高校生のみなさん、こんにちは! 国際英語学科長の安藤です。

英語の勉強、進んでいますか?
国際英語学科では、新しく入学されるみなさんに
理想的な英語学習環境を用意しています。4つの特徴を聞いて下さい。

①ヨーロッパ共通言語基準表(CEFR)にもとづいた授業内容で、英語が基礎からきちんと身につきます。

②ネイティブスピーカーの専任教員による、英語を「使いながら学ぶ」とても楽しい授業がたくさんあります(1週間で540分)。さらに、2回生秋にはアメリカ、ニュージーランドへの4ヶ月留学にチャレンジ。英語力がグンとアップします。

③3回生からは、観光など企業で英語を使って働きたい人のための「グローバルコミュニケーションコース」、英語教員・日本語教員(外国人に日本語を教えます)になりたい人のための「言語教育実践コース」に分かれます。もちろん、TOEIC(R)・英検など、就職直結の検定対策にも力を入れています。

④授業外に利用できる「英語教育センター(ELTC)」も、今夏リニューアルします。TOEIC満点の、とても楽しいネイティブスピーカーといつでも英会話ができます。映画のDVDなど楽しく英語を勉強できる教材も充実しています。

教員・アシスタント・スタッフ一同、楽しみながら英語力を伸ばす、ひとりひとりを大切にする国際英語学科、オープンキャンパスでお会いできるのを楽しみにしています。

校長先生はじめ、教科、進路についてご指導の先生方、平素は本学、本学科の教育活動にご理解、ご支援をいただきありがとうございます。生徒のみなさんにメッセージを送らせていただきました。本学科の授業体験や学科説明会の開催、また、出張講座のご依頼など、何かございましたら、ご連絡くださいますようお願いいたします。
 
大阪樟蔭女子大学 国際英語学科
学科長 安藤公仁
E-mail:ando.kimihito@osaka-shoin.ac.jp

樟蔭学園 入試広報室
TEL:06-6723-8274(直通)
FAX:06-6723-8268
E-mail:koho@osaka-shoin.ac.jp

20140425 1.jpg


 

2015年4月

ライフプランニング学科

フードスタディコース を新設します!!

 

ライフプランニング学科は生活に関わる様々な知識や問題、解決方法について学び、「自分の人生を自分でデザインできる女性」を育てます。

このたび、従来のライフプランニング学科の学び(家計や家庭経営の知識など)をライフデザインコースに集約し、新たに食生活や食文化に特化したフードスタディコースを設けて、暮らしと社会に貢献できる人材を育成します。


<2015年4月からのライフプランニング学科>

家計を中心とした生活設計のプロをめざすライフデザインコース

食分野で活躍できるプロをめざすフードスタディコース

新たな内容でさらにライフプランニング学科の学びが充実します!

 

オープンキャンパスでの初お披露目。たくさんの方に興味を持って頂きました!

LPblog_201404oc_1.JPG

ブースには新しいコースの説明パネルがいっぱい!受験生だけでなく、ご家族も多数ご来場くださいました。

 

LPblog_201404oc_2.JPG

個別相談では先輩が直接アドバイス。学びのこと、大学生活のことなど…じっくり楽しくお話していました^^

 

LPblog_201404oc_3.JPG

学生制作の案内パネル。写真のコラージュやちょっとした仕掛けなどがいっぱい。学生目線でのライフプランニング学科がよくわかります。

 

ご案内やパンフレットも随時リリース予定です!

新しいライフプランニング学科にご期待ください!

==============

【LP】とは…ライフプランニング学科の頭文字です!覚えて下さいね!

ライフプランニング学科の最新記事から過去の記事までを一気にチェック!

★ライフプランニング学科のブログ記事一覧★

↑ クリックしてね! ↑

被服学科では2014年4月16日(水)、「ハレの一日」をテーマとし、ウエディング会場「アートグレイス・ウエディングコースト」(大阪市内)にて、新入生学外オリエンテーションを行いました。
盛りだくさんな内容なので、2回に分けてご報告します。

gakuori1-1.jpg        gakuori1-2.jpg

新入生は各自、テーマにふさわしい衣装で集合。
まずはチャペルを見学しました。

 

そこでいきなりのサプライズ!
牧師・聖歌隊とともに新郎新婦の入場です!!
大きな歓声があがり、本格的な模擬挙式に新入生はうっとり…

gakuori1-3.jpg

 

きれいな花嫁さんとチャーミングな花婿さんに大絶賛!
実は、両名とも被服学科化粧文化コースの上級生がモデルをつとめました。

gakuori1-4.jpg   gakuori1-5.jpg

 

チャペルの前で記念撮影!

gakuori1-6.jpg

 

バンケットへ移動し、新郎新婦を囲んで模擬披露宴がスタート。

gakuori1-7.jpg

 

