みなさん、こんにちは。

ライフプランニング学科の越智です。

秋がどどどっとやってきて、すたこらさっさと通り過ぎていきましたねぇ~。

 

さてさて、秋はライフプランニング学科の4回生にとっては、キョーフ(?)の卒論中間報告会の季節です。

今年も恒例の「卒業論文中間報告会」を行いました。

IMG_3033.JPG

IMG_3038.JPG IMG_3039.JPG

(発表順)   (中間報告会用の要旨 A4 2枚にまとめています)

 

まずは、学科長の萩原先生から一言いただきました。

文は、ひとりで書くのではなく、多くの人と一緒に書いていくものです。

参考文献を伴走者と思って、その先へ、1歩、半歩、ちょっとでも前へ出ることを心がけて書きなさい。」

 

DSC01069.JPG

 

さぁ、神田先生の司会のもと、進行と注意点の説明を受けてからスタートです。

 

DSC01064.JPG

 

7月に卒業論文構想発表会を行いましたが、今回はさらに進んだ報告会で、学生たちは目次をもとに、論文の概要、および進捗状況を説明します。

1人に与えられた時間は、発表5分、質疑応答3分です。

 

【家庭と地域領域(呉ゼミ) 研究題目(抜粋)】

 日本における葬儀の変化と終活

 女子大学生の見た目意識の特徴~化粧とボディイメージを中心に~

 日本における食品ロスの問題と課題

DSC01080.JPG

 

【家計領域(越智ゼミ) 研究題目(抜粋)】

 貸金業者の総量規制における消費者への影響

 遺族年金給付における被保険者間の差異についての考察

 高齢社会における相続税の基礎控除のあり方

DSC01085.JPG

 

【キャリア・ビジネス領域(加藤ゼミ) 研究題目(抜粋)】

 「文具」、人気の背景を探る~文具メーカーの戦略から~

 現代における理想の博物館~集客効果を視点に~

 日本の入浴文化~湯と人のつながり~

DSC01084.JPG

 

みんな手際よく発表していきます。中には先生からの質問にタジタジの場面も!

卒業論文の提出まであと2ヶ月ちょっと。

他の学生の論文の進捗状況を聞くことによって、自分の論文の出来がわかります。

 

最後は、濵田先生に総評していただきました。

まずは、研究目的、問題提起、結論がきちんと書けているかどうか、また論文構成をしっかり立てないと論文は完成しないこともアドバイスしていただきました。

濵田先生はフードスタディの研究をしているので、論文を料理に例えて学生たちにわかりやすく伝授。

 

論文を書くときに必要な「資料、文献、アンケートの調査結果」などは、料理では「素材」を集めることと同じことであり、必要な素材が揃っていないと料理はできません。

次に、論文を書き進める上で結論を導くための「方法」は、料理では「道具」です。道具がないと調理できませんよね。

次は、論文では資料などを「分析」しますが、料理では「調理」部分に当たります。美味しく調理しないと味が決まりませんよね。

そして最後は、論文で最も重要な「考察(自分の意見を論理的に述べて結論を導き出す作業)」ですが、料理では「実食」にあたります。美味しくいただきましょ☆

 

料理では、「素材」「道具」を用いて「調理」して「食べる(実食)」こと。

論文は、「資料」を様々な「方法」を用いて「分析」「考察」すること。

とてもわかりやすい例えで、学生たちも真剣にメモを取りながら聴いていました。

 

DSCF0939.JPG

 

さすがです! 濵田先生!!

まっ、こんな面白い一面もありますが… ↓

 

IMG_3016.JPG

(報告会の要旨を持ってドヤ顔の濵田先生)

 

4回生のみなさん、中間報告会お疲れ様でした。

みんなが無事に1月13日にそろって提出できることを祈っています。

ラストスパートに突入! 頑張れ!!!

