学生が企業様とコラボレーションで商品開発に取り組む、日本経済新聞社連携講座「プロジェクト型インターンシップ」が、順調に進行しています。

昨年度はカバヤ食品様とのコラボでお菓子の新商品開発がテーマでしたが、

【→昨年のブログはこちら】

今年度は、「鶏つくね串」が大人気のケイエス冷凍食品株式会社様のご協力のもと、「お弁当に入れたい一品」をテーマに、グループごとに新商品の企画開発に取り組んでいます。

↓キックオフ・ミーティングの様子(4/16)、実際の製品を試食しながら開発の方向性について意見交換しました。

15-05photo01.jpg

6月18日には、各グループ別に開発メンバーの方々へ、これまで試作を重ねてきた商品案を、調理工程を説明しながらプレゼンテーションを行いました。

15-05photo02.jpg

15-05photo03.jpg

↓試作工程を開発メンバーの方々にご覧いただき、改善点を検討しました。

15-05photo04.jpg

 

15-05photo08.jpg

試作品について、開発本部長の大野様から講評がありました。
「当初心配していたが、なかなかの仕上がりで、それぞれのチームの開発の方向性については理解できた。あとは、なぜこの商品でなければならないのか、自分達がぜひ食べてみたい!と思える商品に仕上げるように」とコメントをいただきました。

学生からは、各グループのこだわりポイントについて、手作りの試作では十分に実現できなかった点やさらに改善したい点について議論をまとめ、ケイエス冷凍食品様に商品コンセプトシートとレシピの形で提案しました。

7月16日には、これまでの取り組みをまとめた中間発表会が開かれ、その場で、ケイエス冷凍食品様で試作いただいた試作品試食会が開かれます。

どんな商品に仕上がっているのか期待しています!

(健康栄養学科 川端康之)

みなさんこんにちは。

 

恵みの雨に感謝をしながら、梅雨明けが待ち遠しいライフプランニング学科の濵田です。

今回はブラウンバッグ・イベント第2弾、「リコッタチーズを作ろう」を報告します。

前回のブログでも紹介しましたが、4月からスタートしたライフプランニング学科フードスタディ・コースでは、新設キッチンでの実習クラスがあります。

秦184.jpg(秦瀬里果 撮影)

実習の授業は秋期に開講ですが、フードスタディではみんなで料理して食べることが大事。奥深い食に関する多岐にわたる学びも、「みんなで食べる」が学びの一環となると、楽しく大学で知力と知性の向上を目指せるというものです。

ということで、学生が各自ランチを持ち寄って集まり、カジュアルな感じで学ぶライフプランニング学科ブラウンバッグ・イベント・シリーズの第2弾として、「リコッタチーズを作ろう」を開催しました。

小西.jpg(小西沙弥 撮影)

 

リコッタチーズは、モッツァレラ・チーズと同じく、熟成させないフレッシュチーズです。「できるものは自分でつくろう!」と気持ちと仲間がいれば、牛乳やプレーンヨーグルトを使ってすぐお家でつくることができます。今回は、昼休みという限られた時間での料理だったので、家庭でもできる簡単な(作る過程を少し省略した)リコッタチーズ作りに取り組みました。

羽原2.JPG(羽原里香 撮影)

当日は、私のチーズ紹介3分トーク(トーク3分、クッキング30分!)の後、簡単に作り方を見学し、早速3〜4人グループになって、各自で料理をしてもらいました。

秦524.jpg(秦瀬里果 撮影)

出来立てフレッシュチーズには、パセリ、レモングラス、シルバーグラスなど好きなハーブを選んで混ぜ合わせ、塩・こしょうで味を整えた後に、お皿に盛りつけます。

秦405.jpg(秦瀬里果 撮影)

ちなみに、お気づきの方もいるかもしれませんが、今回のブログで使用した写真は、すべてブラウンバッグ・イベントに参加したライフプランニング学科1回生の学生が撮影したものです。

フードスタディ・コースには、食文化や食の歴史・政治に関する講義もありますが、学生が食をプロデュースする総合力を身につけることを目的として、「フードスタイリング」や「フードメディア研究」という授業もあります。

「そんな授業もこれからみんな受講するのだから、今日はリコッタチーズの写真を撮って提出すること!」と、私からのむちゃぶりの課題発表。

しかし、学生たちは調理と食事を楽しみながらも真剣に写真撮影に取り組んでくれました。

西村1.jpeg(西村郁美 撮影)

写真提供をしてくれたライフプランニング学科1回生のみなさん、ありがとうございました!

