お久しぶりです。
国際英語学科2回生のS.Hです!

2回生になり、資格のための授業や勉強が大変ですが
毎日友達と楽しく過ごしています!

さて、5月17日土曜日は私は「樟蔭の窓」という授業で
樟徳館に行ってきました。
樟蔭には本当に素晴らしい文化財があるということに
とても誇りに思いました(*^^*)

そんな樟蔭で、2回生のうちにもっと多くのことを
学びたいと改めて実感しました。
気を引き締めてメリハリをつけこれからも勉強に励みたいです!

写真は樟徳館の庭の様子です。
 
2014.5.23 3.jpg

みなさん、こんにちは。
はじめまして、DoとHiroです。

私たちは3回生です。今年2月頃から毎週1時間ほど、
小森先生に英語の勉強を見てもらっています。

毎回単語テストしているので、忘れていた単語を思い出す
機会が増えとても充実しています。

先週は「仮定法」を復習しました。
高校の頃にやったことを忘れていることもあってか、
すごく難しかったです(笑)

文法の復習は一通り終わって、
今週からは長文なので気合いをいれています。

2014.5.23 2.jpg
 

ゴールデンウィークもあっという間に終わってしまいました。先月入学した1回生も、大学生活に慣れてきたようです。
そこで今回は、1回生の必修科目「ライフプランニング基礎演習A」という授業の様子をお伝えしたいと思います!
 
この日の授業は「ワークライフバランス」についてのDVDを見て、まず問題点を見つけ出し、次にグループで話し合って解決策を提案するというものでした。

 
LPblog_201405LPkisozemi_5.jpg
 
LPblog_201405LPkisozemi_2.jpg
みんなで相談した結果を発表用紙に書いていきます。
 
最後は代表者が発表をしました。
 
LPblog_201405LPkisozemi_3.jpg
 
LPblog_201405LPkisozemi_4.jpg
緊張しながらもしっかりと発表していました!
 
「ワークライフバランス」は、働く女性はもちろん、すべての働く人々に必要なインフラ(社会基盤)整備です。それを理解し、意見を交換してまとめるというワークは、卒業後の未来で活かされるはずです。
このような社会の動きに関心を持つことは、「よりよく生きる」ことにつながっていきます。
 
ライフプランニング学科では、生きていくために必要となるお金の知識だけでなく、生活に関わる様々な知識も身につけることができます!
1回生がどんなことを学んでいるのか、これから夏に行われるオープンキャンパスで直接お話しできると思います。ぜひ聞きに来てください!
 

==============

ライフプランニング学科の最新記事から過去の記事までを一気にチェック!

★ライフプランニング学科のブログ記事一覧★

↑ クリックしてね! ↑

 

この春卒業したばかりの、坂田ゼミ出身Iさんが大学に遊びに来てくれました。学生時代のIさんは、勉学に熱心に取り組んでいる印象が強く、実際とても優秀でした。卒業と同時に精神保健福祉の国家資格を取得し、現在は専門職に就いているとのことです。

稲垣さん.jpg

ゼミ担当の坂田先生に、学生時代のIさんの様子と、現在の活躍ぶりについてお聞きしてみました。


今回訪れたのは、学業成績優秀のため卒業式で学生総代を務め、なおかつ在学中は、学友会(大学自治会)の役員として長らく活躍していた才色兼備のIさんです。Iさんは、精神保健福祉士の資格を取得して、この春から精神科病院で精神保健福祉士として働き始めたところです。

嬉しかったのは、今回来てくれたのが、必要書類のサインをもらいに来たとかではなく、ただ遊びに来てくれたことです(もちろん、書類のサインをもらいにというのでも、嬉しいですけど)。

Iさんの仕事ぶりを聞いていると、医師はもちろん、看護師やヘルパーの方といった、他職種の人との協働が大切で、大学時代に培ったコミュニケーション力や協調性が生かされているのだなあと感じました。まだ働きはじめたばかりですが、精神保健福祉士という仕事に対する熱い思いも感じました。ちなみに、初めてもらったお給料で家族にご馳走したという心温まる話も聞きました。

この間に、精神保健福祉士の研修会があったそうですが、そこで他の樟蔭の卒業生達と出会ったそうで、樟蔭生の集まりが研修会でもひときわ元気だったという話を聞きました。樟蔭の精神保健福祉士の合格者が多いということが、こういうところにも表れるのだなあと思う一方、パーソナリティ的にも元気な子が多かったしなあ、と納得しました。

また遊びに来ると言っていました。次来たときに、またどんな風に成長しているのか、今から楽しみです。

 

(臨床心理学科 坂田浩之)

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

心理学科を卒業すると、どんな人になれる?

