みなさん、こんにちは。

11月に入り、寒くなってきましたねぇ~。

そろそろホッカイロを入手しとかねば…!

 

さて、先日第3回のノートテイカーの交流会が開かれました。

前回のノートテイカー交流会はこちらをチェケラ~☆

 

秋学期(後期)に入ってから、聴覚障がい者の授業に一緒に参加し、ノートテイクをしていて、疑問に思ったことや改善点などについて話し合いを行いました。

みんな忙しい合間をぬって、ランチを持ち寄ってのミーティングです。

 

IMG_3019.JPG  IMG_3022.JPG

 

ノートテイクをする上でやはり難しいのが、英語の授業とディスカッションの授業。

特にディスカッションの授業では、学生たちが積極的に発言しますから、ノートテイクも大変です。

また聴覚障がい者の学生本人もディスカッションに参加しなければなりません。

どのようにノートテイクをすることがその学生のためになるのか、一般のボランティアの方からアドバイスをいただきました。

 

IMG_3023.JPG  IMG_3020.JPG

IMG_3032.JPG

 

一般のボランティアの方は、今までの豊富な経験を通して、学生たちに的確なアドバイスをして下さいます。

この他、学生同士で意見交換を行い、活発な交流会となりました。

 

IMG_3028.JPG  IMG_3027.JPG

 

ノートテイカーは、聴覚障がい者の「耳」。決して聴覚障がい者のお世話係ではありません。

一見冷たいように思われるかもしれませんが、聴覚障がい者が卒業後、自立して自分の人生を歩んでいけるよう支援しています。

 

ノートテイカーのボランティアのみなさん、いつも一生懸命に活動して下さって本当にありがとうございます。

これからも聴覚障がい者支援のために力を貸して下さいね。

 

(ライフプランニング学科 越智砂織)

みなさん、こんにちは。

さぁ、一日体験授業、午後はフードスタディコースの授業で「いくらの醤油漬け体験」です。

まずは濵田先生から、工程の説明を受けました。

 

IMG_2998.JPG  IMG_2997.JPG

(濵田先生と田中愛子先生)←親子のようです

 

さぁ、みんな筋子が届いていますよ~! どーん!!!

参加者から「わぁ~♪♪♪」という歓声が聞こえます。

 

IMG_2992.JPG  IMG_2993.JPG

(北海道の厚岸から届いた筋子 キレイな筋子ですねぇ~☆)

IMG_2994.JPG

(説明する濵田先生)

 

まずは、筋子をボウルに取り、塩を少々加えてから、約40度のお湯で優しく洗います。

IMG_3001.JPG  IMG_3002.JPG

(筋子をやさし~く手洗い)

 

そしてその後、筋子の中からいくらを取り出すために薄皮をキレイに取り除きます。

結構力を入れても、いくらは潰れたりしません。(意外な発見!!)

しかし、この薄皮を取るのがめんどくさい!!!

いくらが高級品なのは、このような手間がかかっているからなんですね。

 

IMG_0050.JPG

(薄皮を丁寧に取り除くワタシ)

IMG_0051.JPG

(段々めんどくさくなってきて、濵田先生に手伝っていただきました)

 

濵田先生:越智先生、もうちょっとキレイに取り除いて下さいよ。

私:もうめんどくさいです。だいたい私は食べることが専門なんですよ~。(ちょいキレ気味)

濵田先生:ほら、いくらがこぼれていますよ!

私:……、ところで酢飯は用意してくれているんでしょうね? いくらの軍艦巻き食べたいっ!

濵田先生:炊いてないです……。

私:!!!!!(ガクッ)

 

で、ほぼほぼ濵田先生に手伝っていただき、いくらが取れました~! ほれ!

 

IMG_3004.JPG

(い・く・ら)

IMG_3009.JPG  IMG_3005.JPG

 

味付けは、醤油、日本酒、そしてみりん。味付けは家庭によって異なります。今回は濵田ブレンドでまぜまぜ!

