みなさん、こんにちは。

 

学生どころか、インフルエンザの菌も恐れる(?) ライフプランニング学科の越智先生です(つまり元気いっぱいってこと)。

 

樟蔭は、試験・補講期間も終わり、春休みに入りました。

 

この時期、ライフプランニング学科は、毎年恒例の卒業論文試問会を開催しています。

 

試問会って何?と思われましたか?

 

ライフプランニング学科では、4年間の学びの集大成である卒業論文について、構想発表会、中間報告会を経て、論文を仕上げ、提出に至ります。(詳しくは今までのブログをチェケラ~♪←DJ風)

 

「卒業論文構想発表会が行われました!」 

http://cheer.osaka-shoin.ac.jp/info/2015/08/post-364.php

 

「卒業論文中間報告会が行われました」

http://cheer.osaka-shoin.ac.jp/info/2015/10/post-377.php

 

「4回生、卒業論文を提出しました~☆」 

http://cheer.osaka-shoin.ac.jp/info/2016/01/post-405.php

 

卒業論文は提出すれば終・わ・り~♪…ではなく、最後に主査(卒業論文の指導教員)、副査(同じ学問領域の教員)の2人の先生から、卒業論文について尋ねられる「口頭試問会」を行っています。

 

学生たちはこの試問会をクリアして、初めて卒業論文の単位を取得することができます。

 

IMG_1775.JPG  IMG_1774.JPG

 

今年度は2月8日・9日の2日間に分けて、卒論の指導教員の研究室で行われました。

 

時間は1人15分です。

 

まずは控え室で試問会の準備です。

 

IMG_1767.JPG  IMG_1753.JPG

(うーん、何を質問されるんだろう…どきどき)

 

緊張の面持ちで、準備に余念がありません。

 

IMG_1752.JPG

(家計領域:主査 神田先生  副査 越智・小野寺先生)

 

IMG_1768.JPG

(ビジネス・キャリア領域 主査 加藤先生  副査 兒島先生・濵田先生)

 

IMG_1769.JPG

(家庭と地域領域 主査 竹村先生  副査 呉先生・小野寺先生・萩原先生・濵田先生)

 

さぁいよいよ試問会の始まりです。

 

IMG_1755.JPG

 

IMG_1771.JPG

 

IMG_1770.JPG

 

先生方からのするどい質問(突っ込み)に、しどろもどろ…!

 

それでも入念に準備していたお陰(?)か、いままでの構想発表会や中間報告会で度胸がついたのか、はきはきと応える場面も。

 

いやぁ~、みんな成長したなぁ~(しみじみ)。

 

こんな感じで試問会は無事に終了しました。

 

先生方、大変お疲れ様でした!!

 

学生たちは、試問会が終了しても、先生から指摘されたところや誤字脱字をチェックして、最後にPDF化(データ化)しなければなりません。

 

IMG_1773.JPG  IMG_1772.JPG

(データ修正なう)             (スキャナで読み取りなう)

 

これでほんとにほんとに、卒業論文の完成・終了です。

 

みんな、お疲れ様でした。

 

卒論、評価しとくね~(=成績つけとくね) うふっ☆(←悪魔のささやき?)

 

試問会の後は、これまた恒例(?) 神田ゼミの「お疲れサマ会」です。

 

IMG_1766.JPG  IMG_1765.JPG

(お疲れ様! かんぱぁ~いっ!)      (やっと終わったぁ~!!!)

 

みんなで料理やお菓子を持ち寄って食べながら、今までの苦労話に花が咲きました。

 

こういった経験は、なかなかできないし、社会に出てからきっと役立つはず。

 

みんなで助け合って卒業論文の最後の締めくくりをできて本当に良かったね☆

 

(ライフプランニング学科 越智砂織)

 

 