各テーブルではピアカン(ピアカウンセラー=新入生のサポートを行う上級生)も混じり、なごやかな雰囲気で親交を深めました。被服学科らしく、今日の服装のポイントを自己紹介し、会場とテーマに合った素敵なコーディネートの学生を1名ずつ選出(後でベストドレッサー賞を決定します)。

gakuori1-8.jpg

 

そして、テーブルマナー講座も兼ねたランチタイム。
メニューは、「海の幸のマリアージュ アボガドのムースと彩り野菜 トマトのスープを添えて」「シャンピニョンドパリの軽いスープ フォアグラ風味のフランと共に」「デゥカを纏ったシャラン産鴨肉のロティー 黒胡椒のソース」など、オシャレで美味!

 

午前中は、おいしくて大満足な学生の笑顔でしめくくられました。
午後のプログラムの様子は、次回のブログでご報告します。更新をお楽しみに!

 

学外オリエンテーションで親睦を深めました!

4月16日に新入生の皆さんと4回生の先輩ピアカン(ピア・カウンセラー/同じ学生仲間としての支援者)と、健康栄養学科のすべてのスタッフで、「伊賀の里 モクモク手づくりファーム」に行ってきました。

朝、普段の授業よりも早かったにも関わらず、皆さん時間どおりに、食堂に集合されました。

1.jpg

ゼミごとに、バス5台に分かれて出発です。バスに乗り間違わないよう、4回生のピアカンさんが、各ゼミの旗をかかげて案内です。

2.jpg

現地に到着です。バスから降りて、ウインナーづくり体験に向かいました。

3.jpg

ゼミの仲間やピアカンの先輩、助手さん、先生たちと一緒に、ウインナーづくり体験にチャレンジしました。

4.jpg

5.jpg

上手に沢山作ることができました。ゆでたてをお味見し、お土産に持ち帰りました。

6.jpg

次は、昼食です。みんなでバーベキューを楽しみました。

みんなでお肉や野菜を焼きながら、ワイワイといただきました。

7.jpg

今回の学外オリエンテーション、入学式直後の学内オリエンテーションで、新入生をサポートされた4回生の先輩ピアカンの皆さんです。

8.jpg

新入生の皆さんからは、自分たちも4年生になった頃には、先輩のようになりたいという嬉しい感想も聞かれました!

国文学科キャラクター文芸コースは、プロの漫画家や編集者が講義し、

マンガ創作のノウハウや、アニメ、ゲーム、広告分野などの企画の立て方やビジネスへと広げていく方法を学べる、画期的なコースです。

 

学生のみなさんが授業で学んだ成果を1冊にまとめたのが、マンガ作品集「きゃら★パラ」。

最近も新刊があいついで発行されました。

 

これがそうです! ↓

 

kyarapara (281x400).jpg     SKMBT_C45214041816430 (282x400).jpg

   

 

ひとり16ページずつというルール以外、

4コママンガでもストーリーマンガでも、設定は自由。

バラエティ豊かな作品が揃っています。

 

毎年、2回生と3回生が1冊ずつ制作していて、

ちなみに2011年度入学生が制作したのは、「きゃら★パラTime」、「きゃら★パラTime2」

2012年度入学生が制作したのは、「きゃら★パラStart Up!」と、

それぞれ副題がついています。

 

今回初めて、「きゃら★パラtime」の制作に関わったという、

4回生の岩崎千容さん、船越美希さん、西川実亜さんに感想を聞きました。

 

kyaraparagakusei (400x300).jpg

 

「創作にかかった期間は約半年。キャラクターありきで考える人、ストーリーありきで考える人、

創作のタイプは色々ですけど、他の人の創作の方法は勉強になります。授業中もワイワイガヤガヤ、賑やかに意見交換していますよ」とのこと。

 

なるほど、どの作品にも学生の皆さんの個性があふれています。

ここから未来のマンガ家が生まれるかも!楽しみです。

 

この「きゃら★パラ」は、オープンキャンパスなどで、希望された高校生のみなさんに随時配布中。

ぜひ手にとってみてくださいね!

4月1日、2014年度の入学式が行われました!
 
入学式の前は緊張した様子でしたが、式後には全員でお互いの連絡先を交換していました!
さっそくLINEでライフプランニング学科1回生のグループを作ってくれた学生もいるようです。
 
4月5日には学内でオリエンテーションを行いました!午前中は時間割の組み方を教わりました。
履修相談の時間では、あらかじめ作ってきた時間割を先輩たちが丁寧に見てくれていました。先輩たちからアドバイスをもらって、時間割作成のコツをつかんだようです。
将来就きたい仕事から学びの領域を決める学生もいれば、幅広くいろんな科目を入れる学生もいて、それぞれの時間割ができ上がりました!
 