30分ほどおいたら、いくらの醤油漬けの完成~~~♪

でもすぐには食べられません。筋子に虫(菌)がついてないといいきれないので、念のため一度冷凍して殺菌してからです。

いくらの軍艦巻きは遠かった…。

 

IMG_2999.JPG  IMG_3010.JPG

参加者たちは、後片付けもきちんとやってくれました。

 

最後は、みんなでティータイム☆

ケーキとジュースを頂きながら、今日の授業を振り返りました。

IMG_3013.JPG  IMG_3014.JPG

 

参加者のみなさん、お疲れ様でした。

ライフプランニング学科の学び体験、楽しかったですか?

 

(ライフプランニング学科 いくら大好き越智砂織)

 健康栄養学科の卒業生で、(前)解剖生理学研究室助手の土屋翼さんが、10/8(土)に行われた第38回日本臨床栄養学会学術総会で優秀論文賞を受賞されました。土屋さんは、本学大学院人間科学研究科人間栄養学専攻(修士課程)の修了生でもあります。

16-16photo01.jpg 16-16photo02.jpg

 論文のタイトルは「クマゼミを用いた食用昆虫の栄養成分分析及び昆虫食に関するアンケート調査」です。

16-16photo03.jpg

 クマゼミは比較的採集が容易であり、国内でも食習慣が存在したことがあるそうですが、その栄養成分は不明です。この研究では、昆虫の栄養学的意義を解明する一環として、クマゼミの栄養価を明らかにするとともに、昆虫食に対する意識や食経験を把握するためのアンケート調査の実施が行われました。

 分析の結果、クマゼミ100 g中には、水分59.4 g、たんぱく質18.7 g、脂質4.3 g、灰分1.4 g、炭水化物16.2 gが含まれており、熱量は178 kcalとのことです。牛・豚・鶏のもも肉と同程度のたんぱく質量だそうです。しかし、クマゼミ1匹の重さは約2 gなので、50匹で100 g相当になることから、実際の食事として提供することを考えると必ずしも高たんぱく質とは言えないそうです。

 本学女子学生を対象としたアンケート調査の結果では、9割以上が、昆虫の食経験がなく、昆虫を食べたくない、との結果でした。しかし、飢餓状態なら食べる(25.3%)、形が分からなければ食べる(22.1%)のように、状況次第では食べるとの回答もあり、昆虫の外観が分からない状態で提供されれば、抵抗感が軽減されそうです。

 では、筆頭著者の土屋さんに、研究を行う上での苦労などについて伺ってみましょう。

【土屋さん】
 本論文のテーマは「昆虫食」ですが、この分野に関する先行研究はまだ多くはありません。そのため、自ら検討してみなければ分からないことばかりでありました。昆虫食について研究することは本学でも初めてのことであり、当時のゼミ生と失敗を重ねながら取り組みました。本研究では食用昆虫の一種であるクマゼミの栄養成分分析を行いましたが、試料となるセミを100匹以上も採集したことは苦労した点のひとつかもしれません。

 研究を遂行するにあたり多くの方々にご指導、ご協力を頂き、論文としてまとめることができました。未知なことが多い分大変なこともありましたが、未来の栄養学に寄与する可能性のある昆虫食について研究できたことを嬉しく思います。

クマゼミを実際に100匹も集められたんですね。夏の暑い時期に、大変だったと思います。
次に、指導教授である石蔵先生に、今回の受賞の意義と今後の研究の展望などについて伺ってみましょう。

