こんにちは!
またまた加藤ゼミの3回生です♪笑
 
7月15日1限目「マーケティング論」の講義に、
カルビー株式会社 中日本事業本部 近畿支店 営業企画課 企画チームの
井上香織様がお越しくださいました。
 
LPblog_201408calbee_1.jpg.png
  
そうです!皆さんご存知、あのカルビーです(^O^)
 
LPblog_201408calbee_2.jpg
 
お話しの内容は、
①カルビーグループ会社概要
〈カルビーって、どんな会社なの?〉
 
カルビーの歴史やお菓子の原料へのこだわりなど、
カルビーという会社について詳しく教えていただきました!
そして、なんと日本のスナック菓子の52%がカルビー商品なのだそうです!
(カルビーHP 決算情報資料より)
みなさん知っていましたか(^^)?
 
LPblog_201408calbee_3.jpg
 
②井上さんのキャリア
〈井上さんはどんな人生を送ってきたの?〉
 
井上さんは仕事をしながら、子育てもされています。
そしてなんと、大学院にも通っているのだそうです!
会社員で、ママで、学生!?
 
広い視野を持って未来をみつめている井上さん。
私達もそんな女性になりたい!!
 
 
③顧客購買行動について
〈お客さんは何を基準にお菓子を選ぶの?〉
 
お店でカルビー商品を手に取ってもらうための工夫は?
あの芸能人が出演するCMの効果は?
 
などなど、面白いお話しがたくさん。
学生たちも興味津々でした!
 
 
そして最後に、「Deepo」をいただいちゃいました(^v^)
 
LPblog_201408calbee_4.jpg
 
講義の後は、ゼミの研究室に井上さんをお招きしてカルビーパーティー!
カルビーのお菓子をいただきながら、楽しくお話しすることが出来ました♪
 
こうして、いろいろな社会人の方々とお話しすることは、
「私はどんな人生を送りたいだろう?」
と、自分の将来を考えるチャンスです。
 
このような貴重な機会がたくさん巡ってくるライフプランニング学科。
素敵だと思いませんか(^.^)?

==============

ライフプランニング学科の最新記事から過去の記事までを一気にチェック!

★ライフプランニング学科のブログ記事一覧★

↑ クリックしてね! ↑

「SHOIN 子育てカレッジ~絵本で広がる子育ての輪~2014」が7月19・20日に開催されました。今年度は『絵本ワールド』・『絵本の世界で遊ぶ』~絵本をテーマとしたワークショップ~・『絵本って楽しい!』~絵本の魅力を再発見~の3つの枠組みでプログラムを構成し、絵本の魅力を伝えるとともに親子で楽しめるよう様々な工夫を凝らして企画・実践しました。

2日間の入場者数はなんと1000人を超え、大盛況の2日間となりました。

 

↓19日の様子↓

 

karezzi1.jpg

「ひよこ先生の手作り劇場」

karezzi2.jpg

「絵本ワールド」

karezzi3.jpg

「バル~ンランド」

 

 

↓20日の様子↓

karezzi4.jpg

「子育て絵本の森」

karezzi5.jpg

「絵本で食育!おかいもの、さかなつり、ごっこで集めてごちそうづくり」

karezzi6.jpg

「キッズの的当て大作戦」

 

学生が趣向を凝らした各ワークショップは、赤ちゃんから小学生のお兄ちゃんお姉ちゃん、高校生まで皆が楽しめるものとなりました。

「絵本ワールド」では1000冊以上の絵本が並び、子どもも大人も興味津々の様子!学生の読み聞かせにも夢中の子どもたちでした。

 

さて、2・3回生はこれから夏の実習が待っています。

この2日間で得た多くの経験を実際の現場で活かしてもらえたら、と思います。

7月27日のオープンキャンパスでは、多数の方にご来場いただきありがとうございました。

10時からの学科説明会では、会場が満席になり、一部の方に、立ち見いただくことになり、大変申し訳ありませんでした。

14-20photo3.jpg

14-20photo4.jpg

14-20photo5.jpg

8月10日のオープンキャンパスでは、学科説明会の会場を、完成したばかりの新校舎(翔空館)の最上階(10階)に変更し、ゆったり聞いていただけるよう、準備中です。また、最上階からの眺望もお楽しみいただけます。

また、13時から「スポーツ栄養士」として活躍されている柴田麗さんをお招きしてのトークイベントも予定されています。この分野にチャレンジしたい方は必見です!!