29日、入学前スクーリングが始まりました。

健康栄養学科では、合格者で希望する人を対象に、高校「化学」「生物」を学習する機会を提供しています。

1回(火曜日)10時~15時(昼休み1時間)、6回にわたり、高校「化学」「生物」の中から、大学入学後に必要な部分を中心に勉強していきます。

 15-19photo01.jpg 15-19photo02.jpg

人数が多くなってきましたので、学内で一番大きい教室(G501教室)を使っています。

この教室では、スクリーンをホワイトボードとして使っています。

また、都合で参加できない人や個別指導を希望する人には、補講日(金曜日)も設けられています。
今年から、インターネットを使って小テストや追加プリントをダウンロードできるようになりました。通学できない人は、このサービスを使って質問をすることもできます。

1回の授業後に、教室で交流会を開催しました。参加者があり、総勢68名が集まりました。

15-19photo03.jpg 15-19photo04.jpg

15-19photo05.jpg 15-19photo06.jpg

15-19photo07.jpg 15-19photo08.jpg 

はじめは、みんな少し緊張気味でしたが、だんだんうちとけ、話が盛り上がっている様子でした。

これから4年間、がんばりましょう!

こんにちは。教員の嶋崎さや香です。

今回は3、4回生が受講できる「図書館実習」についてご紹介します!

 『図書館実習』とは、実際に図書館で働くことを通じて

図書館の機能や役割、業務を理解するために開かれた科目です。

 

実はこの授業、今年初めて開講されました。

その記念すべき最初の実習生は国文学科3回生の学生さんでした。

11月末から12月までの5日間、本学図書館の実習に参加しました。

ここでは、少しだけ実習内容についてご紹介します。

 

実習にもだいぶ慣れてきた4日目の様子です。

simazaki1.jpg simazaki2.jpg 

新しい本の目録情報をチェックし分類番号を打ち込んでいます。

データの処理は複雑で、慣れるまでに時間が必要なようですが、

バーコードを読み取る機械を操る手がさまになっていました。

 

実習ではこのほかに・・・、

・雑誌の受入れ登録

・返された資料のデータ処理

・利用のための資料準備(ラベル貼り、蔵書印の押印)

・開館と閉館作業

など盛りだくさんです。図書館の方々が、とても熱心に準備、指導してくださいました。

 

実習のまとめでは「人、コミュニケーション、心」というテーマで展示も行いました。

実習生の熱い思いがあふれた展示で、素晴らしかったです。

simazaki3.jpg

 

ちなみに、実習に参加した学生さんのお気に入りは書架の整理だそうです。

モクモクとやっていると没頭できて楽しいそうです。

simazaki4.jpg

来年度も開講予定です。

興味を持った方はぜひ受講してみてください。

キャンパスに移ってきて初めての≪大運動会≫が開催されました。

 

小阪に移ってきて最初の大運動会の目玉ポイントは何といっても広い新体育館!

参加者111名と実に多くの学生さんたちが10チームに分かれて競技に取り組みました。

unndoukai.jpg

 

運動会らしいメインプログラムの「真剣ガチリレー」では、本気のランニングを見ることができました。また、練習をほとんどしていないにもかかわらず、素晴らしいバトンワークを披露してくれました。

rire.jpg

 

もう一つ、運動会らしいプログラム「紅白玉入れ&バドシャトル入れ」では、エキサイトしすぎて、入ってはいけないエリアに入り放題!ルール無視の競技となってしまい、少し残念!

tamaire.jpg

 

最後は6競技の獲得得点を合計して、10チームで順位づけをしていきました。上位チームの頑張りを拍手でたたえ表彰しました。

 

みんな、参加賞(お菓子飲み物プチセット)を手に、大いにもりあがって終了となりました。みんな仲良くなり、親睦が深まったようです。

omiyage.jpg

みなさま、芳情館4階と5階にお気づきになりましたでしょうか?
 
