昨日3月15日(火)に、「第18回精神保健福祉士国家試験」の結果について、厚生労働省から発表されました。

今回の試験における本学の新卒合格者数は16名で、

なんと4年連続で「全国女子大学No.1」となりました!(通信制大学を除く)

合格者の皆さん、おめでとうございます!

 

3月14日(月)。名残を惜しむかの冷たい雨の中、平成27年度学位授与式(卒業式)が挙行されました。

15-25卒業式photo01.jpg 15-25卒業式photo02.jpg

校内では、木蓮の白い花が咲き始めています(左)。桜のつぼみはまだ硬いようです(右)。
15-25卒業式photo03.jpg 15-25卒業式photo04.jpg

式典が開かれる100年会館(体育館)では、お祝いの演奏のリハーサルが行われていました(右)。
また、学科別に分かれて行われる卒業証書授与式の会場では、飾りつけも行われていました(左:翔空館10階S1001教室にて)。
健康栄養学科の助手さんたちが、卒業の記念になるように飾りつけをしてくれていました。

15-25卒業式photo05.jpg 15-25卒業式photo06.jpg

学科長、学年担任のお話のあと、一人一人に卒業証書が手渡されます。

15-25卒業式photo07.jpg 15-25卒業式photo08.jpg

夕方からは、場所を変えて、卒業記念パーティーです。今年の会場は、梅田のザ・リッツカールトン大阪でした。
卒業式では、凛々しいい袴姿でしたが、夕方のパーティーでは、華やかなドレスや振り袖姿が目立ちました。
みんな、美しい!!

15-25卒業式photo09.jpg 15-25卒業式photo10.jpg

開宴前に写真撮影が行われます。最近は、3ゼミごとに分割しての撮影になりました。

15-25卒業式photo11.jpg 15-25卒業式photo12.jpg

卒業生が自ら企画した、ゲームやクイズ大会、お楽しみ抽選会でたっぷり楽しんだあと、先生、助手さんへ、花束贈呈式が行われました。
やっぱり、花束贈呈は泣けます~!

最後は、恒例の記念撮影。

15-25卒業式photo13.jpg

4月からは、社会人として、世の中に役立つ人材になることを目指してがんばってくださいね!

健康栄養学科 川端康之

 

 

 

 

毎年恒例の「児童学部カレンダー」が今年も出来上がりました。これは、児童学部児童学科とクレパス、クーピーで有名な(株)サクラクレパスとのコラボレーション(産学連携)で作成されたカレンダーです。

20160314-calendar-1.jpg
 

児童学部4回生の菅ゼミ学生20名が、表紙や月ごとのイラスト(イラスト内には月を表す英単語のアルファベット文字が隠されています)を作成し、それをサクラクレパスがデータ化し、カレンダーとして仕上げたものです。

20160314-calendar-2.jpg
 

これは、毎年、関西地区の幼稚園・保育園や高等学校に配布し、人気を博しているものです。作成にはアイデアを考えたり、イラストを描いたり、検証したりと、約3ヶ月を要して出来上がったものです。

20160314-calendar-3.jpg
 

このカレンダーは2016年4月~2017年3月のものですので、学校の行事日程と合致していますので、非常に使いやすいと評判です。是非、ご自宅に一部いかがでしょうか。ご希望の方は、児童学部研究事務室もしくは広報室までご連絡ください。無料でお送りいたします。

20160314-calendar-4.jpg
 
私たちがカレンダーをつくりました。

 

みなさん、こんにちは。

 

花粉症MAXでマスクが手放せないライフプランニング学科の越智先生です。

 

目はかゆいわ、鼻はムズムズ…、ずびずび…。

 

くしゃみも…。ふぇ…ふぇ…(←くしゃみが出そう)。

 

(遠くから)ハックション!!! 

 

……誰?

 

ライフプランニング学科の竹村先生のくしゃみでした(竹村先生も花粉症…)。

 

さてさて、今日は「ノートテイク講習会」の様子をお伝えします。

 

ノートテイクとは、聴覚しょう害のある学生に先生の話を聞きながらポイントを要約して書いて伝えることです。

 

(詳しくは、前回のブログ「第1回 ノートテイカー交流会を行いました」をチェケラッチョ☆)

 

みなさんは、こんなチラシを見たことありませんか?

