みなさま、芳情館4階と5階にお気づきになりましたでしょうか?
 
 
このイルミネーションは、「樟蔭キラキラプロジェクト」として、2006年より被服学科で制作が始まりました。
 
毎年12月に、芳情館北4階ウィンドーを利用して、地域の方々や電車の車窓からも楽しんでいただけるよう、デザインを変えながら継続し、広く一般の方々へ向けてのビジュアルプレゼンテーションの場になってきました。
2007年は、被服学科とインテリアデザイン学科の共同で行い、2008年以降はインテリアデザイン学科にて制作されてきました。
2015年は、これまで制作の中心を担っていたインテリアデザイン学科の先輩から、被服学科被服学専攻生活デザインゼミの3回生がプロジェクトを引き継ぎました。
春学期より、インテリアデザイン学科の先輩に制作方法を教わり、半年間にわたってイルミネーションを制作してきました。
計画から制作の過程では、はじめての経験に戸惑いながら試行錯誤を繰り返しました。
制作メンバーは、生活デザイン研究室ゼミ生の他に、被服学専攻の有志も加わり、バラエティ豊かなアイデアが生まれました。
 
 今年のイルミネーションデザインのテーマは、Make Up & Fashionです。
来年度より学科名が「化粧ファッション学科」に変更されることから、新しい学科名を知っていただくためにこのテーマを中央に配置し、化粧とファッションに関連したモチーフを選びました。その他、日本文化にちなんだ服飾デザインなどを加え、「2度見したくなるような」をコンセプトにしたユニークなデザインを展開しました。
 
1400.jpg  7400.jpg
まずは、デザインをし、電飾をつけていきます。
6400.jpg  8400.jpg
今年のテーマができていきます。
5400.jpg  4400.jpg
そして窓枠につけていきます。
3400.jpg
設置後は、生活デザインゼミ3回生・有志一同で記念写真。
9.jpg
完成作品がこちら。キラキラ綺麗にできました。
 
 
 
「イルミネーションプロジェクト2015」は、12月1日、ウィンドーに設置作業を行い調整をした後、12月8日より点灯を開始いたしました。
2月上旬まで点灯していますので、私たちの新たなイルミネーション作品をぜひお楽しみください。
被服学科 被服学専攻 生活デザインゼミ3回生・有志一同
 
 
 
 
=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=
被服学科の最新記事から過去の記事までを一気にチェック!
↑ クリックしてね! ↑
 
※被服学科は、平成28年度4月より化粧ファッション学科に名称変更
 
イイネも是非クリックお願いします♪↓
 
被服学科では、卒業制作展と卒業論文発表会を行いました。
 
【卒業制作展】
卒業制作展は、本学の記念館2階にて開催しました。
学生による研究内容をまとめたパネル展示と、写真集や衣装、様々な作品を一般公開。
記者の方も取材に来られ、展示の様子が新聞に掲載されました。
 
so1 400.jpg so2 400.jpg
so3 400.jpg so5 400.jpg so8 400.jpg
2so6 400.jpg 2so7 400.jpg so4 400.jpg    
 
 
【卒業論文発表会】
卒業論文発表会は、本学の翔空館10階にて開催しました。
毎年、4回生の春期(7月末)に、卒業研究の進捗状況を発表する卒業論文中間発表会が行われ、秋期(1月末)に積み重ねてきた研究を発表する卒業論文発表会が行われます。
今回行われた卒業論文発表会では、学生が研究テーマについての内容をパワーポイントのスライドを用いて、7分間のプレゼンテーションを行いました。
 
so9 400.jpg
 
このように、学生たちは卒業制作展や卒業論文発表会を通して自身の研究テーマについて取り組んできた成果を発表します。研究を積み重ねてきたことにより、考察力や創造性、表現力、忍耐力、技術力などが身に付いた学生たちは、堂々と発表し、大きな自信を獲得できた様子でした。
 
 
 
=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=
被服学科の最新記事から過去の記事までを一気にチェック!
  ↑ クリックしてね! ↑

※被服学科は平成28年度4月より化粧ファッション学科に名称変更

 