 

[おまけ]

加藤ゼミのクールダウン。パニノーニで打ち上げでした。

201611.JPG

 

(ライフプランニング学科 越智砂織)

マランゼミでは、今年の6月~11月の間に数回、大阪樟蔭女子大学付属幼稚園でKids English教室を行いました。

 

1クラス30分のレッスンを2クラスで行います。

レッスンでは、まず、マラン先生が中心となって、ウォームアップのTPR (全身反応)ゲームをします。

16jidourm1101.png

 

次に、学生がその日のテーマ(colors, numbers, Halloween, など)に合わせていろいろ工夫しながら、英単語を子供たちに教えていきます。

16jidourm1102.png

16jidourm1103.png

 

その後、子ども達は、マラン先生や学生と一緒に楽しいゲームやワークシートを行います。

16jidourm1104.png

 

みなさん、こんにちは。

 

前回、台湾で行われた新体操の大会で優勝した白井実希さんですが、今回もやってくれました!!

 

わがライフプランニング学科のフェアリー実希さんは、10月22日に行われた大阪新体操選手権大会 大学生 女子の部で見事優勝しました~~~!!!(パチパチパチ☆)

 

IMG_3040.JPG

(ライフプランニング学科3回生 白井実希さん)

 

IMG_3042.JPG

 

今回はフープとリボンの2種目で戦いました。白井さんはリボンが得意☆

 

フープの演技は安定していて、早朝の試合でしたが楽しく演技することができたそうです。

普段は中学生や高校生と一緒に練習している白井さんですが、同じ大会に出場するのはこの大会だけで、一緒に演技をすることができて嬉しかったのだとか。

 

IMG_3044.JPGIMG_3048.JPG

 

彼女が優勝するには、ちゃんとワケがあります。

練習は、週6日。大学の授業が終わってから3-4時間、みっちり練習します。

週末にいたっては6-7時間も納得のいく演技ができるまで練習に練習を重ねます。

また、新体操では身体の美しさも要求されることから、常に体型に気を配っています。

今はコーヒーダイエットをしているそうですよ。

コーヒーダイエットは、練習の1時間前にブラックコーヒーを飲むこと。そうすると、効率良く脂肪が燃焼します。

実はこのダイエット、私もやっています! へへっ☆

 

彼女のほんと~にほんと~に地道な努力が、大会での優勝という成果をもたらすのです。

 

次の大会は、12月18日に行われる「関西学生体操交流大会」。

今年最後の試合です。

来年から新体操のルールが変更するので、それに伴い演技構成も変更したのだとか。

IMG_3041.JPG

(笑顔がステキなライフプランニング学科のフェアリーです)

 

「とにかくいい演技で今年を締めくくりたいし、同じライフプランニング学科の森さんと並んでメダルが取れるように頑張ります!」と意気込みを見せてくれました。

二人とも良き仲間であり、良きライバル。

切磋琢磨して、今年1年の集大成の演技をしてきて下さい。

応援してるよ~、フェアリー実希!!

 

(ライフプランニング学科 越智砂織)

ニュージーランドのオークランドへ中期留学中の2回生Yさんから、レポートが届きました。

それではYさんどうぞ。

 

みなさんこんにちは!国際英語学科2回生のYです!

今日は私のホームステイ先での出来事を紹介しますね*\(^o^)/*

 

私のホームステイ先ではホストファミリー夫妻とコロンビアからのカップルと韓国からの留学生とともに生活しています!

実はつい最近、コロンビアからの留学生たちが、コロンビアの伝統料理を作ってくれました

じゃじゃん!!

IMG_4999.JPG

すごーく美味しかったですよ( ´ ▽ ` )

Yは人生で初めてコロンビアの料理を食べました!

コロンビアの料理に青バナナのフライというものがあるのですが、それが個人的にお気に入りです!

そしてその次の日は韓国からの留学生が韓国の料理を作ってくれましたよ

こちらです!

IMG_5016.JPG

 

韓国料理は日本でもよく食べられていますから、ご存知の方も多いと思いますが、トッポギというお餅をクリームソースと一緒に食べるのが韓国の若者の間で流行なんだそうですよ!初めて知りました( ´ ▽ ` )

 

他国の美味しいご飯を食べながらたくさん話をして凄く楽しかったです*\(^o^)/*

ホームステイ先でもたくさんの文化に触れることのできたYでした!

次はYも日本食をホストファミリーに振舞ってみたいです!!

 

では、また更新しますね(^^)

See you!!!