IMG_1813.JPG

 

ラーニングサポートにも置いていますが、授業でも配付させていただきました。

 

ノートテイクは、学内でできるボランティアです。

 

今日は、ノートテイクのボランティアをやってみたいと希望してくれた学生のために、SWING(東大阪ペンの会というボランティア団体)の協力のもと、ノートテイク講習会を行いました。

 

IMG_1808.JPG  IMG_1776.JPG

 

まずはテキストを使って、書き方やそのテクニックを教わります。

 

IMG_1778.JPG  IMG_1780.JPG

 

(テキスト)          (ノートテイクに使うつるつるの紙と書きやすいペン)

 

ノートテイクは、紙とペンを使って行います。

 

パソコンで打ったほうが早いのでは?と思われましたか。

 

確かにパソコンでノートテイクをする方法もありますが、実は、紙に書いた方が早い場合もあるのです。

 

一通り講習を受けた後、実際に神田先生に授業をしていただき、ノートテイクをやってみました。

 

SWINGの方と事務職員に聴覚しょう害者の役をしていただき、真ん中に座ってもらいます。

 

その両サイドにテイカーが座って、いざノートテイク!

 

IMG_1782.JPG

 

IMG_1801.JPG  IMG_1803.JPG

 

初めての体験にドキドキしながら、先生が話された内容を必死にノートテイクしていきます。

 

IMG_1799.JPG  IMG_1798.JPG

 

90分の授業をノートテイクするのは本当に大変ですから、10分から15分おきに、テイカーが交代します。

 

交代するときは「交代します」のカードをもう一人のテイカーに見せてから交代します。

 

IMG_1792.JPG

 

一人のテイカーがノートテイクをしているときは、もう一人のテイカーは休憩中…ではありません。先生の指示を聞いてフォローをします。

 

模擬講義を終えて、聴覚しょう害者の役をした人からの要望を聞いたり、感想を述べたりして、意見交換を行いました。

 

IMG_1807.JPG  IMG_1806.JPG

 

初心者にとって、初めてのノートテイクはなかなか難しかったようでした。

 

最初から完璧にノートテイクはできません。何回かこなしていけば大丈夫!!

 

これから徐々に頑張ってくれたら…☆

 

講習会を開いて下さったSWINGの方、参加してくれたノートテイク希望者の学生さん、事務職員の塚本さん、神田先生、本当にお疲れ様でした。

 

第2回の講習会は今月23日に行われます。

 

ラーニングサポートでは、随時ノートテイカーを募集していますので、興味を持ったそこのアナタ!

 

ぜひ、ラーニングサポートまで申し出て下さいね。

 

字が汚いしぃ~。 書くのが遅いしぃ~。…なんて心配は無用です!!!

 

一人一人は小さな力でも、みんなの力が集まれば大きなボランティア活動になります!!!

 

IMG_1812.JPG

 

(ライフプランニング学科 越智砂織)

みなさん、いかがお過ごしですか?

大学では春休みの真っ最中ですが、国文学科学生スタッフチームの

メンバーは元気に活動を続けております。

 

2/18(木)には春休みのロングミーティング第1弾を行いました!

 

この日は、3/20(日)に行われる春のオープンキャンパスに向けて、

1回生メンバーが新企画を披露しました。

 

①合格・入学体験記「私はこうして樟蔭へやってきた」

 

「受験するなら、どの大学のどの学科がいいのかな~」

4月から受験生になる高2の方々は、そろそろ進路を意識し始める頃ではないでしょうか。

 

そこで、オープンキャンパスに来てくれた皆さんに向けて、

受験~入学後までの体験記を、在学生がプレゼンしたらどうかな!?