菅ゼミ3回生のバーベキューパーティーが先日、学内で行われました。

160128-1.jpg

この企画は、将来幼稚園教員、保育士、小学校教員となる学生にとっては、貴重な体験学習となっています。教育現場での遠足・宿泊研修等で行われる野外炊飯やバーベキューでの火の起こし方、食材の選別、焼き方など、実体験を通してのみ学ぶことのできるパーティーでした。

160128-2.jpg
 

学生は、個々におにぎり担当、焼き肉のタレ担当、玉ねぎ担当などの食材の担当を決め、当日に持ち寄って、バーベキューがスタート。

160128-5.jpg

とは言っても、焼きながらのゼミ生同士のコミュニケーションは盛り上がり、時々、肉を焼きすぎて、コゲコゲの肉も出る始末。

160128-3.jpg

ゼミの懇親にもつながり、楽しく盛り上がった90分でした。

160128-4.jpg

急に寒くなってきましたが、受験生のみなさん、風邪などひかないように気を付けてください!

さて、1月13日に4回生は卒論提出を終え、1月18日から管理栄養士専攻の学生は国家試験対策の補習がはじまりました。

ゼミ室にも、助手さんが作成してくれた、カウントダウンが掲示され、国家試験当日までの残りの日数を刻んでいます。
(まだ、サンタクロースがいますが・・・)

15-18photo1.jpg

先日のゼミ会では、食物栄養専攻の学生から、国家試験を受験する管理栄養士専攻の学生に、かわいいプレゼントがありました!

15-18photo2.jpg

手作りのお守りとのこと。中身は、受験日まで秘密とのことでしたが、当日落ち着いて受験できるようにメッセージとお札が入っているそうです。
それぞれ、個人に応じた色やデザインで作られています。さすが!女子力全開ですね!

15-18photo3.jpg

それぞれお守りを持って記念撮影!

今年も全員合格するぞー! (食品化学ゼミ 川端康之)

 

 

 

みなさん、明けおめ~! ライフプランニング学科のブログをことよろ~! (学生風)

 

濵田先生と私、越智は学科の先生方と学生に協力していただきながら、今年もはりきって楽しいブログをアップしていきますよ~!

 

ブログを読んで下さっているみなさま、楽しみにしていて下さいねっ。

 

今回はライフプランニング学科の天使と呼ばれる呉知恩(お ちうん)先生を紹介します。

 

では呉先生の登場です~☆

 

IMG_1751.JPG

(天使のほほえみ 呉 知恩先生)

 

 

Q-1:お生まれは

 

A-1:東京オリンピックの年に生まれました。

 

さぁ、何年でしょう? 調べましょ! 調べましょ!

 

 

Q-2:ご専門と担当科目は

 

A-2:専門は人類学、社会学です。家族、宗教、ジェンダー、地域の比較研究を行っています。

 

担当科目は、学科の学びの4領域の中で「家庭・地域」領域の科目として「少子高齢社会とコミュニティ」(2回生)を、「社会調査士」資格関連科目として「社会調査概説」(1回生)、「質的データ解析実習」(3回生)、「社会調査実習I・II」(3回生)を担当しています。

 

         

Q-3:ご出身は

 

A-3:韓国の釜山市(韓国第2の都市)生まれで、4~5歳から首都のソウル市で育ちました。

 

 

Q-4:日本に来て驚いたことは

 

A-4:1990年代まで韓国では自転車に乗る人が少なかったですが、日本に来て老若男女に関わらず自転車に乗るのが普通であったこと、特に小さい子どもを抱っこして自転車の前カゴ、後ろカゴに子どもを乗せて走る若いお母さんたちのパワーに驚きました。

 

 

Q-5:自分をデザートにたとえたら

 

A-5:“フォンダン・オ・ショコラ (フォンダン・ショコラ)“でしょうか。

 

外はちょっと苦みのある、しかし中はとろけるような甘いチョコレートソースがおいしいケーキですね。

 

普段はちょっと厳しく見えるけど、実は学生との距離が近く、知れば知るほど甘えん坊の末っ子の特徴が見抜かれるかも。

 

 

[ちょっと裏話]

 

呉先生は、この質問を考えに考えて…、う~ん……。そしてお子さんに聞いたそうです。

 

そしたらお嬢さんが、「お母さんはフォンダンショコラ」とおっしゃったそうですよ★

 

さすがお嬢さん! お母さんのことをよく見ていますね♪

 

 

A-6:呉先生の学生時代は

 

Q-6: 私が大学生活を送った1980年代半ばの韓国社会は、軍事クーデターによる軍事政権に抵抗するデモが絶えず、大学生の間でイデオロギー闘争が激しく、大学生活でいろいろと悩みが多かったです。

 

平和な今の日本では考えられない話でしょうけど、その時代を生き抜いたことで、生き方も、社会を見る視点も変わったと思います。

 

 

日本の大学生とずいぶん違いますね。お国柄が出ています。

 

勉強になるなぁ~!

