの幅がさらに広がります。どうぞご期待下さい!

 

(心理学科 佐久田祐子)

 

 

 

 

 

華道の授業が今年もスタートしました。
授業名は「比較文化実習」です。

英語が話される地域の文化を勉強することはとても大切。その一方で、私たちが暮らす日本の文化を知って、それを世界に発信することも同じくらい大切です。

1回生は生け花。英語を使って日本文化を説明する2回生の授業につながります。

20140425 2.jpg


 

1年前に臨床心理学科を卒業した元ゼミ生のMさんが、精神保健福祉士の国家試験に合格したことを報告しに、大学に来てくれました。

Mさん.jpg

 

昨年の試験では惜しくも不合格だったのですが、精神医療センターの仕事に就いて働きながら、週末に大学の図書館に来て勉強し、今年は大幅に基準点を上回って合格したそうです。

 

食堂で楽しくランチをとりながら、色々な話を聞かせてくれました。仕事については、医療現場で患者さんたちに対して精神的な配慮をどんな風にすればいいだろう、と日々考えながら過ごしていることを語ってくれて、模索しながら経験を豊かに積み重ねている様子がうかがえました。

 

「1年ぶりにキャンパスに来たのに、昨日まで通学していたみたいに感じます!」と言ってくれたMさん。4年間の大学生活が、とてもその身に馴染んでいたんだなあ、としみじみ思いました。また是非遊びに来て欲しいものです!

 

(臨床心理学科 奥田亮)

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 

過去の卒業生紹介記事もぜひチェックして下さい!

その1

その2

その3

その4

その5

その6

その7

その8

その9

 

4月19日(土)午後、病院実習報告会が円形ホールで開かれました。

臨床栄養学実習C(学外)の授業名で、4回生の34グループから報告がありました。

14-04photo1.jpg

この報告会では、実習した4回生とともに、来年実習に行く3回生も参加します。

全員が一同に会し発表することで、実習できなかった内容についても体験を共有することができます。また、3回生は、来年の実習に向けて、普段の勉強がどのように生かされるのか、どのような勉強の仕方をしなければならないのか、目標を持ってもらうことができます。

14-04photo2.jpg 14-04photo3.jpg

各グループからは、実習報告書(右写真)に基づいて、実習施設の特徴、実習内容(特に印象に残ったこと)、実習に向けて勉強しておくべきこと、来年実習へ行く3回生へのメッセージが発表されました。

さすが4回生の発表です。時間内に要領よくまとめられていて、すばらしかったです。

また、多くのグループから、「わからないことは、積極的に質問しましょう」、「病院の先生方はお忙しい中、時間を割いて指導いただいているので、感謝の気持ちを忘れずに実習に取り組みましょう」との意見が聞かれました。

感謝の気持ちを忘れずに、積極的に実習に参加することが大切ですね。実習先の先生方に感謝するとともに、ご指導されている山東先生、井尻先生、お疲れ様でした!

 

高校生のみなさん、こんにちは! 国際英語学科長の安藤です。

英語の勉強、進んでいますか?
国際英語学科では、新しく入学されるみなさんに
理想的な英語学習環境を用意しています。4つの特徴を聞いて下さい。

①ヨーロッパ共通言語基準表(CEFR)にもとづいた授業内容で、英語が基礎からきちんと身につきます。

②ネイティブスピーカーの専任教員による、英語を「使いながら学ぶ」とても楽しい授業がたくさんあります(1週間で540分)。さらに、2回生秋にはアメリカ、ニュージーランドへの4ヶ月留学にチャレンジ。英語力がグンとアップします。

③3回生からは、観光など企業で英語を使って働きたい人のための「グローバルコミュニケーションコース」、英語教員・日本語教員(外国人に日本語を教えます)になりたい人のための「言語教育実践コース」に分かれます。もちろん、TOEIC(R)・英検など、就職直結の検定対策にも力を入れています。

④授業外に利用できる「英語教育センター(ELTC)」も、今夏リニューアルします。TOEIC満点の、とても楽しいネイティブスピーカーといつでも英会話ができます。映画のDVDなど楽しく英語を勉強できる教材も充実しています。

教員・アシスタント・スタッフ一同、楽しみながら英語力を伸ばす、ひとりひとりを大切にする国際英語学科、オープンキャンパスでお会いできるのを楽しみにしています。

校長先生はじめ、教科、進路についてご指導の先生方、平素は本学、本学科の教育活動にご理解、ご支援をいただきありがとうございます。生徒のみなさんにメッセージを送らせていただきました。本学科の授業体験や学科説明会の開催、また、出張講座のご依頼など、何かございましたら、ご連絡くださいますようお願いいたします。
 
大阪樟蔭女子大学 国際英語学科
学科長 安藤公仁
E-mail:ando.kimihito@osaka-shoin.ac.jp

樟蔭学園 入試広報室
TEL:06-6723-8274(直通)
FAX:06-6723-8268
E-mail:koho@osaka-shoin.ac.jp

20140425 1.jpg


 

2015年4月

ライフプランニング学科

フードスタディコース を新設します!!