「8月10日トークショー案内」

その他にも、

・カロリーをワットに!自転車発電を体験しよう!(
・あなたの味覚は大丈夫?
・栄養管理を体験しよう!
・患者様への栄養食事指導を体験しよう!
・食文化クラブによるオープンキッチン
・食育の担い手としての栄養教諭 (11:30-12:00)
・”先輩達の学生生活”
・憧れの白衣体験    が予定されています。

各企画の様子は、前回の記事をご覧ください。
 ↓↓↓
 前回の記事:7/27夏のオープンキャンパス予告!

 

心理学部リレー講座「心理学の世界」は、7/5日( 土)の最終回をもって、大盛況のうちに終了しました。ご報告が遅くなりましたが、今回は5/30(土)に実施された「記憶のフシギ(講師:川上正浩教授)」についてご紹介します。なお、今回講座内容をご紹介して下さるのは、本学大学院生(臨床心理学専攻)のNさんです。


今回の講座のテーマは「記憶のフシギ」です。心理学の中でも心よりも脳に近い心理学のお話でした。

blog.07.31.jpg

記憶という言葉には、2つの意味があり、1つは「記憶する」という行為、もう1つは、記憶として残る内容です。これにはさらに2つの意味があり、その場で残す記憶(例:脳トレゲーム、神経衰弱 など)と、永遠に残る記憶とがあります。

 

人間はどのように記憶しているのでしょうか。

人はいくら記憶しようとしてもあまりに沢山のことは覚えられません。そこで心(脳)は、意味がつながるものをまとめたりすることで、効率よく覚えようとします。

たとえば講座では、一瞬だけスクリーンに映る○の数を数える、という実験をしました。○の数が5個以上になると数えにくくなり、9個以上になると、一瞬で正確に数えることは、ほとんどできませんでした。

ところが、9個の○でも、3つずつセットになっている(「∵ ∵ ∵」のように3個の○のセットが3つある)と、一瞬だけ映っただけでも9個だということが分かったのです!

このように、覚えることをまとめて扱うことで、記憶の成績は向上するのだということを学びました。

 

さらに講座では、人が効率よく記憶しようとするために、実際にはなかったものをあったかのように思い出す『虚記憶』という現象についても説明と実験がありました。

 

また、脳の中で記憶と感情に関係する部分は隣り合わせにあるため、嫌なこと、好きなこと、哀しかったことなど、強く感情を揺さぶられたときほど記憶に残りやすいのだそうです。

その話を聞いて、感情と記憶の関係について、改めて深く感じさせられました。

 

今回は普段イメージする心理学とは一味違った心理学を体験させていただきました。

「心理学の世界」、続編はないかなぁと期待しています。

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

「心理学の世界」過去の紹介記事は以下の通りです。

第2回「自分を見つめる心理学」

第3回「ストレスとこころの健康」

第1回「子どもと大人、西洋人と東洋人

第4回「思春期のこころを読み解く」

第5回「母と娘の心理学」

第8回「福祉にいかす心理学」

第9回「BGMの心理学」

第7回「描画によるパーソナリティの理解」

 

 

 7月17日に日本経済新聞社連携講座「プロジェクト型インターンシップ」の中間発表会が開催されました。

 昨年度はお酢飲料の新製品開発を実現させた同講座。今年度は健康栄養学科の学生17名が3つのグループに分かれ、お菓子の有名メーカーであるカバヤ食品株式会社様と、キャンディ、チョコレート、プレッツェルの新製品開発に取り組んでいます。

kabaya (400x300).jpg

 この日はグループごとに、これまでの活動成果についてのプレゼンテーションと、試作品の試食が行われました。

kabaya2 (400x300).jpg

 キャンディチームは個包装に応援メッセージをつけたキャンディ、チョコレートチームは大豆+小麦ブラン+希少糖を合わせたチョコレート菓子、プレッツェルチームはかけうどんのだしの味を再現したうどんプレッツェルを提案しました。

 

各チームがパワーポイントでつくった資料をもとに、熱のこもった発表を展開。

kabaya3 (400x301).jpg   kabaya4 (400x264).jpg

 

kabaya5 (400x300).jpg   kabaya6 (400x300).jpg

 

kabaya7 (400x301).jpg  kabaya8 (400x247).jpg

  

  

 質疑応答の後、各チームの試作品の試食会が開かれ、参加者は試食後の感想を評価シートに記入していました。

kabaya9 (400x292).jpg

kabaya10 (400x252).jpg

kabaya11 (400x290).jpg

  

試作品です!

kabaya12 (400x330).jpg

  