過去の卒業生紹介記事で、実際の卒業生の様子を見てみて下さい!

 

その1

その2

その3

その4

その5

その6

その7

その8

その9

その10

その11

 

 

 

5月31日、本学では「メイクの日 In Osaka」を開催します。
イベントは今年で6回目を迎え、ますますパワーアップ!!
 
全国的には、毎年「メイクの日」―5月9日(May.9)―を中心にイベントが行われています。
本学では、メイクの可能性を広く周知し、メイクを見つめ直し、正しく理解していただく機会として、「メイクの日 In Osaka」を開催。イベントでは、セミナー、トライアルメイク・ネイル・ハンドマッサージ体験コーナー、トータルファッションコンテストを実施しています。
 
今年のイベントの詳細は以下の通りです。
 
「第6回 メイクの日 In Osaka」
日時:2014年5月31日(土)11:00~16:30
会場:大阪樟蔭女子大学 小阪キャンパス 体育館
入場料:無料
 
イベント内容
◇セミナー(第24回樟蔭ファッションセミナー)
~顔バランスの達人・西島悦がお悩みの解決策をご紹介!~
講演:「西島悦 ゴールデンバランス美人メーク入門」
講師:西島 悦 氏(資生堂ビューティートップスペシャリスト)
時間:14:30~15:30
座席:自由(180席)
受講料:無料 事前申込不要
 
◇トライアルメイク・ネイル・ハンドマッサージ
~本学の被服学科化粧学専攻3回生を中心に新しいセンスのメイクを提供します!~
受付時間:11:00~13:00
メイク:300円
ネイル:ケア300円、カラー300円(どちらか1つ)
ハンドマッサージ:100円(1回/10分)
事前申込不要・先着順(整理券配布)
※高校生以下は、学生証のご提示で無料
 
◇トータルファッションコンテスト
~90分間でテーマに沿った衣装・メイク・ヘア・ネイルなどのトータルファッションを競い合います!
チームは被服学科1~4回生、大学院の学生で構成されています~
テーマ:「Show₋in!Show₋out!!Show₋up!!!」
コンテスト開始:12:00~14:15(観覧自由・無料)
審査発表:16:00~
 
「第6回 メイクの日 In Osaka」のチラシはこちら
 
昨年の「第5回 メイクの日 In Osaka」も大好評でした!
 
小阪キャンパスへのアクセスはこちら
 
主催:大阪樟蔭女子大学
運営:メイクの日 In Osaka 実行委員会
問合せ:大阪樟蔭女子大学 被服学科事務センター
      [TEL&FAX] 06-6723-8227
 
 
皆様、お誘い合わせの上、ぜひお越し下さいませ。
お待ちしています!!!
 
(JMAN〈ジェイマン、Japan Make-up Artist Network〉では、「メイクの日」に全国各地で様々なイベントを行っています)
 

国際英語学科に4月から新しい先生が来られました!
シアトル出身の、とっても楽しいジェニファー先生です。

ジェニファー先生から、みなさんにメッセージです。

Hello everyone!  My name is Jennifer Smith and I am from Seattle, America. 
My hobbies are hiking and learning 手話. 
At Shoin, I am teaching speaking and writing classes and
I hope we can have fun learning together!