7月19日にあるオープンキャンパスでは、今回紹介したリコッタチーズ作りを見学・試食していただきます。

羽原5.JPG(羽原里香 撮影)

ぜひ、みんなで料理する楽しみ、食べる喜び、そして楽しい学びを体験しに、本学ライフプランニング学科に遊びに来てください!

(ライフプランニング学科 濵田)

手作りリコッタチーズ

【材料】

(A)    牛乳

生クリーム

プレーンヨーグルト

レモン汁

ハーブ(タイム、パセリ、など)

(B)    塩・胡椒

 

 

500cc

100cc

100g

小さじ1/4

大さじ1/2

大さじ2

少々

【作り方】

①       鍋にAの材料を入れてよく混ぜ強火にかける。分離してきたら火を止め、ザルに清潔な布巾をしいて漉す。布巾に残ったチーズは絞らずにそのまま冷やす。

②       ハーブ類を刻んで①に混ぜ、塩・胡椒し、クラッカーの上に乗せる。

③       美味しく召し上がれ♪

 

被服学科 被服学専攻 2回生
細田 真由 さん の 大学生活
 
 
学生の大学生活に密着し、みなさまにお届けするこの企画♪
第1回目(?)は、被服学専攻2回生の細田さんに密着しました♪
細田さんが受講している科目について紹介してもらいます♪
 
 
ho6.jpg
 
♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪
 
氏   名 → 細田 真由
あ だ 名 → ほそまゆ♪
好きなこと → 絵を描くこと&ショッピング
嫌いなこと → 家事
        現在一人暮らしをしています(^・^)
将来の夢 → アパレル関係の仕事に就くことです!
 
♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪
 
 
【科目:カラーコーディネート演習】
 
ho1.jpg
 
♪細田さんコメント♪
配色カードの紙を切り、配色しています☆
色彩検定を取得するときに役立つカモ(^-^)
 
 
【授業概要】色彩には科学的な要素、感覚的な要素、生理的心理的な要素がある。これらの諸要素を理解したうえで、色彩に関する基礎的な理論や体系的な知識を身につける。デザインの現場や生活の様々な場面で生かせるよう、カラーコーディネートについての考え方を具体的な課題により習得する。
 
 
【科目:ファッション商品学】
 
ho2.jpg
 
♪細田さんコメント♪
大事なところにマーカーでチェック☆
将来アパレル関係に就いたとき、役立つことばかりで
勉強になる(^。^)
 
 
【授業概要】衣料管理士として必要なファッション商品の基礎的知識と、各アイテム毎の業界動向、素材特徴、求められる機能や特性について学習し、技術力、考察力を身につける。
 
 
【科目:被服構成学実習Ⅱ】
 
ho3.jpg
 
♪細田さんコメント♪
前身頃の仮縫い中☆
被服学科らしい授業!
やっていて良かったと思う♪
授業以外でも服を作りたい\(^。^)/
柄が個性的で友達に笑われるんダwww
 
 
【授業概要】ブラウスの製作を通し、被服のデザインから素材選定、パターン制作、縫製、仕上げ、着装までの工程を実践的に学ぶ。また、工業用パターンや仕様書の作成、各種機器の操作を実習し、効率的な製作に関する基本的な知識と技術を習得する。
 
 
【メイクデザイン実習ⅠB】
 
ho5.jpg
 
♪細田さんコメント♪
相モデルでメイク施術☆
被服学科だけど、メイクの実習があるのは
うれしい!!(^-^)ノ
 
 
【授業概要】他者へのメイク技術の基本を習得し、様々な顔へ対応できるようにする。また、メイクを施術することで他者に喜びを与え、自分自身もその喜びを共有する。
 
 
 
 
その他にも、被服学科には魅力的な科目がたくさんあります。
第1回目(?)は、細田さんに履修科目のコメントをもらいましたが、これからも学生目線の授業感想と共に、授業の紹介をしていきたいと思います。
第2回目をこうご期待!?
 