 

さて、ここで呉先生の研究室を紹介します。

 

IMG_1750.JPG

(呉先生の研究室)

 

きれいに呉先生の研究分野の専門書が並べられています。

 

ほとんどが日本語の書物ですが、中には韓国語の本もあります。

 

ちなみに私はハングルがまったく読めません。韓流ドラマは大好きなのになぁ~。

 

 

Q-7-1:ライフデザインに関するこだわりは

 

A-7-1:夢を持つことです。

 *その夢は自分自身だけではなく、周りの人々をも幸せにさせる夢を。

 *夢を実現するために努力し続けること。

 *夢を実現するため人の輪を大事にし、お金の使い方を身につけること。

 *夢を分かち合うこと。

 

 

Q-7-2:食に関するこだわりは

 

A-7-2:食へのこだわりというより、以下のことを大事にしています。

 *食べられることに感謝する。

 *偏らない食材と調理法に気をつける。

 *旬のものを活用する。

 *美味しく食べる(美味しく食べられる人・場所・時間を大事にする)。

 *食べられない人のために祈る。

 

 

さすが呉先生、すばらしいこだわりです!!

 

見習いたいですね!

 

 

Q-8:10年後の自分はどうなっている?

 

A-8:第3の人生の生き方を模索して、その道を歩んでいるでしょうか。

 

 

Q-9:イチオシ写真は

 

A-9:

 

taiyonotou.jpg

(大阪府吹田市の万博記念公園の太陽の塔)

  

1970年に開催された万国博覧会を記念して作られたシンボル塔で、塔の頂部には金色に輝く未来を象徴する「黄金の顔」が、正面には現在を象徴する「太陽の顔」が、背面には過去を象徴する「黒い太陽の顔」の3つの顔を持っています。過去から現在へ、そして未来へと時間の流れが感じられるこの太陽の塔には見る人を圧倒する迫力があり、ついにカメラのシャッタ-を。

 

ちなみに万博記念公園の中には国立民族博物館があり、よく学生を引率して学外授業に行っています。

  

 

Q-10:受験生にメッセージをどうぞ

 

A-10:最近、大学生たちとの話の中で、「先生、私は55歳頃に死にたいです」という話を聞いて驚いたことがあります。

 

世界一の長寿国の日本において、大学生から「55歳頃に死にたい」という話は想像もできない話でした。

 

その理由を聞くと、「将来の展望が見えないから、60歳になる前に死んだ方がいいと思います」と真剣な顔付きで話したのでした。

 

「将来の展望が見えないから早く死にたい」と思うことのないように、皆さんは、展望が見える将来を今から作れるように、ライフプランニング学科で自分の人生を設計する知識とスキルを磨きましょう。

 

 

呉先生、お忙しい中、質問にお答えいただきありがとうございました。

 

呉先生らしい、真摯で真面目なお答えでした。

 

さぁて、次回の教員紹介は…?

 

ライフプランニング学科生の高就職率はこの人のおかげ! ウワサのあの先生です~。

 

どうぞお楽しみに☆

 

(ライフプランニング学科 堕天使 越智砂織)

 

被服学科の卒業制作展を開催します!
 
 so1 400.jpeg
 
   ~ 被服学科 卒業制作展 ~
 2016年1月19日(火)~1月25日(月)
 時間 10:00~16:00
 会場 大阪樟蔭女子大学 記念館2F
 
大学生活4年間で身につけた専門知識と技術を発表する
集大成の卒業制作展です。
是非この機会に被服学科の学生の作品をご覧ください。
 
 
 
=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=
被服学科の最新記事から過去の記事までを一気にチェック!
  ↑ クリックしてね! ↑

※被服学科は平成28年度4月より化粧ファッション学科に名称変更

 
 

みなさん、こんにちは~

 

 Happy 2016!