【石蔵教授】
 私が大阪樟蔭女子大学に赴任して一番悩んだのが卒業論文のテーマです。ある時、新聞で人間や牛・豚と栄養源がかぶらず、成長が早い昆虫は将来の食糧危機の切り札であるという記事を目にしました。人がやらない研究(私自身はそれが研究の神髄と考えていますが)が好きな私は、さっそく昆虫食について調べましたが、学術的な検討は少なく、主にゲテモノ食として話題になる程度でした。これは研究する必要性があるなと感じた私は、助手の土屋さんに”昆虫食を研究したいので資料を集めてほしい“と頼みました。最初はびっくりしていたのですが、資料を集めていくうちに土屋君も興味を持ち始め、ゼミ生と熱心に研究するようになりました。学会で発表したときは、あまり興味を持ってもらえませんでしたが、座長から論文推薦をいただき、土屋君が頑張って論文にして投稿したところ、見事に採用されました。まさか優秀論文に選ばれるとは思ってみませんでしたが、研究というのはこんなものだなと改めて感じました。この論文のデータを集める際にご尽力いただいた先生方には深謝いたします。

16-16photo04.jpg

みなさん、こんにちは。

ご無沙汰でござった。 拙者、雲隠れしておった…。(なぜか時代劇風)

「ライフの瓦版(Blog)を書かねばならぬ~~っ(汗・汗)!」と思いつつ仕事をしていたら、霜月(11月)になっておった…。(まだ時代劇風)

 

さてさて、遅くなりましたが10月10日(祝日)に行われた一日体験授業の午前の様子をお届けします~♪

この一日体験授業は、大学の授業に参加していただき、リアルな大学生活をちょっとのぞき見☆していただこうという企画です。

 

ライフプランニング学科では、午前中にライフデザインコースの授業体験を、午後はフードスタディコースの授業体験をしていただきます。

参加者の高校生たちは在学生に混じって、2時間目の私の授業から聴いてもらいました。

 

IMG_3035.JPG

 

私の「簿記」という授業では、「パスタメニューで会計学を学ぶ」と題して、イタリアンレストランを河内小阪で開業するという設定のもと、開業資金や商品の原価(材料費などの元の値段)やパスタの値段設定などについて授業しました。

 

イタリアンレストランですから、看板メニューはやっぱりパスタ☆

しかも、ペスカトーレとナポリタンのみ!!

なぜペスカトーレとナポリタンか??

それは一日体験授業の午後編で活躍する濵田先生がシーフードの研究をしているため、シーフード系のパスタを入れてみてはどうかと提案してくれたから。

ライフデザインコースとフードスタディコース、ちゃんと繋がっているんですよぉ~。

「メニュー少なっ!」という学生の突っ込みはさておき…。

さぁ授業開始!

 

IMG_2981.JPG  IMG_2986.JPG

 

まずは看板メニューのペスカトーレとナポリタンの材料費はいくらかかるか計算してもらいました。

 

IMG_3037.JPG

 

先生は、某無料サイトの「クッ○パッ○」で材料を調べ、学生には値段を予想してもらうことに。

 

学生:「車エビって一匹いくらよ?」

学生:「調味料の値段ってわからへんわ…」

 

真面目に電卓で車エビ1匹やイカ一杯やベーコン1枚の値段を出そうとする学生と参加者たち。

 

私:「あ、あのぅ~…、ざっくりでいいんですよ~。ざっくりで!」

 

次は利益を出すためにはどうすればいいか、また値段設定が妥当かどうかを知るために、「損益分岐分析」を行いました。

「損益分岐点」は、カンタンにいうと、利益も損失もでないプラスマイナスゼロの地点のこと。

この地点の売上を「損益分岐点売上」といい、ここを超えないとお店として儲かりません。

 

IMG_3036.JPG

 

それをわかりやすく図を書いて説明しました。

 

IMG_2982.JPG  IMG_2985.JPG

 

在学生も参加者もみんな、説明を聴きながら「へぇ~!モノの値段にはちゃんと意味があるんだぁ~」と驚いていました。

 

さて授業の後は、参加者のみなさんとお手伝いをしてくれた学生とで「ランチタ~イム♪」

 

IMG_2991.JPG  IMG_2990.JPG

 

IMG_2989.JPG

 