 
=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=
被服学科の最新記事から過去の記事までを一気にチェック!
↑ クリックしてね! ↑
※被服学科は、平成28年度4月より化粧ファッション学科に名称変更予定
 
イイネも是非クリックお願いします♪↓
第26回 樟蔭ファッションセミナー
 
樟蔭被服学科卒業生が語る
 
大学での学びとキャリアデザイン
 
 
 
fa1.jpg
 
 
 
講師:西麻衣(被服学専攻卒業生)
   築野喜和子(化粧学専攻卒業生)
日時:2015年7月19日(日)
   14:00~15:00 ※開場13:45
開場:大阪樟蔭女子大学
    清志館5階 G501教室
主管:学芸学部 被服学科 被服学専攻・化粧学専攻
 
オープンキャンパスも同日行っております。
是非お越しくださいませ。
 
 
=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=
被服学科の最新記事から過去の記事までを一気にチェック!
↑ クリックしてね! ↑
 
※被服学科は、平成28年度4月より化粧ファッション学科に名称変更予定
 
イイネも是非クリックお願いします♪↓

みなさん、こんにちは。

まだ梅雨明けしそうにないですね…。

 

さてさて、先週土曜日から、ファイナンシャルプランニング技能検定のための対策講座が始まりました。

 

ファイナンシャルプランニング技能検定とは、税金や保険、年金など、マネーに関する幅広い知識を身につけることができ、ビジネスにもプライーベートに役立つことから、働く女性に注目されている国家資格です。

金融機関はもちろん、不動産会社や保険会社、住宅メーカーなどで必要とされるほか、自分の資産運用にも役立ちます。

わがライフプランニング学科では、ファイナンシャルプランニング技能検定3級の取得を推奨しています。

 

まず「ファイナンシャルプランニング概論(必修科目)」という授業で、ファイナンシャルプランニングの基礎知識を学びます。

知識だけならこの科目を受講するだけでいいのですが、やはり資格を取っておいたほうが履歴書にも書けるし、就職のときに有利です。

そこで、ライフプランニング学科では、検定試験対策講座として、「ファイナンシャルプランニング演習A」という科目を設置しています。

大学の単位も取得できるし、資格対策の講座にもなっているし、まさに一石二鳥です!

 

次の検定試験は9月13日(日)に行われるので、今から対策のための講座を開始しました。

早すぎるって? そんなことはありません。

早めに勉強しておいた方が、後々、慌てなくていいのです。

「いつ勉強するの?」 「今からでしょ!」

対策講座では、私が作成した問題(といっても過去問題ですが)と解答用紙(こちらは先生オリジナル☆)を配付して、時間を計測して行いました。

 

IMG_1267.JPG IMG_1268.JPG

 

「はい、始めて下さい。」の合図で、みんな真剣に解き始めました。

 

IMG_1264.JPG

 

(ファイナンシャルプランニング演習Aの授業風景:問題解答中)

 

IMG_1265.JPG

 

(う~ん、この問題、難しいぞ!)

 

IMG_1266.JPG

 (電卓をカタカタ☆)

 

時間が終了したら、答え合わせ。

各自で自己採点をさせ、チェックシートに点数を書かせました。

 

「わ~、合格ラインに達した!」 

「まじ、やばいわ~!!! できてへん!」

 

いろんな声が聞こえてきました。

解説の後、チェックシートを回収し、合格ラインに達していない学生は居残りで勉強会です。

 

IMG_1269.JPG

(授業終了後に回収して、先生が一言コメントと、合格ラインに達した学生には、ネコのスタンプを、できていない学生にはタコのスタンプを押して、激励☆)

 

追加の問題を用意していたので、残った学生たちは、知識の定着のためにせっせと問題を解いていました。

合格ラインに達していた学生も、「先生、問題をいただけますか?」とやってきました(えらいぞ♪)。

今はまだ合格ラインに達していなくても大丈夫!

この対策講座は9月の試験直前まで、数回行われます。

合格できるように、先生が優し~~く、丁寧に、教えますヨン(うふっ♬)。

みんな、合格に向けて頑張れ!!!

 

(ライフプランニング学科 越智砂織)

~ ☆ ~ ☆ ~ ☆ ~ ☆ ~ 
【夏のオープンキャンパス日程】
7/19(日)
8/15(土)8/16(日)
9/6(日)
時間:10:00~15:00(受付開始9:30)
場所:大阪樟蔭女子大学
~ ☆ ~ ☆ ~ ☆ ~ ☆ ~ 
 
本学では、夏のオープンキャンパスを開催中です。
被服学科では、楽しい企画を盛りだくさんご用意しています!
 
被服・化粧・美容の3つの分野でファッションをトータルで
学ぶことができる、本学の被服学科ならではの企画はこちら↓
 
 
【体験】
★フェルトとアクセサリーの制作を楽しもう
★シュシュをつくろう
★民族衣装体験
★かわいいオリジナル小物づくり
★化粧品を作ってみよう!
★ヘアーの編み込み&ヘアアレンジ体験
★自分を再発見?!メイクアップ体験
 
 
【展示】
☆衣服シミュレーション展示
☆色々なファッション素材に触れよう
☆ドレス・コレクション
☆民族衣装の展示
 
 
【講義】
◇少女マンガに見る「戦う女子」のイメージ
 :ベルサイユのばら編
◇マリー・アントワネットのトータルファッション
 
※講義については7月のみの企画です。
 
 
皆さま、この機会に被服学科の魅力を体感しに来て下さい!!
 