2014.5.23 1.jpg

 

 

食物栄養学専攻の4回生が、「給食経営管理実習B(学外)」という授業で、各企業様の食堂にて実習させて頂き、現場で学んできた実習の成果を、3回生に向けて発表しました。

kyushoku (400x300).jpg

 

 今回、学生は2~3名ずつチームに分かれ、計13チームが7社の企業様で実習。

 各企業様がどのように給食を提供されているのか? 実際に調理をお手伝いさせていただきながら、また、施設の栄養士の方々が仕事に取り組む姿勢を間近に見ながら、給食運営の形式、作業・衛生管理、顧客管理の状況など、色々な角度から学んできたことを、各チームが資料にまとめ発表しました。

   

kyushoku2 (400x283).jpg

 

kyushoku3 (400x300).jpg

 

 今回、学生が実習でお世話になった企業様は大手企業様ばかり。

 給食数も数百食から中には1000食を超えるところもあるなど、調理にはとても大きなエネルギーが必要になります。

 従業員のみなさまにご指導いただきながらこれだけの数を調理したことは、学生に大きな自信となったようで、「とても有意義な実習になった」「自分たちが考えたメニューの評判がよかった!」などと、喜びの声がありました。

 

kyushoku4 (400x269).jpg

 

kyushoku5 (400x267).jpg

 

 これから実習に行くことになる3回生に向けたアドバイスとして、発表した学生が口を揃えていたのは、「包丁の使い方を練習しておくこと」と「食物の重量感を手で覚えること」でした。

現場では、時には何百食という大変な量の給食を作らなければなりません。

 

kyushoku6 (400x300).jpg

 

 そんな時、速く正確に調理するのに大切なのは、的確な包丁さばきと、食材の重さを手である程度正確に測ることができる技術なんですね。

 すでに日々の授業で調理実習に励んでいる3回生にとって、今後のひとつの目標ができ、このアドバイスは特に参考になった様子でした。

 

 他にも、「怪我に気をつけて、最後まで気を抜かないこと」「わからないことは周囲の人たちに積極的に聞くこと」といったアドバイスがありました。

 

 「自分が調理したものを美味しく食べてもらえるのが、栄養士として一番の喜び。今回の実習でそのことを実感できたと思います。今後実習に行く3回生も、各企業でお世話になるみなさんに感謝の気持ちを持って臨んでほしいです」と、担当の菊田千景先生はエールを込めて総括していました。

 

kyushoku7 (397x291).jpg

 

 本学科は学内や学外でさまざまな実習を行い、管理栄養士や栄養士、食品関連企業で即戦力として活躍できる人材を育てています。

 

 そして、2015年4月からは新たに学部にリニューアル!最新の実験・実習施設を備えた新校舎で、より充実した学びを提供していきます。

「学部・学科再編」

 管理栄養士、栄養士をめざそうという高校生のみなさん、注目ですよ!

みなさん、こんにちは。心理学部のブログ担当、佐久田です。4月から小阪キャンパスにて開講しているリレー講座「心理学の世界」。現時点で第4回目までの講座が終了しており、おかげさまで大好評です。

 

第3回目の講座は私が担当でしたので、どのような内容だったのか自ら報告したいと思います。

 

講座のテーマは、この記事のタイトルにある通り「ストレスとこころの健康」です。「ストレス」と聞くと、多くの人は「どうやったら解消できるのか」という解消法に注意を向けます。もちろんそれは必要なことですが、一方で「どうやったらストレスの影響を受けにくくなるのか」という予防法も、解消法と同じくらい大事なことなのです。

 

そこで、受講生のみなさまには簡単なセルフチェックをしていただきました。嫌なことがあった時、解決に向けて努力しようとするか、気分転換をしようとするか。また、良くない結果になったとき、その原因を人のせいにするか、自分のせいにするか。こういった特徴の組み合わせで、ストレスの影響を受けやすかったり受けにくかったりするということを解説しました。

 

また、ストレスは一人で抱え込んでしまうと良くないということ、話を聞いてくれて、心の支えになってくれる人の存在が大切であることについてもお話しました。しかし、単に愚痴を聞いてもらうだけでは、むしろ逆効果となる場合があります。このことについて調べた先行研究の実験データを元にご紹介すると、みなさん大変驚かれていました。

 

sakuta.jpg

 