 
このイルミネーションは、「樟蔭キラキラプロジェクト」として、2006年より被服学科で制作が始まりました。
 
毎年12月に、芳情館北4階ウィンドーを利用して、地域の方々や電車の車窓からも楽しんでいただけるよう、デザインを変えながら継続し、広く一般の方々へ向けてのビジュアルプレゼンテーションの場になってきました。
2007年は、被服学科とインテリアデザイン学科の共同で行い、2008年以降はインテリアデザイン学科にて制作されてきました。
2015年は、これまで制作の中心を担っていたインテリアデザイン学科の先輩から、被服学科被服学専攻生活デザインゼミの3回生がプロジェクトを引き継ぎました。
春学期より、インテリアデザイン学科の先輩に制作方法を教わり、半年間にわたってイルミネーションを制作してきました。
計画から制作の過程では、はじめての経験に戸惑いながら試行錯誤を繰り返しました。
制作メンバーは、生活デザイン研究室ゼミ生の他に、被服学専攻の有志も加わり、バラエティ豊かなアイデアが生まれました。
 
 今年のイルミネーションデザインのテーマは、Make Up & Fashionです。
来年度より学科名が「化粧ファッション学科」に変更されることから、新しい学科名を知っていただくためにこのテーマを中央に配置し、化粧とファッションに関連したモチーフを選びました。その他、日本文化にちなんだ服飾デザインなどを加え、「2度見したくなるような」をコンセプトにしたユニークなデザインを展開しました。
 
1400.jpg  7400.jpg
まずは、デザインをし、電飾をつけていきます。
6400.jpg  8400.jpg
今年のテーマができていきます。
5400.jpg  4400.jpg
そして窓枠につけていきます。
3400.jpg
設置後は、生活デザインゼミ3回生・有志一同で記念写真。
9.jpg
完成作品がこちら。キラキラ綺麗にできました。
 
 
 
「イルミネーションプロジェクト2015」は、12月1日、ウィンドーに設置作業を行い調整をした後、12月8日より点灯を開始いたしました。
2月上旬まで点灯していますので、私たちの新たなイルミネーション作品をぜひお楽しみください。
被服学科 被服学専攻 生活デザインゼミ3回生・有志一同
 
 
 
 
=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=
被服学科の最新記事から過去の記事までを一気にチェック!
↑ クリックしてね! ↑
 
※被服学科は、平成28年度4月より化粧ファッション学科に名称変更
 
イイネも是非クリックお願いします♪↓
 
被服学科では、卒業制作展と卒業論文発表会を行いました。
 
【卒業制作展】
卒業制作展は、本学の記念館2階にて開催しました。
学生による研究内容をまとめたパネル展示と、写真集や衣装、様々な作品を一般公開。
記者の方も取材に来られ、展示の様子が新聞に掲載されました。
 
so1 400.jpg so2 400.jpg
so3 400.jpg so5 400.jpg so8 400.jpg
2so6 400.jpg 2so7 400.jpg so4 400.jpg    
 
 
【卒業論文発表会】
卒業論文発表会は、本学の翔空館10階にて開催しました。
毎年、4回生の春期(7月末)に、卒業研究の進捗状況を発表する卒業論文中間発表会が行われ、秋期(1月末)に積み重ねてきた研究を発表する卒業論文発表会が行われます。
今回行われた卒業論文発表会では、学生が研究テーマについての内容をパワーポイントのスライドを用いて、7分間のプレゼンテーションを行いました。
 
so9 400.jpg
 
このように、学生たちは卒業制作展や卒業論文発表会を通して自身の研究テーマについて取り組んできた成果を発表します。研究を積み重ねてきたことにより、考察力や創造性、表現力、忍耐力、技術力などが身に付いた学生たちは、堂々と発表し、大きな自信を獲得できた様子でした。
 
 
 
=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=
被服学科の最新記事から過去の記事までを一気にチェック!
  ↑ クリックしてね! ↑

※被服学科は平成28年度4月より化粧ファッション学科に名称変更

 

菅ゼミ3回生のバーベキューパーティーが先日、学内で行われました。

160128-1.jpg

この企画は、将来幼稚園教員、保育士、小学校教員となる学生にとっては、貴重な体験学習となっています。教育現場での遠足・宿泊研修等で行われる野外炊飯やバーベキューでの火の起こし方、食材の選別、焼き方など、実体験を通してのみ学ぶことのできるパーティーでした。

160128-2.jpg
 

学生は、個々におにぎり担当、焼き肉のタレ担当、玉ねぎ担当などの食材の担当を決め、当日に持ち寄って、バーベキューがスタート。

160128-5.jpg

とは言っても、焼きながらのゼミ生同士のコミュニケーションは盛り上がり、時々、肉を焼きすぎて、コゲコゲの肉も出る始末。

160128-3.jpg

ゼミの懇親にもつながり、楽しく盛り上がった90分でした。

160128-4.jpg

急に寒くなってきましたが、受験生のみなさん、風邪などひかないように気を付けてください!