また、被服学科キャンパスツアーや
個別相談(被服学科インフォメーションセンター)も行っています。
学生スタッフ(在学生)がはりきって皆さまをサポートいたします!
キャンパスライフや授業の内容、取得可能な資格、就職に関する事etc.
被服学科について聞きたいことがあれば、気軽にたずねてみて下さいね。
 
是非、被服学科の雰囲気を直接味わってみて下さい!
皆さまにお会いできるのを楽しみにしています。
 
 
=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=
被服学科の最新記事から過去の記事までを一気にチェック!
    ↑ クリックしてね! ↑
被服学科は、平成28年度4月より
化粧ファッション学科に名称変更予定
 
イイネも是非クリックお願いします♪↓

みなさん、こんにちは。古典文学ゼミを担当している長谷あゆすです。

「古典って難しいでしょ!?」 というイメージを持つかたも多いようですが、実際にはそんなことないですよー! 高校生のみなさんも楽しめる面白い作品が、いーっぱいあります♪

6月20日(土)には、インテックス大阪で開催された夢ナビライブ2015で古典文学に関する講義をしてきました。

yumenabi1.jpg

テーマは「江戸時代のパロディ文学を読んでみよう」です!

江戸時代の初め頃、平安貴族の恋物語『伊勢物語(いせものがたり)』を替え歌風にもじって、庶民の滑稽話にアレンジした作品ができました。

その名も『仁勢物語(にせものがたり)』。

『伊勢物語』に「似せ」てるけど、「ニセ(偽)モノ」だよー……って具合に、タイトル自体うまく出来ていますが、話の方もなかなか面白いです。

たとえば、『伊勢物語』初段は「初冠(うひかうぶり/元服)」をした男が奈良の春日で美人姉妹を発見しドギマギする話ですが、『仁勢物語』初段は「頬被り(ほおかぶり)」をした男が奈良の春日に酒を飲みに行き、肴の代金が支払えなくてドギマギする話になっています。

夢ナビライブでは、『仁勢物語』の中から短めの章段を取り上げ、元になった『伊勢物語』と比較しながら、どんなふうに話の設定が創られていったのかを推理しました!

yumenabi2.jpg

 

会場には200名近い高校生のかたが集まってくれました。来てくれたみなさん、本当にありがとうございました♪

現在、国文学科の「研究入門ゼミ」でも『仁勢物語』を取り上げて授業をしています。授業の様子をちょっとご紹介しますね! 少人数クラスのゼミでは、こんなふうに学生が資料を作って発表します。

yumenabi3.jpg

皆頑張って準備してきており(←長谷、毎回感動!)興味深い考察が飛び出します。学生同士で質問や意見を出し合ったり、気になる箇所について「どうかなー」「こうかなー」とあれこれ話したりします。

yumenabi4.jpg

ちょっと雑談することも♪

yumenabi5.jpg

長谷ゼミ(2回生)のメンバーです☆

大阪樟蔭女子大学では、今後もイベントが目白押しです。高校生のみなさん、ぜひ国文学科に遊びに来てください♪

~夏のオープンキャンパス~

7月19日(日)、8月14日(土)15日(日)、9月6日(日) 10:00~15:00

~大学一日体験入学~

7月20日(月・祝) 10:00~16:00

http://cheer.osaka-shoin.ac.jp/pdf/2015oneday.pdf  

※大学一日体験入学は事前予約制(各学科定員20名)です。こちらから詳細をご確認くださいね。

 

 

病態栄養学研究室ゼミの4回生9名、臨床栄養学第1研究室ゼミの4回生9名が、健康栄養学科 保木教授・井尻准教授の引率の下、6月21日(日)に阪南市で行われた「健康増進セミナー」に参加し、地域の方々の体力チェックならびに、正しく噛む・飲み込むための指導を行いました。このイベントは、阪南市舞地区の福祉委員会主催、医療法人松若医院後援で毎年行われているイベントで、当日は約50名の方にご参加を頂きました。

15-06photo11.jpg

 

体力チェックの項目は「握力テスト」「開眼片足立ちテスト」「アップアンドゴーテスト」「反復唾液嚥下テスト」の4種であり、皆さん真剣な面持ちで自身の体力の確認をされていました。