LPblog_201404orientation_2.jpg
↑2回生の先輩からのアドバイスをしっかり聞いています。
 
「1人で時間割を組んでいると本当に卒業できるか心配だった」という1回生がたくさんいましたが、アドバイスを聞いて、少しは自信を持てたようです。
今では授業も始まり、しっかり学んでいますよ^^
 
午後からは3チームに分かれて「わたしはどこ?」ゲームをしました。
キャンパスに貼ってあるキーワード15個を探し、それを並べ替えて、1番最初に正解したチームが優勝するというゲームです。
プリントに書かれたヒントをもとにキーワードを求めてキャンパスを探検しました。
チーム内で地図を見る係や記録係など、役割分担してうまく進めているチームもありました。
 
LPblog_201404orientation_1.jpg
キーワードはどこにあるんかなぁ…?
 
ちなみに優勝したチームにはもちろん、他のチームにも賞品が渡されました^^
もらった賞品、ぜひ活用してくださいね!
 
今回は学内オリエンテーションのお話でした。次回は大学の外で行ったオリエンテーションの様子をお伝えします^^
 

==============

ライフプランニング学科の最新記事から過去の記事までを一気にチェック!

★ライフプランニング学科のブログ記事一覧★

↑ クリックしてね! ↑

被服学科化粧学専攻美容コースの2、3回生向けの学内企業セミナーが、

本学キャリアセンターの主催で実施されました。

 

これは、美容業界の各企業様(美容室)にお越しいただき、

「美容業界ってどんなところ?」「美容室でのお仕事ってどんな感じ?」などなど…、

これから就職活動をはじめる学生のみなさんの、

いろいろな疑問や不安にお答えいただくものです。

 

biyougd (400x300).jpg        biyougd2 (400x300).jpg 

 

当日は午前と午後に分けて、計10社の企業様がお越しくださいました。

 

各企業様のお話を聞く学生のみなさんの表情は真剣そのもの。

でも担当者の方の絶妙なトークに、時々笑顔もこぼれていました。

 

biyougd3 (400x300).jpg        biyougd4 (400x297).jpg

  

「1社40分間の説明だったので、ゆっくり聞けて質問もしやすかったです」

「各企業の特長がつかめて、自分の志望も固まってきました」

「美容はもちろん、ブライダルやサロンの仕事内容もわかり、興味の幅が広がりました」

と、学生のみなさん。

就活に向けて、夢や希望が広がった様子でした。

 

biyougd5 (400x255).jpg        biyougd6 (400x264).jpg

  

 

biyougd7 (400x300).jpg

 

各企業様からも、

「学生さんのあいさつがしっかりしていて、気持ちよかったです」

「就職意識が高いみなさんと直接お話できて、貴重な機会になりました」

と、有り難い感想をいただきました。

 

本学は学生さんの就職活動もしっかりサポートしています。

就職に関するセミナーやガイダンスの模様は、このサイトでも随時紹介していますよ。

たとえば ↓

http://cheer.osaka-shoin.ac.jp/publicity/2014/03/7-2.php

就職のことなんて、まだまだ実感がないという高校生の皆さんにも、

大学生の就職活動の流れを少しでも知っていただけたら嬉しいです。

2014年1月に実施された、第16回精神保健福祉士国家試験の結果が3月14日に発表され、本学 心理学部は昨年に引き続き、現役合格者14名を輩出しました。

 14名の現役合格者数は「全国の女子大でNo.1!」(大学院・通信制大学除く)。

これを2年連続で達成するという快挙を成し遂げました!

psw1.jpg

今回の精神保健福祉士国家試験は、全国の合格率が58.3%でした。

数字だけみれば際立った難関資格とまではいえませんが、しっかりと試験対策をしなければ合格は難しいのが現実です。

 

そんな中で本学の心理学部は、輝かしい成績を2年連続で残すことが出来ました。

この実績を支えているのが資格に対するしっかりしたサポート体制です。 

 

教員1名に対し学生3.85名という徹底した少人数教育

4週間の病院・福祉施設の実習に対する事前準備(虎の巻) http://cheer.osaka-shoin.ac.jp/info/2013/09/psw.php 

心理学系の課程に所属しながら、心理学の勉強をし、かつ精神保健福祉士の受験資格を取得できる大学は全国でも非常に少ないです。

 

 

また、今回合格した14名は、全員が新卒で病院や施設等への就職を決めており、精神保健福祉士が就職に結びつく有益な資格であることを証明しています。

psw2.jpg

さらに本学では臨床心理士養成施設である大学院が併設されているので、心理学を専門的に学んで精神保健福祉士を取得し、さらに臨床心理士を取得して心理のプロフェッショナルを目指す場合、国内最短の期間で夢を叶えることが可能です。

 

これからも夢に向かって進む学生たちをしっかりサポートし、さらなる充実をはかっていきたいと考えております。

 

2014年4月16日(水)、学外での新入生オリエンテーションが実施されました。今回のオリエンテーションの目的は「親睦を深めること」です。新入生同士が交友関係の幅を広げたり深めたり、先輩や教員と親しくなることで、今後の学生生活がスムーズに進むからです。

2014学外オリテ0.jpg

さあ、一体どんな内容だったのでしょうか。今回も、当日の様子や裏話について、学生生活担当の杉浦先生(上の画像)にリポートしてもらいました!