 

Yさん、ありがとう。またレポート待ってます。

国際英語学科の最新の様子は今週11月12日のミニオープンキャンパスでもお伝えします。

ご興味持たれたら、ぜひお越しください。

(国際英語学科 杉浦 隆)

みなさん、こんにちは。

11月に入り、寒くなってきましたねぇ~。

そろそろホッカイロを入手しとかねば…!

 

さて、先日第3回のノートテイカーの交流会が開かれました。

前回のノートテイカー交流会はこちらをチェケラ~☆

 

秋学期(後期)に入ってから、聴覚障がい者の授業に一緒に参加し、ノートテイクをしていて、疑問に思ったことや改善点などについて話し合いを行いました。

みんな忙しい合間をぬって、ランチを持ち寄ってのミーティングです。

 

IMG_3019.JPG  IMG_3022.JPG

 

ノートテイクをする上でやはり難しいのが、英語の授業とディスカッションの授業。

特にディスカッションの授業では、学生たちが積極的に発言しますから、ノートテイクも大変です。

また聴覚障がい者の学生本人もディスカッションに参加しなければなりません。

どのようにノートテイクをすることがその学生のためになるのか、一般のボランティアの方からアドバイスをいただきました。

 

IMG_3023.JPG  IMG_3020.JPG

IMG_3032.JPG

 

一般のボランティアの方は、今までの豊富な経験を通して、学生たちに的確なアドバイスをして下さいます。

この他、学生同士で意見交換を行い、活発な交流会となりました。

 

IMG_3028.JPG  IMG_3027.JPG

 

ノートテイカーは、聴覚障がい者の「耳」。決して聴覚障がい者のお世話係ではありません。

一見冷たいように思われるかもしれませんが、聴覚障がい者が卒業後、自立して自分の人生を歩んでいけるよう支援しています。

 

ノートテイカーのボランティアのみなさん、いつも一生懸命に活動して下さって本当にありがとうございます。

これからも聴覚障がい者支援のために力を貸して下さいね。

 

(ライフプランニング学科 越智砂織)

みなさん、こんにちは。

さぁ、一日体験授業、午後はフードスタディコースの授業で「いくらの醤油漬け体験」です。

まずは濵田先生から、工程の説明を受けました。

 

IMG_2998.JPG  IMG_2997.JPG

(濵田先生と田中愛子先生)←親子のようです

 

さぁ、みんな筋子が届いていますよ~! どーん!!!

参加者から「わぁ~♪♪♪」という歓声が聞こえます。

 

IMG_2992.JPG  IMG_2993.JPG

(北海道の厚岸から届いた筋子 キレイな筋子ですねぇ~☆)

IMG_2994.JPG

(説明する濵田先生)

 

まずは、筋子をボウルに取り、塩を少々加えてから、約40度のお湯で優しく洗います。

IMG_3001.JPG  IMG_3002.JPG

(筋子をやさし~く手洗い)

 

そしてその後、筋子の中からいくらを取り出すために薄皮をキレイに取り除きます。

結構力を入れても、いくらは潰れたりしません。(意外な発見!!)

しかし、この薄皮を取るのがめんどくさい!!!

いくらが高級品なのは、このような手間がかかっているからなんですね。

 

IMG_0050.JPG

(薄皮を丁寧に取り除くワタシ)

IMG_0051.JPG

(段々めんどくさくなってきて、濵田先生に手伝っていただきました)

 

濵田先生:越智先生、もうちょっとキレイに取り除いて下さいよ。

私:もうめんどくさいです。だいたい私は食べることが専門なんですよ~。(ちょいキレ気味)

濵田先生:ほら、いくらがこぼれていますよ!

私:……、ところで酢飯は用意してくれているんでしょうね? いくらの軍艦巻き食べたいっ!

濵田先生:炊いてないです……。

私:!!!!!(ガクッ)

 

で、ほぼほぼ濵田先生に手伝っていただき、いくらが取れました~! ほれ!

 

IMG_3004.JPG

(い・く・ら)

IMG_3009.JPG  IMG_3005.JPG

 

味付けは、醤油、日本酒、そしてみりん。味付けは家庭によって異なります。今回は濵田ブレンドでまぜまぜ!