さて、1月13日に4回生は卒論提出を終え、1月18日から管理栄養士専攻の学生は国家試験対策の補習がはじまりました。

ゼミ室にも、助手さんが作成してくれた、カウントダウンが掲示され、国家試験当日までの残りの日数を刻んでいます。
(まだ、サンタクロースがいますが・・・)

15-18photo1.jpg

先日のゼミ会では、食物栄養専攻の学生から、国家試験を受験する管理栄養士専攻の学生に、かわいいプレゼントがありました!

15-18photo2.jpg

手作りのお守りとのこと。中身は、受験日まで秘密とのことでしたが、当日落ち着いて受験できるようにメッセージとお札が入っているそうです。
それぞれ、個人に応じた色やデザインで作られています。さすが!女子力全開ですね!

15-18photo3.jpg

それぞれお守りを持って記念撮影!

今年も全員合格するぞー! (食品化学ゼミ 川端康之)

 

 

 

みなさん、明けおめ~! ライフプランニング学科のブログをことよろ~! (学生風)

 

濵田先生と私、越智は学科の先生方と学生に協力していただきながら、今年もはりきって楽しいブログをアップしていきますよ~!

 

ブログを読んで下さっているみなさま、楽しみにしていて下さいねっ。

 

今回はライフプランニング学科の天使と呼ばれる呉知恩(お ちうん)先生を紹介します。

 

では呉先生の登場です~☆

 

IMG_1751.JPG

(天使のほほえみ 呉 知恩先生)

 

 

Q-1:お生まれは

 

A-1:東京オリンピックの年に生まれました。

 

さぁ、何年でしょう? 調べましょ! 調べましょ!

 

 

Q-2:ご専門と担当科目は

 

A-2:専門は人類学、社会学です。家族、宗教、ジェンダー、地域の比較研究を行っています。

 

担当科目は、学科の学びの4領域の中で「家庭・地域」領域の科目として「少子高齢社会とコミュニティ」(2回生)を、「社会調査士」資格関連科目として「社会調査概説」(1回生)、「質的データ解析実習」(3回生)、「社会調査実習I・II」(3回生)を担当しています。

 

         

Q-3:ご出身は

 

A-3:韓国の釜山市(韓国第2の都市)生まれで、4~5歳から首都のソウル市で育ちました。

 

 

Q-4:日本に来て驚いたことは

 

A-4:1990年代まで韓国では自転車に乗る人が少なかったですが、日本に来て老若男女に関わらず自転車に乗るのが普通であったこと、特に小さい子どもを抱っこして自転車の前カゴ、後ろカゴに子どもを乗せて走る若いお母さんたちのパワーに驚きました。

 

 

Q-5:自分をデザートにたとえたら

 

A-5:“フォンダン・オ・ショコラ (フォンダン・ショコラ)“でしょうか。

 

外はちょっと苦みのある、しかし中はとろけるような甘いチョコレートソースがおいしいケーキですね。

 

普段はちょっと厳しく見えるけど、実は学生との距離が近く、知れば知るほど甘えん坊の末っ子の特徴が見抜かれるかも。

 

 

[ちょっと裏話]

 

呉先生は、この質問を考えに考えて…、う~ん……。そしてお子さんに聞いたそうです。

 

そしたらお嬢さんが、「お母さんはフォンダンショコラ」とおっしゃったそうですよ★

 

さすがお嬢さん! お母さんのことをよく見ていますね♪

 

 

A-6:呉先生の学生時代は

 

Q-6: 私が大学生活を送った1980年代半ばの韓国社会は、軍事クーデターによる軍事政権に抵抗するデモが絶えず、大学生の間でイデオロギー闘争が激しく、大学生活でいろいろと悩みが多かったです。

 

平和な今の日本では考えられない話でしょうけど、その時代を生き抜いたことで、生き方も、社会を見る視点も変わったと思います。

 

 

日本の大学生とずいぶん違いますね。お国柄が出ています。

 

勉強になるなぁ~!