オリエンテーション2日目は学外で実施です。今回は大阪市内の結婚式場(ラグナヴェールOSAKA)の披露宴会場で行いました。非日常的な空間にピアカンスタッフもテンション上がり気味です。

2014学外オリテ1.jpg

2014学外オリテ2.jpg

授業が始まってようやく1週間が過ぎた頃は、当初の緊張も少しほぐれてきた反面、新たな疑問や課題が出てくるものです。今回の学外のオリエンテーションでは、それらを解消し、さらに交友の範囲を広げてもらうように企画を練りました。

学部長の川上先生の挨拶のあとは、最初の企画、「あんたどう思う?」です。 

2014学外オリテ3.jpg

これはグループ毎に設定された「お題」について、意見を出し合ってもらい、最後にグループで一つの意見にまとめる、というものです。出された「お題」は「学校で箸の使い方を教えるべきか?」という硬派なものから「デートで割り勘はありか?」、「お好み焼きとご飯は一緒に食べるか?」といった軟派なものまで様々です。グループで先生方も交えて激論(?)が交わされているところもありました。

2014学外オリテ4.jpg

 さて、温まってきたところで、次のアクティビティーは「先生の里」です。

2014学外オリテ5.jpg

これは、心理学部の先生方をネタにしたものです。ある村に心理学の研究者が集まっている里がある。グループのメンバーはその里についてそれぞれ違う情報を持っており、各自が持っている情報を口頭でのみ、やりとりしながら、その里の全体図を書き、隠された質問に答える、というものです。実は準備の段階で、スタッフが試作品を2回つくり、2回試行しました。

 2014学外オリテ6.jpg

制限時間は30分です。この間に見取り図を仕上げ、質問に答えなければなりません。 

 2014学外オリテ7.jpg

30分後、スタッフから解答の提示と解説が行われました。解答の成否はともかく、言葉でやりとりしなければ進まないゲームなので、どのグループも程よくチームワークができていたのではないでしょうか 。

2014学外オリテ8.jpg

さあ、始まってから2時間が経過しています。そろそろお腹が空いてきた頃です。お待ちかねのランチビュッフェの時間です。あっという間に食べ物がなくなります。

2014学外オリテ9.jpg

2014学外オリテ10.jpg

2014学外オリテ11.jpg

ランチ後の企画は「フォローの時間」です。

入学してから半月ほど、授業も始まり、新たなチャレンジをしている人もいるでしょう。そんな中の小さな疑問や問題に先輩スタッフ、先生方が耳を傾け、アドバイスを行うというものです。

2014学外オリテ12.jpg

クラブのこと、授業の登録や課題のこと、関屋キャンパスの階段のこと、グループ内でいろんなことが話題になっていました。

最後にアンケートを書いてもらい、全員で写真を撮って、オリエンテーションは無事終了しました。

 2014学外オリテ13.jpg

2014学外オリテ14.jpg

新入生の皆さん、これからが本格的な学生生活のスタートです。困った事があれば迷わず、先輩や先生方に相談して下さい。心理学部は全力で学生の皆さんをサポートします。

(心理学科 杉浦隆)

 

 

 

 

 

国文学科創作表現コースの4回生が小説作品集を刊行しました。

これは、入学以来「創作演習」や「発展ゼミ」で小説創作のご指導をいただいてきた歌野博教授が、2014年3月末で定年ご退職を迎えられるのを記念して、学生たちが自ら企画、編纂したもので、タイトルは『樟蔭キネマ』。表紙絵も学生の手によるものです。

この作品集に収められているのは、あらかじめ自分たちで考案した「鳥」「アクセサリー」「童話」「飛行機」「人工知能」「プレゼント」など18のテーマに沿って執筆された短編小説です。

3回生の秋期に執筆に取り組み、「出版プロデュース論」ご担当の酒多隆子先生に編集作法をご指導いただきながら、完成にいたりました。

小説を創作するだけでなく、それを編集して1冊の冊子にまとめるまでを実習できたことは、大きな経験になり、学生時代のよき記念にもなりました。

この春からは卒業年次の4回生を迎え、いよいよ「卒業制作」の構想、執筆を進める段階となりました。どんな作品が生み出されるのか、1年の成果に期待が高まっています。

2014.4.15.jpg

 


Loading Calendar...

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録


 学科ニュース

各学科に関する最新ニュースやお知らせなどを配信していきます。