 

ライフプランニング学科は生活に関わる様々な知識や問題、解決方法について学び、「自分の人生を自分でデザインできる女性」を育てます。

このたび、従来のライフプランニング学科の学び(家計や家庭経営の知識など)をライフデザインコースに集約し、新たに食生活や食文化に特化したフードスタディコースを設けて、暮らしと社会に貢献できる人材を育成します。


<2015年4月からのライフプランニング学科>

家計を中心とした生活設計のプロをめざすライフデザインコース

食分野で活躍できるプロをめざすフードスタディコース

新たな内容でさらにライフプランニング学科の学びが充実します!

 

オープンキャンパスでの初お披露目。たくさんの方に興味を持って頂きました!

LPblog_201404oc_1.JPG

ブースには新しいコースの説明パネルがいっぱい!受験生だけでなく、ご家族も多数ご来場くださいました。

 

LPblog_201404oc_2.JPG

個別相談では先輩が直接アドバイス。学びのこと、大学生活のことなど…じっくり楽しくお話していました^^

 

LPblog_201404oc_3.JPG

学生制作の案内パネル。写真のコラージュやちょっとした仕掛けなどがいっぱい。学生目線でのライフプランニング学科がよくわかります。

 

ご案内やパンフレットも随時リリース予定です!

新しいライフプランニング学科にご期待ください!

==============

【LP】とは…ライフプランニング学科の頭文字です!覚えて下さいね!

ライフプランニング学科の最新記事から過去の記事までを一気にチェック!

★ライフプランニング学科のブログ記事一覧★

↑ クリックしてね! ↑

被服学科では2014年4月16日(水)、「ハレの一日」をテーマとし、ウエディング会場「アートグレイス・ウエディングコースト」(大阪市内)にて、新入生学外オリエンテーションを行いました。
盛りだくさんな内容なので、2回に分けてご報告します。

gakuori1-1.jpg        gakuori1-2.jpg

新入生は各自、テーマにふさわしい衣装で集合。
まずはチャペルを見学しました。

 

そこでいきなりのサプライズ!
牧師・聖歌隊とともに新郎新婦の入場です!!
大きな歓声があがり、本格的な模擬挙式に新入生はうっとり…

gakuori1-3.jpg

 

きれいな花嫁さんとチャーミングな花婿さんに大絶賛!
実は、両名とも被服学科化粧文化コースの上級生がモデルをつとめました。

gakuori1-4.jpg   gakuori1-5.jpg

 

チャペルの前で記念撮影!

gakuori1-6.jpg

 

バンケットへ移動し、新郎新婦を囲んで模擬披露宴がスタート。

gakuori1-7.jpg

 

各テーブルではピアカン(ピアカウンセラー=新入生のサポートを行う上級生)も混じり、なごやかな雰囲気で親交を深めました。被服学科らしく、今日の服装のポイントを自己紹介し、会場とテーマに合った素敵なコーディネートの学生を1名ずつ選出(後でベストドレッサー賞を決定します)。

gakuori1-8.jpg

 

そして、テーブルマナー講座も兼ねたランチタイム。
メニューは、「海の幸のマリアージュ アボガドのムースと彩り野菜 トマトのスープを添えて」「シャンピニョンドパリの軽いスープ フォアグラ風味のフランと共に」「デゥカを纏ったシャラン産鴨肉のロティー 黒胡椒のソース」など、オシャレで美味!

 

午前中は、おいしくて大満足な学生の笑顔でしめくくられました。
午後のプログラムの様子は、次回のブログでご報告します。更新をお楽しみに!

 

学外オリエンテーションで親睦を深めました!