みんなで美味しいお弁当をいただき、話に花が咲きました。

さぁ、午後はいくらの醤油漬け体験が待っていますよ~♪

 

(ライフプランニング学科 越智砂織)

10月29日13:30~15:50まで、本学附属子ども研究所主催の子ども研究所シンポジウムが開かれました。

第Ⅰ部では、大阪総合保育大学大学院教授の大方美香先生が、「幼児教育の今後を考える」というテーマの基調講演をしてくださいました。
 
特に、乳幼児期の子どもに対する大人のかかわりがいかに大切かについてのお話が印象的でした。
 
16jidousm1101.jpg
 
16jidousm1102.jpg
 
 
第Ⅱ部では、幼稚園教育実習や保育所実習のあり方の視点から、シンポジウムが行われました。
 
本学教員で幼稚園教育実習担当からは、中山教員が、保育者による環境設定の重要性について、保育所実習担当からは、佐野教員が保育所実習・保育実習Ⅱの評価の比較分析について、提案を致しました。
 
16jidousm1103.jpg

 

学生約270人と本学教員、一般受講者約20人が参加しました。

 

10月22日(土)に今年も開催されましたくすのき祭にて、
 
ameがヘアーショーを行いました!!!
 
 
被服学科/化粧ファッション学科の美容コースの学生が主となって、ヘアーメイクはもちろん舞台構成や音楽編集、映像等、すべて自分たちで作り上げヘアーメイクアップショーを行うチームame(アーム)
 
 
 
今回のテーマは『Flower』
 
 
 
ameのメンバーからは、「各チームで集まり練習をして、今年は特にヘアーショーらしい髪型を意識しました!」
とのこと。
ショーでは、「Yellow」、「White」、「red」のチームに分かれて、それぞれの色をモチーフに個性あふれる作品がたくさん見られました♪
 
 
 
【Yellow】
 
☆学生のコメント☆
衣装はデニムをメインに、ポイントにテーマであるイエローを取り入れました。
そして、みんなでお揃いのサングラスを持ちました。
ヘアーでは、それぞれモデルの個性が出るように心がけ、髪飾りは花で統一しました。
メイクでは、イエローを主に使用しました。しかし、イエローを使用すると色が見えづらくなったり、ゴールドを使用すると光によって見えづらくなったりと、苦戦しながらも色を濃くすることで改善しました。
 
 ame7.jpg400.jpg ame3.jpg400.jpg   
    
ame1.jpg400.jpg ame2.jpg400.jpg
 
 
 
 
 
【White】
 
☆学生のコメント☆
衣装は、白で統一し、トップスにはお花やリボン、パールなどを使い制作しました。
ヘアーは、かわいさ、大人っぽさをテーマに考えました。また、ショーに映えるようモヒカンや毛束を使いボリュームをアップさせたり、球体を使用し丸みを出したりといったインパクトのあるヘアーに仕上げました。
装飾品は、全体のテーマである『Flower』にちなんで、たくさんのお花を使用して制作しました。
 
ame4.jpg400.jpg ame6.jpg400.jpg   
   
ame9.jpg400.jpg ame5.jpg400.jpg
 
 
 
 
 
【red】
 
☆学生のコメント☆
衣装は、タイトでクールなイメージになるよう、ひきしめる効果のある黒色を取り入れてコーディネートしました。
ヘアーは、ウエットスタイルとボリュームのあるスタイルに分けて施術しました。
ウエットスタイルは、仕込みで髪の毛全体を濡らしてオイルワックスで固めていきました。
ボリュームのあるスタイルでは、ウイッグでボリュームを出したり、細かく巻き上げることでボリュームを出しました。
装飾品やメイクには、チームテーマである「red」から赤い花を使用しました。
 
ame8.jpg400.jpg
 
ame10.jpg400.jpg ame11.jpg400.jpg  
 
 
 
 
 