 

そうしたアイデアから生まれた企画がこちら――。

「私はこうして樟蔭へやってきた」です。

 

2016oc1.jpg

 

こちらは1回生メンバーのミュウミュウ(柘植未宇)が発案し、

同1回生のみかこしん(渡辺実歌子)とかなみん(田畑果奈実)も加わって

準備を進めています。

 

「どうして樟蔭の国文学科を選んだのか?」

「どんな準備をしてどの試験に臨んだのか?」

「入学直後はどんなことを学ぶのか?」

 

といったことを、3人がそれぞれの体験談をふまえてお話しする予定です。

 

 2016oc2.jpg  2016oc3.jpg   

 

初めての予行演習です(緊張する~)。

 

この後、メンバー達から色々な意見が出ました。

そちらも参考にしつつ、さらに改善を重ねていく予定です!

 

高校2年生の皆さん、ぜひ聴きにいらしてくださいね。

もちろん保護者の方や高校1年生の皆さんも大歓迎です♪

 

※こちらの企画は春のオープンキャンパス当日、S609教室にて14:00~開催予定です。

それ以外の時間にも実施可能ですので、ご希望の方は、国文学科受付や学生スタッフに

お気軽にお申し付けください。

 

②「古語・現代語札合わせ」

 

続いて、1回生のかなみん(田畑果奈実)が企画したカードゲーム

「古語・現代語札合わせ」をみんなで実際にやってみました。

 

 2016oc4.jpg  2016oc5.jpg 

 

このゲームは、古語グループと現代語グループから札を1枚ずつ引き、

同じ意味の札同士を引き当てたら正解、というものです。

 

対応する2枚の札には同じマークがついているのでトランプの神経衰弱と同じ要領で

どなたでもすぐ楽しめます(古語の予備知識がない方でも大丈夫ですよ~!)

 

正解が出たら、古語と現代語をセットで覚えられる「語呂合わせ」もお教えします。

遊びながら受験に役立つ知識も身につくこの企画、ぜひ春のオープンキャンパスで体験してみて下さいね。

 

他にも、3/20(日)に向けて、色々な企画の準備が着々と進行しています。

来月のロングミーティングのご報告もどうぞお楽しみに!

2015年11月12日。大学内で、ケイエス冷凍食品株式会社様、学内の教員を審査員として、成果発表会を行いました。

15日経連携ケイエス成果発表photo-01.jpg 15日経連携ケイエス成果発表photo-02.jpg

パワーポイントを使って、熱の入ったプレゼンテーションが繰り広げられました。

15日経連携ケイエス成果発表photo-03.jpg 15日経連携ケイエス成果発表photo-04.jpg
A
グループ 「麻婆×ハンバーグ」中華料理の中でもあらゆる世代に人気がある麻婆豆腐と豆腐ハンバーグのヘルシーさを融合した商品。

15日経連携ケイエス成果発表photo-05.jpg
B
グループ「ぶぶあられのふんわり餡かけ」ぶぶあられの彩りをいかし、あられの食感とすり身団子のふんわり食感が特徴の商品。

15日経連携ケイエス成果発表photo-06.jpg 15日経連携ケイエス成果発表photo-07.jpg
C
グループ「ポン酢ジュレ鶏だんご」お弁当に入れたときに楽しんで食べられる、新食感が特徴の商品。

審査の結果、最も優れた活動を行った優秀賞には、Cグループが選ばれました。

15日経連携ケイエス成果発表photo-08.jpg

また、ケイエス冷凍食品株式会社様から、Aグループの企画の商品化決定が発表され、パッケージ案が学生に披露されました。
(パッケージ案に大興奮です!!)

15日経連携ケイエス成果発表photo-09.jpg

開発担当者様と一堂に記念撮影。
15日経連携ケイエス成果発表photo-10.jpg

新開発の商品が店頭に並ぶ日が、待ち遠しいですね。

(健康栄養学科 川端康之)

2015年8月24日。「プロジェクト型インターンシップ」では、ケイエス冷凍食品株式会社様 泉佐野工場を見学し、製造工程や品質管理について学びました。

はじめに工場の概要説明があり、その後、工場内に入るために完全防備の体制になりました。

15日経連携ケイエス工場見学photo-01.jpg
頭から
足まですっぽり防護服を着こみ、マスクもしました。
工場内に入る前に、長くつに履き替え、長くつの洗浄、手指の洗浄を行い、エアシャワーをあびて、入場しました。