4月16日に新入生の皆さんと4回生の先輩ピアカン(ピア・カウンセラー/同じ学生仲間としての支援者)と、健康栄養学科のすべてのスタッフで、「伊賀の里 モクモク手づくりファーム」に行ってきました。

朝、普段の授業よりも早かったにも関わらず、皆さん時間どおりに、食堂に集合されました。

1.jpg

ゼミごとに、バス5台に分かれて出発です。バスに乗り間違わないよう、4回生のピアカンさんが、各ゼミの旗をかかげて案内です。

2.jpg

現地に到着です。バスから降りて、ウインナーづくり体験に向かいました。

3.jpg

ゼミの仲間やピアカンの先輩、助手さん、先生たちと一緒に、ウインナーづくり体験にチャレンジしました。

4.jpg

5.jpg

上手に沢山作ることができました。ゆでたてをお味見し、お土産に持ち帰りました。

6.jpg

次は、昼食です。みんなでバーベキューを楽しみました。

みんなでお肉や野菜を焼きながら、ワイワイといただきました。

7.jpg

今回の学外オリエンテーション、入学式直後の学内オリエンテーションで、新入生をサポートされた4回生の先輩ピアカンの皆さんです。

8.jpg

新入生の皆さんからは、自分たちも4年生になった頃には、先輩のようになりたいという嬉しい感想も聞かれました!

国文学科キャラクター文芸コースは、プロの漫画家や編集者が講義し、

マンガ創作のノウハウや、アニメ、ゲーム、広告分野などの企画の立て方やビジネスへと広げていく方法を学べる、画期的なコースです。

 

学生のみなさんが授業で学んだ成果を1冊にまとめたのが、マンガ作品集「きゃら★パラ」。

最近も新刊があいついで発行されました。

 

これがそうです! ↓

 

kyarapara (281x400).jpg     SKMBT_C45214041816430 (282x400).jpg

   

 

ひとり16ページずつというルール以外、

4コママンガでもストーリーマンガでも、設定は自由。

バラエティ豊かな作品が揃っています。

 

毎年、2回生と3回生が1冊ずつ制作していて、

ちなみに2011年度入学生が制作したのは、「きゃら★パラTime」、「きゃら★パラTime2」

2012年度入学生が制作したのは、「きゃら★パラStart Up!」と、

それぞれ副題がついています。

 

今回初めて、「きゃら★パラtime」の制作に関わったという、

4回生の岩崎千容さん、船越美希さん、西川実亜さんに感想を聞きました。

 

kyaraparagakusei (400x300).jpg

 

「創作にかかった期間は約半年。キャラクターありきで考える人、ストーリーありきで考える人、

創作のタイプは色々ですけど、他の人の創作の方法は勉強になります。授業中もワイワイガヤガヤ、賑やかに意見交換していますよ」とのこと。

 

なるほど、どの作品にも学生の皆さんの個性があふれています。

ここから未来のマンガ家が生まれるかも!楽しみです。

 

この「きゃら★パラ」は、オープンキャンパスなどで、希望された高校生のみなさんに随時配布中。

ぜひ手にとってみてくださいね!

4月1日、2014年度の入学式が行われました!
 
入学式の前は緊張した様子でしたが、式後には全員でお互いの連絡先を交換していました!
さっそくLINEでライフプランニング学科1回生のグループを作ってくれた学生もいるようです。
 
4月5日には学内でオリエンテーションを行いました!午前中は時間割の組み方を教わりました。
履修相談の時間では、あらかじめ作ってきた時間割を先輩たちが丁寧に見てくれていました。先輩たちからアドバイスをもらって、時間割作成のコツをつかんだようです。
将来就きたい仕事から学びの領域を決める学生もいれば、幅広くいろんな科目を入れる学生もいて、それぞれの時間割ができ上がりました!
 
LPblog_201404orientation_2.jpg
↑2回生の先輩からのアドバイスをしっかり聞いています。
 
「1人で時間割を組んでいると本当に卒業できるか心配だった」という1回生がたくさんいましたが、アドバイスを聞いて、少しは自信を持てたようです。
今では授業も始まり、しっかり学んでいますよ^^
 
午後からは3チームに分かれて「わたしはどこ?」ゲームをしました。
キャンパスに貼ってあるキーワード15個を探し、それを並べ替えて、1番最初に正解したチームが優勝するというゲームです。
プリントに書かれたヒントをもとにキーワードを求めてキャンパスを探検しました。
チーム内で地図を見る係や記録係など、役割分担してうまく進めているチームもありました。
 
LPblog_201404orientation_1.jpg
キーワードはどこにあるんかなぁ…?
 
ちなみに優勝したチームにはもちろん、他のチームにも賞品が渡されました^^
もらった賞品、ぜひ活用してくださいね!
 
今回は学内オリエンテーションのお話でした。次回は大学の外で行ったオリエンテーションの様子をお伝えします^^
 

==============

ライフプランニング学科の最新記事から過去の記事までを一気にチェック!

★ライフプランニング学科のブログ記事一覧★

↑ クリックしてね! ↑


Loading Calendar...

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録


 学科ニュース

各学科に関する最新ニュースやお知らせなどを配信していきます。