ショーが終わると、観客席から拍手喝采♪
『Flower』をテーマに、学生たちによるそれぞれのカラーをヘアー・メイク・衣装で表現したショーは、学生とは思えないデザイン力、想像力、技術力の備わった素晴らしいショーとなりました。
 
ame12.jpg400.jpg
 
また、ameのメンバーから入学生の方々へメッセージ♪
 
「ameでは、先輩や後輩が仲良く楽しく取り組んでいます。
また、たくさんの思い出や体験ができるので、入学の際は、私たちと一緒にヘアーショーをやりませんか。
ヘアーやメイクをするのが好きな人は、ぜひameのメンバーになってくださいね(^-^)ノ」
 
 
新入生の皆さん!
ヘアーやメイクに興味がある方は、ぜひameに入ってみてはいかがでしょうか(^^)
今後のameも要チェックです!
 
 
 
=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆= 
化粧ファッション学科の最新記事から過去の記事までを一気にチェック! 
↑ クリックしてね! ↑  

※化粧ファッション学科の被服学専攻は平成29年4月よりファッション学専攻に名称変更予定です。

児童学科の学生は保育士・幼稚園教諭・小学校教諭の免許取得を目指す人が多く、保育所、福祉施設、幼稚園、小学校、特別支援学校などで数多くの現場実習を体験します。

このため児童学科には実習指導室があり、教員が常駐して指導や相談への対応をしています。

 

ここには就職関係、実習関係、絵本、楽譜などさまざまなジャンルの本があります。

今年5月からの貸し出しは延べ100冊を超えました。

一番人気は就職関係の参考書。

16jidoutam1101.jpg

 

この部屋で就職対策の勉強をする人や、エントリーシートを書く人もいます。

16jidoutam1102.jpg

 

就職の相談をしたり、ピアノや絵本の読み聞かせの練習をしたりする4回生もいます。

16jidoutam1103.jpg

16jidoutam1104.jpg

 

2・3回生も実習の指導を受ける時や、実習先の情報を調べる時に大勢来室しますが、やはり4回生が最もこの部屋を活用しています。

さすが上級生の貫禄ですね。

就職活動も終盤戦。

頑張れ4回生。

 

10月22・23日、大学祭(くすのき祭)が開催されました。
天候にも恵まれ、たくさんの来場者がありました。ご来場ありがとうございました。

健康栄養学科の各ゼミ(4回生・卒論生)では、模擬店を出店し、大学祭を盛り上げました。各ゼミの様子をご紹介します。

今年も様々な衣装で大学祭を盛り上げていました!

16-15photo11.jpg 16-15photo12.jpg
給食経営管理学研究室(菊田ゼミ) ごぼうのからあげ

16-15photo13.jpg 16-15photo14.jpg
栄養教育学第二研究室(高橋ゼミ) みたらし団子・きなこ団子

16-15photo15.jpg 16-15photo16.jpg
公衆栄養学研究室(上田ゼミ) ミニアメリカンドッグ

16-15photo17.jpg 16-15photo18.jpg
病態栄養学研究室(保木ゼミ) さつまいもチップス

16-15photo19.jpg 16-15photo20.jpg
栄養化学研究室(木村ゼミ) フランクフルト

16-15photo21.jpg 16-15photo22.jpg
栄養教育学第一研究室(鈴木ゼミ) ひとくちパイ

16-15photo23.jpg 16-15photo24.jpg
応用栄養学研究室(桒原ゼミ) チュロス

16-15photo25.jpg 16-15photo26.jpg
栄養教諭対策研究室(濱垣ゼミ) 肉団子スープ

16-15photo27.jpg 16-15photo28.jpg
臨床栄養学第一研究室(井尻ゼミ) チヂミ

16-15photo29.jpg 16-15photo30.jpg
調理学研究室(安藤ゼミ) 鶏のつくね

16-15photo31.jpg 16-15photo32.jpg
公衆衛生学研究室(津川ゼミ) やきそば

16-15photo33.jpg 16-15photo34.jpg
食品化学研究室(川端ゼミ) モッフル

16-15photo35.jpg 16-15photo36.jpg
解剖生理学研究室(石蔵ゼミ) はしまき

16-15photo37.jpg 16-15photo38.jpg
食品衛生学研究室(打田ゼミ) たません

16-15photo39.jpg
臨床栄養学第二研究室(山東ゼミ) ハッシュドポテト 完売の看板が出ています!