30分ほどおいたら、いくらの醤油漬けの完成~~~♪

でもすぐには食べられません。筋子に虫(菌)がついてないといいきれないので、念のため一度冷凍して殺菌してからです。

いくらの軍艦巻きは遠かった…。

 

IMG_2999.JPG  IMG_3010.JPG

参加者たちは、後片付けもきちんとやってくれました。

 

最後は、みんなでティータイム☆

ケーキとジュースを頂きながら、今日の授業を振り返りました。

IMG_3013.JPG  IMG_3014.JPG

 

参加者のみなさん、お疲れ様でした。

ライフプランニング学科の学び体験、楽しかったですか?

 

(ライフプランニング学科 いくら大好き越智砂織)

 健康栄養学科の卒業生で、(前)解剖生理学研究室助手の土屋翼さんが、10/8(土)に行われた第38回日本臨床栄養学会学術総会で優秀論文賞を受賞されました。土屋さんは、本学大学院人間科学研究科人間栄養学専攻(修士課程)の修了生でもあります。

16-16photo01.jpg 16-16photo02.jpg

 論文のタイトルは「クマゼミを用いた食用昆虫の栄養成分分析及び昆虫食に関するアンケート調査」です。

16-16photo03.jpg

 クマゼミは比較的採集が容易であり、国内でも食習慣が存在したことがあるそうですが、その栄養成分は不明です。この研究では、昆虫の栄養学的意義を解明する一環として、クマゼミの栄養価を明らかにするとともに、昆虫食に対する意識や食経験を把握するためのアンケート調査の実施が行われました。

 分析の結果、クマゼミ100 g中には、水分59.4 g、たんぱく質18.7 g、脂質4.3 g、灰分1.4 g、炭水化物16.2 gが含まれており、熱量は178 kcalとのことです。牛・豚・鶏のもも肉と同程度のたんぱく質量だそうです。しかし、クマゼミ1匹の重さは約2 gなので、50匹で100 g相当になることから、実際の食事として提供することを考えると必ずしも高たんぱく質とは言えないそうです。

 本学女子学生を対象としたアンケート調査の結果では、9割以上が、昆虫の食経験がなく、昆虫を食べたくない、との結果でした。しかし、飢餓状態なら食べる(25.3%)、形が分からなければ食べる(22.1%)のように、状況次第では食べるとの回答もあり、昆虫の外観が分からない状態で提供されれば、抵抗感が軽減されそうです。

 では、筆頭著者の土屋さんに、研究を行う上での苦労などについて伺ってみましょう。

【土屋さん】
 本論文のテーマは「昆虫食」ですが、この分野に関する先行研究はまだ多くはありません。そのため、自ら検討してみなければ分からないことばかりでありました。昆虫食について研究することは本学でも初めてのことであり、当時のゼミ生と失敗を重ねながら取り組みました。本研究では食用昆虫の一種であるクマゼミの栄養成分分析を行いましたが、試料となるセミを100匹以上も採集したことは苦労した点のひとつかもしれません。

 研究を遂行するにあたり多くの方々にご指導、ご協力を頂き、論文としてまとめることができました。未知なことが多い分大変なこともありましたが、未来の栄養学に寄与する可能性のある昆虫食について研究できたことを嬉しく思います。

クマゼミを実際に100匹も集められたんですね。夏の暑い時期に、大変だったと思います。
次に、指導教授である石蔵先生に、今回の受賞の意義と今後の研究の展望などについて伺ってみましょう。

【石蔵教授】
 私が大阪樟蔭女子大学に赴任して一番悩んだのが卒業論文のテーマです。ある時、新聞で人間や牛・豚と栄養源がかぶらず、成長が早い昆虫は将来の食糧危機の切り札であるという記事を目にしました。人がやらない研究(私自身はそれが研究の神髄と考えていますが)が好きな私は、さっそく昆虫食について調べましたが、学術的な検討は少なく、主にゲテモノ食として話題になる程度でした。これは研究する必要性があるなと感じた私は、助手の土屋さんに”昆虫食を研究したいので資料を集めてほしい“と頼みました。最初はびっくりしていたのですが、資料を集めていくうちに土屋君も興味を持ち始め、ゼミ生と熱心に研究するようになりました。学会で発表したときは、あまり興味を持ってもらえませんでしたが、座長から論文推薦をいただき、土屋君が頑張って論文にして投稿したところ、見事に採用されました。まさか優秀論文に選ばれるとは思ってみませんでしたが、研究というのはこんなものだなと改めて感じました。この論文のデータを集める際にご尽力いただいた先生方には深謝いたします。