 

15-06photo02.jpg

 

15-06photo03.jpg

 

15-06photo04.jpg

 

また、摂食・嚥下に関する講演では、保木教授と井尻准教授がそれぞれ登壇、摂食・嚥下のメカニズムから、最新の介護食(あいーと)の試食までを行い、参加者の皆様も興味深く聴講・試食されていました。

 

15-06photo05.jpg

 

学生スタッフたちは、健康に関心の高い地域の方々との交流のなかで、自分自身の知識の低さやコミュニケーション能力の重要性を体感する良い機会になったことと思います。次回は11月15日(日)に開催されることが決定しており、その際には個別栄養相談に挑戦させて頂ける予定です。健康栄養学科では、これからもこのような取り組みを通して、学生の成長を促すとともに、地域の健康に貢献して参ります。


 

みなさん、こんにちは。

先週24日(水)に、ノートテイカー交流会を行いました。

 

IMG_1248.JPG

 

「ノートテイカーって何?」と思われましたか?

ノートテイカーとは、聴覚障がいのある学生と一緒に授業を受け、先生の話す内容を書き取って伝える人のことで、「要約筆記者」とも呼ばれています。

 

大阪樟蔭女子大学には、聴覚に障がいのある学生が安心して授業を受けることができるよう、授業のときに学生の隣にノートテイカーが座り、先生が授業中に話した内容を書き取って伝えています。

今年度、ライフプランニング学科に聴覚障がいのある学生が入学してきたのですが、彼女を支えるノートテイカーは、ボランティアで活動してくれています。

 

本学には、「SWING」というノートテイクのボランティアグループがあり、社会人の方(一般テイカー)と、本学学生(学生テイカー)とで構成されています。

現在、国文学科の学生2名、国際英語学科の学生1名、健康栄養学科の学生2名、そしてライフプランニング学科の学生3名が、学生テイカーとして活躍してくれています。

 

今日は、一般テイカーさんと学生テイカーのみんなで、各自ランチを持ちよっての交流会です(ライフプランニング学科から、シュークリームを差し入れさせていただきました!)。

IMG_1250.JPG IMG_1256.JPG

(学生テイカー代表のウィンフィールド・麗美・クリスティーナさん(ライフプランニング学科3回生))

 

ノートテイクをする上で、困ったことやわからないことなどを話し合いました。

先生が話す内容を90分間書き取るのは、それはもう大変です。

話すスピードが速い先生(私やん!)、英語の授業、ディスカッションの授業など、形態がさまざまある中、ノートテイカーさんは、必死で書き取ってくれます。

左利きの学生テイカーは、どうすれば聴覚障がいのある学生が見やすいのか、みなさんと知恵を出し合っていました。

また情報処理(パソコン)の授業では、頻繁に使われる「ダブルクリック」や「エンターキーを押す」などの単語カードを作成し、すぐに提示できるよう、授業に工夫を持たせている話を紹介していました。

IMG_1252.JPG IMG_1253.JPG

(ランチを食べながら、意見を出し合っています)

 

こういったノートテイカーさんの地道な活動があるお陰で、聴覚に障がいのある学生は、他の学生と同様に、授業を受けることができています。

学生テイカーは、現在8名。

もっと人数を増やしたいと思っています。

 

このボランティアは、自分の空き時間を使って学内で活動をすることができます。

「やってみたいけど、やり方がわからない。どうすればいい?」

ノートテイカーに興味を持たれたら、ぜひ、ラーニングサポートで申し出て下さい。

 

随時、研修会を行っています(半日の研修会でノートテイカーのノウハウをお教えします)。

また、このブログを読んで興味を持った高校生のアナタ。

ぜひ樟蔭に入学してボランティア活動をしてみませんか?

実際のノートテイカーの様子はまた後日ブログに掲載しますね。

 

IMG_1261.JPG

(最後はみんなで記念撮影)

ノートテイカー同士、意見交換を行い、交流が深まったひとときでした♪

(ライフプランニング学科 越智砂織)

私たち書道コース3年生は、「書道科教科教育法」の授業を通して書道の指導者としての資質や能力、実践力、指導力を養っています。

学習指導要領に則り、一人ひとりの思いを取り入れた年間指導計画と、模擬授業を実施するための指導案を四苦八苦しながら作成しています。

模擬授業を通して先生や仲間たちの指摘や意見、感想などを受け止め一歩一歩成長していきたいと思っています。

syodou1.jpeg


Loading Calendar...

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録


 学科ニュース

各学科に関する最新ニュースやお知らせなどを配信していきます。