15日経連携ケイエス工場見学photo-02.jpg 15日経連携ケイエス工場見学photo-03.jpg

15日経連携ケイエス工場見学photo-04.jpg 15日経連携ケイエス工場見学photo-05.jpg

工場内では、冷凍肉がミンチになり、調味料を加えられ、肉団子に形成され、加熱後、製品になるまで、順を追って説明いただきました。

工場から戻り、質疑応答のあと、新製品開発のための集中討議に入りました。

15日経連携ケイエス工場見学photo-06.jpg 15日経連携ケイエス工場見学photo-07.jpg
15日経連携ケイエス工場見学photo-08.jpg 15日経連携ケイエス工場見学photo-09.jpg

15日経連携ケイエス工場見学photo-10.jpg 15日経連携ケイエス工場見学photo-11.jpg

開発部のメンバー様とグループごとに今度の開発の方向性について、約1時間集中討議をしました。

夏休み中に考えた、商品名、キャッチコピー、パッケージデザイン案が披露され、意見交換が行われました。

最後に、正面玄関で記念撮影。
15日経連携ケイエス工場見学photo-12.jpg

次回は、最終プレゼンテーションの模様をお伝えします。

(健康栄養学科 川端康之)

2015年7月16日に日本経済新聞社連携講座「プロジェクト型インターンシップ」の中間発表会が開催されました。

昨年度はお菓子の新製品開発を実現させた同講座。今年度は健康栄養学科の学生18名が3つのグループに分かれ、冷凍ミートボールでは国内シェアNo.1メーカーであるケイエス冷凍食品株式会社様と、「お弁当に入れたい一品」の新製品開発に取り組んでいます。

この日はグループごとに、これまでの活動成果についてのプレゼンテーションと、試作品の試食が行われました。

各チームがパワーポイントでつくった資料をもとに、熱のこもった発表を展開しました。

15-21日経中間発表photo-1.jpg 15-21日経中間発表photo-2.jpg
15-21日経中間発表photo-3.jpg 15-21日経中間発表photo-4.jpg
15-21日経中間発表photo-5.jpg 15-21日経中間発表photo-6.jpg

発表後は、厳しい質疑応答が繰り返されました。なぜ、その商品コンセプトなのか、納得のいくものが企画できているのか、繰り返し検討されました。

15-21日経中間発表photo-7.jpg

質疑応答の後、各チームの試作品の試食会が開かれ、参加者は試食後の感想を評価シートに記入していました。

15-21日経中間発表photo-8.jpg 15-21日経中間発表photo-9.jpg

 学生は夏休み中も、味の改良や商品名・パッケージデザインの検討など、継続的に活動します。

 そして、11月の最終成果発表会でケイエス冷凍食品様に商品化が可能かどうかの最終的な判断をいただく予定です。

 自分たちが開発した製品がお店に並ぶ日を夢みて、学生のみなさんがんばってください!

(健康栄養学科 川端康之)

昨年度はお菓子製造会社と連携して取り組んだ「プロジェクト型インターンシップ」。

今年度は、「鶏つくね串」で国内トップシェアをほこる「ケイエス冷凍食品株式会社」様と、「お弁当に加えたいおかず一品 新商品を提案」をテーマに冷凍食品の開発に挑戦しました。

2016年2月1日より、今回開発の「麻婆×豆腐ハンバーグ」が出荷され、そろそろスーパーの店頭に並び始めています。

15-20日経連携ケイエスphoto-0.jpg

http://www.ks-frozen.co.jp/
みなさん、見つけたら購入してください!

今回の商品コンセプトは、
・誰でも食べられるピリ辛にしたこと
・麻婆豆腐を再現した色味にこだわったこと
・ふわふわ食感とおいしさへのこだわり

1月にはインテックス大阪で開かれた流通卸会社様主催の展示会に参加し、商品のアピールをしてきました。

15-20日経連携ケイエスphoto-1.jpg 15-20日経連携ケイエスphoto-2.jpg
15-20日経連携ケイエスphoto-3.jpg 15-20日経連携ケイエスphoto-4.jpg
15-20日経連携ケイエスphoto-5.jpg 15-20日経連携ケイエスphoto-6.jpg

女子大学とのコラボ商品ということで注目されたようです。ぜひ、店頭でお買い求めください!!