 

さて、ここで呉先生の研究室を紹介します。

 

IMG_1750.JPG

(呉先生の研究室)

 

きれいに呉先生の研究分野の専門書が並べられています。

 

ほとんどが日本語の書物ですが、中には韓国語の本もあります。

 

ちなみに私はハングルがまったく読めません。韓流ドラマは大好きなのになぁ~。

 

 

Q-7-1:ライフデザインに関するこだわりは

 

A-7-1:夢を持つことです。

 *その夢は自分自身だけではなく、周りの人々をも幸せにさせる夢を。

 *夢を実現するために努力し続けること。

 *夢を実現するため人の輪を大事にし、お金の使い方を身につけること。

 *夢を分かち合うこと。

 

 

Q-7-2:食に関するこだわりは

 

A-7-2:食へのこだわりというより、以下のことを大事にしています。

 *食べられることに感謝する。

 *偏らない食材と調理法に気をつける。

 *旬のものを活用する。

 *美味しく食べる(美味しく食べられる人・場所・時間を大事にする)。

 *食べられない人のために祈る。

 

 

さすが呉先生、すばらしいこだわりです!!

 

見習いたいですね!

 

 

Q-8:10年後の自分はどうなっている?

 

A-8:第3の人生の生き方を模索して、その道を歩んでいるでしょうか。

 

 

Q-9:イチオシ写真は

 

A-9:

 

taiyonotou.jpg

(大阪府吹田市の万博記念公園の太陽の塔)

  

1970年に開催された万国博覧会を記念して作られたシンボル塔で、塔の頂部には金色に輝く未来を象徴する「黄金の顔」が、正面には現在を象徴する「太陽の顔」が、背面には過去を象徴する「黒い太陽の顔」の3つの顔を持っています。過去から現在へ、そして未来へと時間の流れが感じられるこの太陽の塔には見る人を圧倒する迫力があり、ついにカメラのシャッタ-を。

 

ちなみに万博記念公園の中には国立民族博物館があり、よく学生を引率して学外授業に行っています。

  

 

Q-10:受験生にメッセージをどうぞ

 

A-10:最近、大学生たちとの話の中で、「先生、私は55歳頃に死にたいです」という話を聞いて驚いたことがあります。

 

世界一の長寿国の日本において、大学生から「55歳頃に死にたい」という話は想像もできない話でした。

 

その理由を聞くと、「将来の展望が見えないから、60歳になる前に死んだ方がいいと思います」と真剣な顔付きで話したのでした。

 

「将来の展望が見えないから早く死にたい」と思うことのないように、皆さんは、展望が見える将来を今から作れるように、ライフプランニング学科で自分の人生を設計する知識とスキルを磨きましょう。

 

 

呉先生、お忙しい中、質問にお答えいただきありがとうございました。

 

呉先生らしい、真摯で真面目なお答えでした。

 

さぁて、次回の教員紹介は…?

 

ライフプランニング学科生の高就職率はこの人のおかげ! ウワサのあの先生です~。

 

どうぞお楽しみに☆

 

(ライフプランニング学科 堕天使 越智砂織)

 

被服学科の卒業制作展を開催します!
 
 so1 400.jpeg
 
   ~ 被服学科 卒業制作展 ~
 2016年1月19日(火)~1月25日(月)
 時間 10:00~16:00
 会場 大阪樟蔭女子大学 記念館2F
 
大学生活4年間で身につけた専門知識と技術を発表する
集大成の卒業制作展です。
是非この機会に被服学科の学生の作品をご覧ください。
 
 
 
=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=
被服学科の最新記事から過去の記事までを一気にチェック!
  ↑ クリックしてね! ↑

※被服学科は平成28年度4月より化粧ファッション学科に名称変更

 
 

Loading Calendar...

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録


 学科ニュース

各学科に関する最新ニュースやお知らせなどを配信していきます。