 カバヤ食品様の開発担当の方からは、「原価計算や商品キャッチコピーを考えたり、本当に大変なのはこれからです。モノづくりの大変さと、完成したときの達成感をぜひ実感してください」と厳しくも温かい総括をいただき、学生も今後の活動に向けてさらに気合が入った様子でした。

kabaya13 (400x299).jpg

kabaya14 (400x300).jpg

kabaya15 (400x257).jpg

 学生は夏休み中も、味の改良や商品名・パッケージデザインの検討など、継続的に活動します。

 そして、11月の最終成果発表会でカバヤ食品様に商品化が可能かどうかの最終的な判断をいただく予定です。

 自分たちが開発した製品がお店に並ぶ日を夢みて、学生のみなさんがんばってください!

こんにちは!ライフプランニング学科2回生、加藤ゼミです♪
 
7月9日(水)の2限「ブランドと現代社会」に、
グリコ乳業株式会社 マーケティング本部 コミュニケーショングループの
石田潤様がお越しくださいました。
 
♪カフェオーレが 飲みたいの♪でお馴染み「カフェオーレ」のお話や、
YouTubeを通じた「アワリッチ」の宣伝方法などなど、
グリコ乳業様の商品について、アイディア溢れるマーケティング戦略を踏まえて、
詳しく知る良いきっかけとなりました♪
 
以前もブログに登場したL❤カトガールズ が参加した
 「スッキリを広げよう。BifiX1000 おなかスマイル!プロジェクト」
の模様も紹介されました*
 
LPblog_201407gurikoguest_01.jpg
 
 
 
そして、今回も実際に「BifiX1000」もいただきました♪
サラッとした飲み心地にフルーティーな後味。
見事に学生たちの心をつかんだ瞬間はコチラ↓
 
LPblog_201407gurikoguest_02.jpg
 
この後すぐにお腹の調子が良くなった学生たちがチラホラと。効果抜群ですね!
 
授業の後は石田様もお招きし、
加藤先生の研究室にてお食事会(という名のグリコパーティー)を開催♪
 
授業内で触れたグリコ様の商品を前に、昼食をたいらげた後でもたべるたべる。
 
グリコ様の商品パッケージを楽しみながら
「おいしい!」の合唱がゼミ室を包み込みました。
 
LPblog_201407gurikoguest_03.jpg
 
石田様があまりにも話し上手聞き上手なため、グリコ乳業様のことは勿論、
プライベートなことまで、ついつい色んなことを伺ってしまいました(笑)
就活に対する悩みにも親身にお答えいただき、私たち3回生にとって、とても有意義な時間を過ごさせていただきました!
 
皆さんも、ライフプランニング学科で
「なるほど!」を沢山体験してみませんか(*・∀・)人(・∀・*)?

==============

ライフプランニング学科の最新記事から過去の記事までを一気にチェック!

★ライフプランニング学科のブログ記事一覧★

↑ クリックしてね! ↑

こんにちは! 4回生のN.Kです。

高校生のみなさんの中には、
大学の授業ってなんだか難しそうだし、
ただ座って授業を受けているだけでは?
と思っている人も多いと思います。

今回は私の受けている「異文化理解論」
という授業についてお話したいと思います。

この授業では、料理研究家の田中愛子先生に
イギリスの紅茶、中華料理、ユネスコ無形文化遺産
になった和食の魅力など、世界の食文化を通して
異文化理解を学んでいます。
また、映画『フード・インク』を見て食の安全性について
考えたりするのでとても勉強になります。

座って授業を受けるだけでなく、授業中に茶道を体験
したりも出来るのでとても楽しいです。
日本人として日本の伝統文化について知っている
というのは、とても大切な事ですよね。
再発見した日本文化の魅力を海外へと発信していけると
もっといいですし、それが私の今の目標でもあります!

大学の授業は楽しいということがみなさんに伝わったらうれしいです!

2014.7.25 1.jpgのサムネイル画像

2014.7.25 1.jpg
 

 今年度も、教員を目指す2回生を対象に、7月5日(土)13:30~第4回教職懇談会が開催されました。講師として、現在、中学・高校で教壇を立っている卒業生3名が参加してくれました。

 当日は、先生方に教員を目指したきっかけや、教員採用試験の情報、現場の様子など、生の声を聴くことができ、とても有意義な時間となりました。

 後半の質問会では、全員が質問をし、その一つ一つに先輩たちが丁寧に答えてくれました。今回の先生方は、教員歴3~6年の若手の先生方だったので、学生たちは、とても親近感を感じていたようです。

 「教師になりたい」という夢に、一歩前進したことでしょう!!