16-16photo04.jpg

みなさん、こんにちは。

ご無沙汰でござった。 拙者、雲隠れしておった…。(なぜか時代劇風)

「ライフの瓦版(Blog)を書かねばならぬ~~っ(汗・汗)!」と思いつつ仕事をしていたら、霜月(11月)になっておった…。(まだ時代劇風)

 

さてさて、遅くなりましたが10月10日(祝日)に行われた一日体験授業の午前の様子をお届けします~♪

この一日体験授業は、大学の授業に参加していただき、リアルな大学生活をちょっとのぞき見☆していただこうという企画です。

 

ライフプランニング学科では、午前中にライフデザインコースの授業体験を、午後はフードスタディコースの授業体験をしていただきます。

参加者の高校生たちは在学生に混じって、2時間目の私の授業から聴いてもらいました。

 

IMG_3035.JPG

 

私の「簿記」という授業では、「パスタメニューで会計学を学ぶ」と題して、イタリアンレストランを河内小阪で開業するという設定のもと、開業資金や商品の原価(材料費などの元の値段)やパスタの値段設定などについて授業しました。

 

イタリアンレストランですから、看板メニューはやっぱりパスタ☆

しかも、ペスカトーレとナポリタンのみ!!

なぜペスカトーレとナポリタンか??

それは一日体験授業の午後編で活躍する濵田先生がシーフードの研究をしているため、シーフード系のパスタを入れてみてはどうかと提案してくれたから。

ライフデザインコースとフードスタディコース、ちゃんと繋がっているんですよぉ~。

「メニュー少なっ!」という学生の突っ込みはさておき…。

さぁ授業開始!

 

IMG_2981.JPG  IMG_2986.JPG

 

まずは看板メニューのペスカトーレとナポリタンの材料費はいくらかかるか計算してもらいました。

 

IMG_3037.JPG

 

先生は、某無料サイトの「クッ○パッ○」で材料を調べ、学生には値段を予想してもらうことに。

 

学生:「車エビって一匹いくらよ?」

学生:「調味料の値段ってわからへんわ…」

 

真面目に電卓で車エビ1匹やイカ一杯やベーコン1枚の値段を出そうとする学生と参加者たち。

 

私:「あ、あのぅ~…、ざっくりでいいんですよ~。ざっくりで!」

 

次は利益を出すためにはどうすればいいか、また値段設定が妥当かどうかを知るために、「損益分岐分析」を行いました。

「損益分岐点」は、カンタンにいうと、利益も損失もでないプラスマイナスゼロの地点のこと。

この地点の売上を「損益分岐点売上」といい、ここを超えないとお店として儲かりません。

 

IMG_3036.JPG

 

それをわかりやすく図を書いて説明しました。

 

IMG_2982.JPG  IMG_2985.JPG

 

在学生も参加者もみんな、説明を聴きながら「へぇ~!モノの値段にはちゃんと意味があるんだぁ~」と驚いていました。

 

さて授業の後は、参加者のみなさんとお手伝いをしてくれた学生とで「ランチタ~イム♪」

 

IMG_2991.JPG  IMG_2990.JPG

 

IMG_2989.JPG

 

みんなで美味しいお弁当をいただき、話に花が咲きました。

さぁ、午後はいくらの醤油漬け体験が待っていますよ~♪

 

(ライフプランニング学科 越智砂織)

10月29日13:30~15:50まで、本学附属子ども研究所主催の子ども研究所シンポジウムが開かれました。

第Ⅰ部では、大阪総合保育大学大学院教授の大方美香先生が、「幼児教育の今後を考える」というテーマの基調講演をしてくださいました。
 
特に、乳幼児期の子どもに対する大人のかかわりがいかに大切かについてのお話が印象的でした。
 
16jidousm1101.jpg
 
16jidousm1102.jpg
 
 
第Ⅱ部では、幼稚園教育実習や保育所実習のあり方の視点から、シンポジウムが行われました。
 
本学教員で幼稚園教育実習担当からは、中山教員が、保育者による環境設定の重要性について、保育所実習担当からは、佐野教員が保育所実習・保育実習Ⅱの評価の比較分析について、提案を致しました。
 
16jidousm1103.jpg

 

学生約270人と本学教員、一般受講者約20人が参加しました。

 

10月22日(土)に今年も開催されましたくすのき祭にて、
 
ameがヘアーショーを行いました!!!
 