 

今年の抱負は?

 

みなさんにとって、良い年でありますように!

 

さて、先日ライフプランニング学科の4回生は、全員無事卒業論文を提出しました!

 

新年早々、嬉しいニュースをお届けできて何よりです~♪

 

4回生は、これまで「卒業論文構想発表会」と「卒業論文中間報告会」を経て(ブログでチェックしてね~)、1月13日についに卒業論文の完成版を提出しました~(^_^)ニコニコ

 

卒業論文の作成は、就職活動と同時進行で執筆や調査、資料集めに取り組む必要があるため、計画的に進めることが大事です。

 

また、常に指導教員のアドバイスを受けながら論文の修正・加筆を行い、定期的に進捗状況を報告することが求められます。

 

各ゼミの学生たちは、卒業論文執筆に向けて、ゼミ内における議論や互いの構想内容に対する指摘など、仲間たちと切磋琢磨し合うことを通じて、視野を広げてゆき…。

 

一人ひとりが、それぞれ関心のあるテーマに真摯に取り組んできたからこそ、卒業論文を完成させて、提出することができました。

 

卒業論文は、大学4年間の学びの集大成、さらには16年間の学生生活の集大成ともいえると思います。

 

先輩たちは、きっと達成感でいっぱいでしょう… ヽ(*^^*)ノ

 

神田ゼミは、卒業論文提出のため、全員仲良く一緒にラーニングサポートに行ってきました。

 

なぜか、「先生も一緒に行こう」と誘われ・・・記念写真を。 ↓

 

sotsuron_1.jpg

(ラーニングサポートにて、卒論を手にニコッとしている神田ゼミ生と指導教員)

 

sotsuron_2.jpg

(神田恵未研究室にて)

 

sotsuron_3.jpg

(「まずは最大のミッションである卒論を提出しました!」とキャンパスではしゃぐ学生たち)

 

しかし、笑うのはまだ早い!

 

2月上旬に口頭試問が開催され、主査(指導先生)と副査(関連分野の先生)による最終審査に臨まなければなりません!

 

先輩たちは、口頭試問に向けて、すでに準備をスタートしています…

 

しっかり準備しなさい… (と厳しい表情を浮かべながら)

 

きっと、うまくいきます…精一杯頑張ってきたから!

(と心のなかで祈っているライフの先生たちでした…)

 

 

 (ライフプランニング学科 神田 恵未)

 

12月23日、健康栄養学科の卒業研究発表会が開催されました。

4回生は、各研究室に所属して約1年間卒業研究に取り組みます。毎年、バラエティーに富んだ研究発表が行われます。今年は、13の研究室から30題の研究テーマが発表されました。

どの演題もすばらしかった。聞いていて、とても勉強になりました。

来年、卒業研究に取り組む3回生も同席していました。自分たちにできるのか不安な様子でしたが、1年後には立派に発表できるようになります。がんばりましょう! (食品化学 川端)

15-17photo02.jpg 15-17photo01.jpg

15-17photo03.jpg 15-17photo04.jpg

各研究室からの演題(発表順)

1. 解剖生理学研究室
昆虫食普及に向けての検討
-コオロギを用いた安全性について-
-コオロギを用いた栄養成分分析-

2. 応用栄養学研究室
ビタミンE栄養状態と骨代謝変化との関係-大腿骨近位部骨折患者における検討-
高齢者におけるビタミンD栄養状態と筋肉量・身体能力との関連性
施設入居高齢者の総死亡に対するBMIの影響について-2年間のコホート研究より-

3. 食品加工学研究室
地域食材を利用した特産加工品
・蔗糖添加量の違いによるトマトジャム試作品の検討~
・原料酢の違いによるじゃばらドレッシング試作品の検討~
・増粘剤の違いによるじゃばらピール入りゼリー試作品の検討~