7.5kyoushoku.jpg

7.5kyoushoku2.jpg

【学生の感想】

・現場で働いている先生たちの話を聞ける機会をいただき、自分の将来のためになった。

・自分の将来像を描くことができた。

・不安だった部分が話を聞くことによって安心に変わった。

・自分の夢である教員について、真剣に考えたい。

・大学生の期間に、いろんなことに興味を持ち、しっかりと学びたい。

 

6月のオープンキャンパスでは、たくさんの方に来場いただきありがとうございました。

6月の様子と7月のお知らせです。

 

はじめは、学生が企画したコーナーの紹介です(7月も開催予定)。

あこがれの「白衣」体験のコーナー。中央にいるのは、ひょっとして「探偵ガリレオ!」??

14-18photo1.jpg

 

先輩たちの学生生活をのぞきみコーナー 

 教科書だけでなく、実験レポート(本物!!)もたくさん展示されていました。また、「先輩のある一日紹介」のコーナーでは、高校生の質問にていねいに対応していました。

14-18photo2.jpg 14-18photo3.jpg

14-18photo4.jpg 

 

「食品衛生学研究室」卒業研究を体験してみよう! 顕微鏡の中には何が見えるかな?

14-18photo5.jpg

 

「栄養化学研究室」生化学実験を体験してみよう! 糖類の呈色反応の実験です。(次は9月です)

14-18photo6.jpg

 

「調理学研究室」パンケーキを焼いてみよう! 砂糖入り・塩入りパンケーキを焼きます。塩入りパンケーキは、おかず感覚でなかなかおいしいですよ。(7月も開催予定)

14-18photo7.jpg 14-18photo8.jpg

 

「臨床栄養学研究室」患者様への栄養食事指導を体験してみよう!(次は8月です)

14-18photo9.jpg

 

「食文化クラブ」オープンキッチン、スイートポテトと イチゴとバナナのスムージー(次は8月です)。7月は、「ソフトクリームを自分でまいてみよう(食品加工学研究室)になります」

14-18photo10.jpg

 

プロジェクト型インターンシップの紹介と共同開発商品「プティパ」の試飲会。売り上げが順調に伸びているとのことで、今後も継続して販売されることが決まりました。(7月も開催予定)

14-18photo11.jpg

この他、7月は、「食育の担い手としての栄養教諭」(ミニ授業、11:30-12:00)、「栄養教育を体験してみよう!」、「栄養管理を体験しよう!」、「新校舎見学ツアー」などが予定されています。

ぜひ、お運びください。お待ちしています。

本学では、夏のオープンキャンパスを開催中です。
被服学科では、楽しい企画を盛りだくさんご用意しています!(^^)!
6月29日(日)も多くの方にご参加いただき、大盛況でした。
 
被服・化粧・美容の3つの分野でファッションをトータルで学ぶことができる、
本学の被服学科ならではの企画はこちら↓
 
【体験】
◇シュシュを作ろう
◇フェルトとアクセサリーの制作を楽しもう
◇オリジナルグッズを作ろう
◇サリーの着付け体験
◇化粧品を作ってみよう!
◇自分を再発見?!メイクアップ体験
◇ヘアーの編み込み&コテ巻き体験
 
【展示】
◇衣服シミュレーション展示
◇被服材料学の実験室を覗いてみよう
◇ドレス・コレクション
 
【講義】
◇衣服シミュレーション体験
◇メイクはだまし?錯視から見るメイク術
◇少女マンガを化粧文化でみてみよう
◇マリー・アントワネットのファッション
 
 
皆さま、この機会に被服学科の魅力を体感しに来て下さい!!
 
また、被服学科キャンパスツアーや個別相談(被服学科インフォメーション
センター)も行っています。
学生スタッフ(在学生)がはりきって皆さまをサポートいたします!
キャンパスライフや授業の内容、取得可能な資格、就職に関する事etc.
被服学科について聞きたいことがあれば、気軽にたずねてみて下さいね。
 
 
次回の開催は、7月27日(日)です!
〈時間〉10:00~15:00(受付開始9:30)
〈場所〉小阪キャンパス
 
夏のオープンキャンパスは引き続き、8月10日(日)9月7日(日)
にも開催いたします(時間・場所は同じです)。
 
是非、被服学科の雰囲気を直接味わってみて下さい!
皆さまにお会いできるのが楽しみです(^^)

Loading Calendar...

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録


 学科ニュース

各学科に関する最新ニュースやお知らせなどを配信していきます。