さて、この講座は前の記事でもご紹介した通り、高校生は無料で受講することができます。心理学って何だろうと思っているみなさん、是非お気軽に受講してみてください。

 

(心理学科 佐久田祐子)

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

「心理学の世界」今後のスケジュールと申し込み方法は下記をご覧ください。

http://www.osaka-shoin.ac.jp/univ/general/area/open_lecture_kosaka/3576/open_lecture_kosaka_detail.html

 

「心理学の世界」過去の紹介記事は以下の通りです。

第2回「自分を見つめる心理学」

 心理学科は2015年度から小阪キャンパスに移設し、あらたに総合心理コース、臨床心理コースの2コースを備えた心理学科に生まれ変わります。

 そこで、この移設を記念したプレ企画として、一般の方々を受講対象にしたリレー講座を開講中です。

 

 タイトルは「心理学の世界」。

 すでに4月19日に第1回を開催し、7月5日まで全11回にわたり、心理学科の各先生がさまざまなテーマで、心理学の魅力的な世界をみなさんにお伝えし、毎回高校生を含む多数の方々が受講されています。

 

 たとえば4月26日に開催された、「自分を見つめる心理学」(講師:奥田亮准教授)。

 

sinrigakunomanabi (400x267).jpg

 

 心理学では自分を客観的にみたり内省してみたり、「自分を見つめる」ことをさまざまな角度から研究しますが、このことをワークシートを使ってみなさんに体験していただきました。

 

 ワークシートの一つ、Who am I ?Testでは、「私は…」のあとに続く文章を頭に浮かんだまま自由に書いてもらい(20個も!)、そこから自分がどのような観点から自分自身を捉える傾向があるのかを理解してもらいました。

 また別のワークシートでは「人に見られていると、つい格好をつけてしまう」とか、「自分が本当は何をしたいのかを考えながら行動する」といった質問にどの程度当てはまるかを答えて、自己意識の高さをはかったりしました。

 このように、さまざまなワークを体験することで、みなさんそれぞれが自分を見つめなおせる時間を持てたようでした。

 

sinrigakunomanabi2.jpg

 

 たくさんの方々に受講いただきたいと思い、開講日はすべて土曜日に設定しています。

 受講料は各回1,000円。高校生はなんと無料で受講できます!

 申し込みや開講スケジュールなど、詳細は下記をご覧ください。

 http://www.osaka-shoin.ac.jp/univ/general/area/open_lecture_kosaka/3576/open_lecture_kosaka_detail.html

 

 心理学に少しでも興味があるという高校生のみなさん、この機会をお見逃しなく!きっと勉強になりますよ。

本学が行っている「キャンパス・リューアル」工事によって、健康栄養学部の実習・実験室は一新し、最新設備に生まれ変わります!

新しく建てられる10階建ての「翔空館」には、健康栄養学部専用フロアが用意され、生まれ変わった実習室や演習室が立ち並ぶ予定です。

koji1.jpg

7月末の完成予定日に向けて、日々工事が進行しています。

今回はその途中経過をお伝えいたします!

 

まずは2Fにある「食品加工学実習室」。

koji2.jpg

天井や壁などクロスも貼られており、床もほぼ完成しています。

 

そのお隣りにあるお部屋は、「調理学実習室」です。

koji3.jpg

とても広い実習室!・・・と思ったら実は、奥の部分はパーテーションで仕切られ、

実習で作ったものを試食するスペース「試食室」ができるそうです。

 

つづいては、3Fにある「栄養教育実習室」。

koji4.jpg

この広いスペースは、机と椅子が設置されます。

 

「公衆栄養学実習室」

koji5.jpg

緑色の床まで完成していました。

 

来週には4Fフロアの床なども完成する予定で、日々工事は順調に進行しています。

5月31日のミニオープンキャンパスには、もっと完成した姿をご覧いただくことができますので、ぜひともお越しください!

ミニオープンキャンパスの詳細はこちら

皆さんのお越しをお待ちしております!

 


Loading Calendar...

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録


 学科ニュース

各学科に関する最新ニュースやお知らせなどを配信していきます。