 
被服学科/化粧ファッション学科の美容コースの学生が主となって、ヘアーメイクはもちろん舞台構成や音楽編集、映像等、すべて自分たちで作り上げヘアーメイクアップショーを行うチームame(アーム)
 
 
 
今回のテーマは『Flower』
 
 
 
ameのメンバーからは、「各チームで集まり練習をして、今年は特にヘアーショーらしい髪型を意識しました!」
とのこと。
ショーでは、「Yellow」、「White」、「red」のチームに分かれて、それぞれの色をモチーフに個性あふれる作品がたくさん見られました♪
 
 
 
【Yellow】
 
☆学生のコメント☆
衣装はデニムをメインに、ポイントにテーマであるイエローを取り入れました。
そして、みんなでお揃いのサングラスを持ちました。
ヘアーでは、それぞれモデルの個性が出るように心がけ、髪飾りは花で統一しました。
メイクでは、イエローを主に使用しました。しかし、イエローを使用すると色が見えづらくなったり、ゴールドを使用すると光によって見えづらくなったりと、苦戦しながらも色を濃くすることで改善しました。
 
 ame7.jpg400.jpg ame3.jpg400.jpg   
    
ame1.jpg400.jpg ame2.jpg400.jpg
 
 
 
 
 
【White】
 
☆学生のコメント☆
衣装は、白で統一し、トップスにはお花やリボン、パールなどを使い制作しました。
ヘアーは、かわいさ、大人っぽさをテーマに考えました。また、ショーに映えるようモヒカンや毛束を使いボリュームをアップさせたり、球体を使用し丸みを出したりといったインパクトのあるヘアーに仕上げました。
装飾品は、全体のテーマである『Flower』にちなんで、たくさんのお花を使用して制作しました。
 
ame4.jpg400.jpg ame6.jpg400.jpg   
   
ame9.jpg400.jpg ame5.jpg400.jpg
 
 
 
 
 
【red】
 
☆学生のコメント☆
衣装は、タイトでクールなイメージになるよう、ひきしめる効果のある黒色を取り入れてコーディネートしました。
ヘアーは、ウエットスタイルとボリュームのあるスタイルに分けて施術しました。
ウエットスタイルは、仕込みで髪の毛全体を濡らしてオイルワックスで固めていきました。
ボリュームのあるスタイルでは、ウイッグでボリュームを出したり、細かく巻き上げることでボリュームを出しました。
装飾品やメイクには、チームテーマである「red」から赤い花を使用しました。
 
ame8.jpg400.jpg
 
ame10.jpg400.jpg ame11.jpg400.jpg  
 
 
 
 
 
ショーが終わると、観客席から拍手喝采♪
『Flower』をテーマに、学生たちによるそれぞれのカラーをヘアー・メイク・衣装で表現したショーは、学生とは思えないデザイン力、想像力、技術力の備わった素晴らしいショーとなりました。
 
ame12.jpg400.jpg
 
また、ameのメンバーから入学生の方々へメッセージ♪
 
「ameでは、先輩や後輩が仲良く楽しく取り組んでいます。
また、たくさんの思い出や体験ができるので、入学の際は、私たちと一緒にヘアーショーをやりませんか。
ヘアーやメイクをするのが好きな人は、ぜひameのメンバーになってくださいね(^-^)ノ」
 
 
新入生の皆さん!
ヘアーやメイクに興味がある方は、ぜひameに入ってみてはいかがでしょうか(^^)
今後のameも要チェックです!
 
 
 
=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆= 
化粧ファッション学科の最新記事から過去の記事までを一気にチェック! 
↑ クリックしてね! ↑  

※化粧ファッション学科の被服学専攻は平成29年4月よりファッション学専攻に名称変更予定です。


Loading Calendar...

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録


 学科ニュース

各学科に関する最新ニュースやお知らせなどを配信していきます。