 

10月22日(土)に今年も開催されましたくすのき祭にて、
「被服造形部」TEAMglitterがファッションショーを行いました!!!
 
被服学科/化粧ファッション学科の学生が主となって、衣装づくり、舞台構成、音源、ヘアメイク等、いろいろなことを全て自分たちで考え制作しショーを行うチームTEAMglitter(グリッター)
 
今回のテーマは『カクセイノ感』
 
 
glitter1.jpg.400.jpg
 
ショーでは【Avantgarde】【i】【金華】【臥薪嘗胆】の4チームに分かれて、それぞれのコンセプトのもと行われました。
 
 
 
チーム【金華】
 
☆コンセプト☆
江戸時代のおもちゃ、吉原
☆コンセプト内容☆
長い平和の中で民が見出した娯楽を表現。昼と夜それぞれの過ごし方を表現しました。
☆メンバーからのコメント☆
着物と洋服を混ぜたイメージで製作しました。実際に作ってみると、イメージが少し違ったり、
サイズが合わなかったり大変でしたが、とても楽しかったです。
 
 
glitter2.jpg400.jpg
 
glitter4.jpg400.jpg   glitter3.jpg400.jpg 
   
 
 
チーム【i】
 
☆コンセプト☆
大正時代
☆コンセプト内容☆
逢、哀、愛、「 i 」。移ろいだ軌跡は、しなやかで、鮮やか。最も短く、最も夢を詰めた浪漫の空間。
☆メンバーからのコメント☆
チームでイメージを相談して合わせて、他のチームにはない個性や雰囲気を出せるようにしました。
また、衣装もモデルさんのことを想い意味を込めて作りました。
  
   
glitter6.jpg400.jpg
 
glitter7.jpg400.jpg glitter5.jpg400.jpg
 
 
 
チーム【臥薪嘗胆】
 
☆コンセプト☆
明治時代
☆コンセプト内容☆
生き残るため、勝ち進むため、強くなることを望んだ。変化を続ける此の国の未来は光か、闇か。
☆メンバーからのコメント☆
戦争がイメージだったので、あまり煌びやかにならないようなデザインにするよう意識しました。
また、音源やそのコンセプトに合わせてウォーキング出来るよう頑張りました。
 
 
 glitter9.jpg400.jpg  
 
glitter8.jpg400.jpg glitter10.jpg400.jpg
 
 
 
チーム【Avantgarde】
 
☆コンセプト☆
1950年代
☆コンセプト内容☆
新しい何かを生み出す瞬間、身体の中で溶け合う個性とは。
新しい何かと出会う瞬間、心の中で混じり合う想いとは。
☆メンバーからのコメント☆
衣装は50年代の要素を取り入れ、かわいい女の子のイメージになるように作りました。
練習では、男の子のかっこいい感じと女の子のかわいい感じに見えるように意識しました。
 
 
glitter11.jpg400.jpg   
 
glitter12.jpg400.jpg glitter13.jpg400.jpg
 
 
 
TEAM☆glitterのメンバーによるファッションショーはいかがでしたか?
それぞれのコンセプトに沿って作り上げられた学生手作りの衣装は、日頃の学びをヒントに独創的に作られたものばかりでした。
 
 “全国で唯一、ファッション・化粧・美容をトータルで学ぶことができる”という
本学化粧ファッション学科の特色の中で、
日々学び知識や力をつけ、ファッションショーなどを通してぐんぐん成長していく学生さんたち。
 
来年はどんなメンバーがどんなショーをしてくれるのでしょうか。
TEAM☆glitterのメンバーとして活躍してくださる新入生の皆様をお待ちしております(^^)
 