次週から3回に分けて、「プロジェクト型インターンシップ」の取り組みをブログで振り返ります!お楽しみに!
(健康栄養学科 川端康之)

 

食物栄養専攻3回生が「健康栄養研究」という授業で、食品メーカーについてグループワークで調査した成果を発表しました。

20160226-1.JPG

  
この授業の目標は、栄養士をめざしている学生が、「食品工業・産業分野における基本的な食品開発および企画力を身につける」、「食教育や健康増進分野における産官学連携事業への参画や食教育技術力を身につける」という2つを達成することにあります。

つまり、栄養士をはじめとして食に関係する職業に必要な実践的知識や技術を学ぶのが、この授業なんですね。

ちなみに今回のテーマは、「食品工業・産業システムへの応用」。学生4~9名が1グループとなり、計7つのグループが食品メーカーについて調査した成果を発表しました。
食品メーカーについて調査研究を行うこの授業は、食物栄養専攻独自のカリキュラムです。

20160226-2.JPG 20160226-3.JPG

 
学生が調査対象にした企業は、株式会社ブルボン、森永製菓株式会社、株式会社明治、クラシエ株式会社、日清食品株式会社、日本ハム株式会社、ハウス食品株式会社という、誰もが知っている有名企業ばかり。でも、ポイントはそんな有名企業の実態をどこまで把握し他の人に伝えられるのか? です。そのことが自分自身の就職活動につながってくるのです。
発表会では、企業の概要や歴史、理念にはじまり、販売している商品、業績、従業員へのサポート体制などなど、各グループがじっくり調べた成果が並びました。
    
20160226-4.JPG 20160226-5.JPG

20160226-6.JPG 20160226-7.JPG

   

20160226-8.JPG 20160226-9.JPG   

たとえば、各企業の競合商品を食べ比べて味を判定したり、人気商品ランキングや女性従業員をどう活用しているかなどなど、学生らしい調査がみられました。中には動画を流したり、自分たちでおこなった簡単な実験結果を紹介するグループもありました。

 20160226-10.JPG
 

一連の調査を通じて、
「知っていた商品ジャンルだけでなく、違うジャンルの商品も製造販売していることを知った」
「同じ商品ジャンルを販売している企業同士で比較したら、想像している以上に売り上げに差があった」
「女性に対する制度や環境が配慮されている企業だった」など、さまざまな発見があったようです。

よく知っているつもりだった企業でも、さまざまな角度から調べていくとあらたな発見があり、学生たちも研究の成果を感じ取った様子でした。

他のグループの発表を真剣なまなざしで聞きます。

質問も活発に出ました。
調査不足の項目を鋭く質問され、次回の宿題ができたグループもありました↓

20160226-11.JPG 20160226-12.JPG

20160226-13.JPG 20160226-14.JPG

20160226-15.JPG 20160226-16.JPG    

全グループの発表後、担当の北尾悟先生から、
「発表までの各グループでの一連の共同作業を通して、企業の良さ、あるいは課題も見えてきたと思います。企業は利益を上げることは勿論大切ですが、なぜこの企業が社会で存在しているのか?社会の一員であるという考えが今後ますます重要視されます。今後、この経験を活かして食品分野などへの就職に活かしてもらいたい」といった講評がありました。

20160226-17.JPG

健康栄養学科は昨年4月から健康栄養学部として新たに生まれ変わりました。食物栄養専攻は幅広く「食」「栄養」「健康」について学びます。栄養士をはじめ、家庭科教員、栄養教諭、そしてフードスペシャリストの資格も得られ、さまざまな分野への進路が開かれています。
真新しい実習施設を備えた新校舎で、これからもより充実した学びを提供していきます。

 【健康栄養学部 健康栄養学科】

将来、栄養士、管理栄養士をめざしているという高校生のみなさん、
ぜひ注目してくださいね!


Loading Calendar...

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録


 学科ニュース

各学科に関する最新ニュースやお知らせなどを配信していきます。