4. 臨床栄養学第1研究室
大阪府下無床診療所における管理栄養士の雇用状況について
無床診療所の管理栄養士配置に対する生活習慣病患者からのニーズについて

5. 栄養教育学第1研究室
摂食障害の予防のための栄養教育に関する研究
-栄養学的アプローチからの教材の開発
-パイロット版教材を用いたコミュニケーション調査

6. 病態栄養学研究室
機能性表示食品の認知度に関する実態調査
生姜成分飲用摂取による運動負荷時脂肪燃焼促進作用の検討

7. 調理学研究室
パンの焼成に伴うおいしさと機能性の変化
冷凍野菜の調理特性
生醤油の牛肉に対する調理特性

8. 栄養化学研究室
各種市販茶のリパーゼ活性の阻害効果
高コレステロール食摂取ラットへのべにふうき茶投与による血清脂質改善効果の検討

9. 臨床栄養学第2研究室
修行僧の食事
老化と食後高血糖

10.公衆栄養学研究室
審美性を求める身体活動を行う若年女性の食品摂取等実態調査
~第1報 身体活動・食生活の現状~
~第2報 食品摂取等に及ぼす諸要因の検討と改善への取り組み~

11.食品化学研究室
安心しておいしく食べられる餅とは~切り餅と高齢者用餅の比較~
食肉の軟化に適した酵素の比較・検討
アルギン酸ナトリウムを使用した耐熱性ジュレポン酢の開発

12.食品衛生学研究室
微生物の栄養要求性について
市販食品中の天然着色料(ブドウ果皮色素、コウリャン色素)の分析

13.給食経営管理学研究室
真空調理と通常調理におけるかぼちゃの煮物の比較検討
タピオカ加工澱粉ゲルの特性について

以上

みなさん、こんにちは。

 

もうすぐ2015年も終わりですね。

 

今年も早かったなぁ~(しみじみ)。

 

さて、今日は先日行われたクリスマスパーティの様子を紹介します。

 

このイベントは、ミニオープンキャンパスの後、参加者の方々を招いて、ライフプランニング学科のフードスタディキッチンで行われました。

 

朝早くから、お手伝いの学生と田中愛子先生がセッティングしたり、お料理を作ったり…。

 

できあがったテーブルコーディネートがこれ ↓

 

IMG_1726.JPG   IMG_1728.JPG

(ステキなコーディネートですね☆)

 

ちなみに、右写真後方で光るツリーは、田中先生自作だとか。

 

オシャレですよね~。世界各国でフードコーディネートをされてきた田中先生のセンスが光っています。

 

IMG_1727.JPG   IMG_1732.JPG

(美味しそうな料理の数々)

 

お料理は、ピザ、チーズケーキ、マカロン、そしてクリスマスの定番と言えばシュトーレン!

 

シュトーレンは堅いイメージがありましたが、このシュトーレンは、さくっとしていて非常に食べやすかったです。

 

マカロンなんて絶品中の絶品ですよ!

 

「無くなる前に食べておいた方がいいですよ」と、アドバイスされ、ぱくっとつまみぐい(私はつまみ食いの女王!)。

 

美味でございますぅ~~~!!!

 

IMG_1745.JPG   IMG_1747.JPG

(ミニオープンキャンパスに参加してくださった方々)

 

来場者の方も美味しそうに召し上がっていました。

 

また、テーブルコーディネートを写真に撮られる方も。

 

ぜひ、お家でのコーディネートの参考になさって下さい♪

 

田中愛子先生の食育理念である「食卓の上のフィロソフィー」の説明もふまえながら、和やかなパーティーとなりました。

 

IMG_1730.JPG   IMG_1746.JPG

 

樟蔭のクリスマスパーティ、楽しんでいただけましたでしょうか。

 

濵田先生は、お手伝いをしてくれた学生にマカロンをラッピング(先生、慣れてますね。)

 

当初、予定していた人数よりたくさんの方に来ていただき、クリスマスパーティは大盛況でした♪

 

IMG_1729.JPG   IMG_1734.JPG

(お手伝いしてくれたライフプランニング学科のかわいい学生たち)

 

パーティーが終わり、後片付けを手伝っていたら…

 

田中先生:「はい、プレゼント♪」

 

神田先生、私:「きゃっほぅ~。ありがとうございます~☆」

 

神田先生と私にディスプレイに使っていたかわいい小物をプレゼントして下さいました。

 

IMG_1749.JPG

 

こういうちょっとしたプレゼントってすごく嬉しいですよね。

 

これは巾着になっていて、中にはキャンディが入っていました。

 

研究室の入り口に飾っとこ!