 
 
 
 
=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆= 
化粧ファッション学科の最新記事から過去の記事までを一気にチェック! 
↑ クリックしてね! ↑  

※化粧ファッション学科の被服学専攻は平成29年4月よりファッション学専攻に名称変更予定です。

 

「大阪樟蔭女子大学」 × 「福井のめがね」

~ めがね女子プロジェクト ~

 
「めがね女子プロジェクト」 とは   ∞   ∞   ∞   ∞ 
学生たちから「めがね」のデザインを公募し、「樟蔭学園100周年記念モデル」のオリジナル商品化を目指すプロジェクトのことです。めがね本体だけではなく、パッケージや広告などのデザインも学生たちが手掛けていきます。
∞   ∞   ∞   ∞   ∞   ∞   ∞ ∞  
 
 
そんな、「めがね女子プロジェクト」の第3弾として、
 
くすのき祭で開催されたイベント
 
『MEGANE DESIGN LAB.@大阪樟蔭』 の様子をお届けします。
 
イベントでは、本学記念館にて
「樟蔭100周年記念モデルめがね」プロジェクトの進捗報告と、
福井のめがねの試着会が行われました。
 
megane01.jpg megane02.jpg
 
「樟蔭100周年記念モデルめがね」プロジェクトの進捗報告
 
会場の一角には、学生たちが「樟蔭学園100周年記念モデル」のオリジナル商品化を目指したプロジェクトの開始から現在までの経過内容がパネルにて掲載されました。
パネルには、めがねの聖地・福井県鯖江市に学生が訪れた2泊3日の試作合宿の模様なども掲載され、実際に合宿に参加した学生たちがその様子を説明してくれました。
 
megane06.jpg
 
そして、ついに「樟蔭学園100周年記念モデル」のデザイン画が公開♪
まさに「樟蔭学園」を感じる学生らしいデザインになっており、出来上がりがとても楽しみです。
 
megane03.jpg megane04.jpg
 
また、プロジェクトに携わっている学生たちによるオリジナルデザインのめがねも展示されていました。
デザインはもちろん!めがねの型取りから磨き上げまで、学生が携わってできためがねは、今までみたことのない個性的なものばかりでした。
 
megane05.jpg
 
 
 
福井のめがねの試着会
 
会場には、400本以上の福井のめがねがずらりと並び、無料で自由に試着が楽しめ、手に取ることで世界的に評価の高いデザインや品質を実感することができました。
なかには、サングラスも展示されていて、見ているだけでも楽しくなるようなデザインのものも♪
 
megane07.jpg megane08.jpg
 
「どれが似合うかなぁ~♪」
と、悩んでいるとめがねコンシェルジュが似合うめがねをセレクトしてくれました(^^)
顔の輪郭や肌の色、目の形に合わせてセレクトしてくれためがねをかけると、素敵めがね女子に(0-0)☆ミ
掛け心地もよく、個性的だけど品があって顔になじむとても素敵なめがねに出会うことができました♪
 
megane09.jpg
 
megane11.jpg megane10.jpg
 
 
『MEGANE DESIGN LAB.@大阪樟蔭』 にご来場くださった方々、ありがとうございました♪
 
今回めがね女子プロジェクト第3弾では、くすのき祭での『MEGANE DESIGN LAB.@大阪樟蔭』の様子をお届けしましたが、いかがでしたか?
 
今後もめがね女子プロジェクトの状況をブログにて配信していきますので、今後もチェックお忘れなく!
 
 
 
 
 
 
 
=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆= 
化粧ファッション学科の最新記事から過去の記事までを一気にチェック! 
↑ クリックしてね! ↑  

※化粧ファッション学科の被服学専攻は平成29年4月よりファッション学専攻に名称変更予定です。


Loading Calendar...

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録


 学科ニュース

各学科に関する最新ニュースやお知らせなどを配信していきます。