 

 

今年1年、ブログ担当になり、最初は何を書けばいいのかわかりませんでしたが、書いているうちにだんだんと弾けてきました。

 

学科ブログとして弾けすぎかも?と思うことはありますが…、まっ、いっかぁ~!

 

これも寛大な心で私のむちゃぶりを許して協力して下さった学科の先生方と、ブログのネタの餌食(?)…いやいや、ネタを提供してくれた優しい学生たちのおかげです。

 

それに、ブログのソフトの使い方がわからない私に丁寧に教えて下った入試広報室の浅岡さんの協力も大きいです。

 

そして何よりこのブログを楽しみにして読んで下さった皆様のおかげです。

 

今年一年、ブログを読んでいただき、本当にありがとうございました。

 

来年もどしどし書いていきますので、ライフプランニング学科のブログをどうぞよろしくお願いします。

 

皆様、風邪などひかないよう、どうぞよいお年をお迎え下さい。

 

 

[おまけ]

 

学生を撮ろうとしたら、後ろからぴょこっと…。

 

誰???

 

IMG_1742.JPG

 

と思ったら、おちゃっぴぃな濵田先生でした☆

 

 

(ライフプランニング学科 来年もむちゃぶり発揮の越智砂織)

みなさん、こんにちは。

 

年末に近づき、大分冬らしく、寒くなってきましたね。

 

こんなときはあったか~いソックスが必要ですよね♪

 

ということで、今日はダルマもりソックスのご紹介です。

 

IMG_1606.JPG

 

ダルマもりソックスは、奈良県香芝市と杉山ニット工業と大阪樟蔭女子大学の「産・官・学」が連携して生み出した「合格祈願靴下」です。

 

ライフプランニング学科の加藤ゼミの4回生が作りました。

 

この靴下が出来上がるまで、学生たちは企業の方たちと打ち合わせを重ね、なぜ合格祈願で靴下なのか?という問いを商品企画にまとめられるよう、がんばっていました。

 

2015.7.23c.JPG  2015.7.23b.JPG

 

なんでダルマもり? どーやって作ったの???

 

答えはここ!↓ 開発物語をご覧下さい。

 

合格祈願靴下開発物語.pdf

 

なお、この開発物語の始まりの記としてはこちらです ↓

 

2015.01.22

香芝市 + 樟蔭 --てんてこパズル奮闘記④

http://cheer.osaka-shoin.ac.jp/info/2015/01/post-313.php

 

そしてできあがった靴下を持って完成お披露目☆

 

新聞社の取材も受けました。

 

DSC_0041.JPG  DSC_0035.JPG

 

この靴下は、多くの新聞に取り上げられました。

 

20151028奈良新聞朝刊経済13面.pdf

 

20151028毎日新聞朝刊奈良26面.pdf

 

20151114讀賣新聞朝刊奈良29面.pdf

 

20151119産経新聞朝刊奈良26面.pdf

 

そしてなんと! なんと!! ふつーはありえないことに、学生の意をくみ取っていただいた読売新聞14日の奈良版掲載記事が1週間の時を超えて、県境を越えて、22日の伊賀版に掲載されましたぁ~!!!

 

20151122讀賣新聞朝刊伊賀32面.pdf

 

「それってそんなにすごいこと?」と思っていませんか?

 

そーなんです! すごいことなんです!!

 

これは稀なことらしく、本大学にとってとても名誉なことです。

 

すばらすぃ~(素晴らしい)☆☆☆ (拍手して!拍手!! パチパチパチ☆)

 

IMG_1604.JPG  IMG_1605.JPG

 

この靴下が希望大学へ連れて行ってくれるのかもしれませんね。

 

お値段は…???

 

それはサイトを見てのお楽しみです~★

 

お買い得ですよ~(通販番組風)

(いや私は靴下産業の回し者ではありません。)

 

この商品は以下のサイトから購入することができます。

 

杉山ニット工業 >> ダルマもりソックス 

http://www.miashi.jp/darumamori.htm

 

さぁアナタもこの靴下を履いて樟蔭の入試を受けましょう☆

 

IMG_1608.JPG

(加藤先生の研究室の入り口に貼っている、だるまだるま・だるま)

 

(ライフプランニング学科 越智砂織)

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Loading Calendar...

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録


 学科ニュース

各学科に関する最新ニュースやお知らせなどを配信していきます。