3月21日(日)オープンキャンパス~化粧ファッション学科~

みなさん、こんにちは。

3月21日(日)、本学ではオープンキャンパスが開催されました。

 

オープンキャンパスでは、化粧ファッション学科のさまざまな企画を実施いたしましたので、その様子をお届けします♪

 

 

まずは、オープンキャンパス企画、

メイクアップドールによる「メイクデザイン&アート」

をご紹介します!

 

1.JPG

 

メイクデザイン研究室の渡邊正人先生による、メイクの見え方の違いについて解説がありました。

メイクアップドールにはファンデーションがムラなく塗れているかを見分けるために、メイクアップドールに合うナチュラルなファンデーションと少しダークな濃い目のファンデーションを塗ったメイクアップドールで比較しています!

メイクアップドールの顔に縦に長い印象と横に広い印象のそれぞれ半顔でメイクを仕上げ、メイクの印象の違いを紹介!

同じ顔のはずなのにメイクの技法を少し変えるだけで、違う印象の顔になり、メイクが与える印象について学びました。

それぞれの技法の違いやメイクの印象変化を、メイクアップドールを使って解説しました。

 

 2.JPG

エアブラシを使用したアートメイクの実演をしました!

今回はデザインが施されているシールを使用して、樟蔭カラーの緑を使ってアートメイクをしました。

((Etc.渡邊先生はこの日樟蔭カラーに合わせて樟蔭カラーのマスクを用意されたそうです❕❕))

仕上げにストーンやラメなどをつけて、さらにメイクアートの変化を付けたり…

他にも果物を入れるネットやレースを挟んでエアブラシを吹くと網目模様の柄ができたりと身近なもので簡単にアートデザインができることをご紹介しました。

 

 

次に、オープンキャンパス企画、

わたしたちのミニスカート‐それがもたらしたもの‐

をご紹介します!

 

3.JPG

 

身体社会学研究室の川野佐江子先生による、時代背景に基づいた女性のファッションメイクについての講義がありました!

大学の講義を実体験できる企画なんですよ

皆さん、ミニスカートの始まりはご存じですか?

 

最初にハイファッションのデザイナー、A.Courreges(クレージュ)が新時代の革新的な女性のためにデザインし、その後ロンドンのMary Quant(マリークワント)が世界中に流行させたのだそうです
その時、このミニスカートをはいて一世を風靡したのが「ミニの女王」と言われたツイッギーという少年のようなモデルだったそうです。

 

今見ても、とても魅力的なモデルさんだと思いました!

4.JPG

時代によって変化するファッションに、高校生たちも興味深々の様子でした❕❕

 

戦争中、日本ではもんぺを着ていた時に欧米では華やかなドレスを着ていたのです!

国によってここまで違うとは驚きですね!

 

この他にも、オープンキャンパスでは化粧ファッション学科の学びを体験できる企画が盛りだくさん実施されました。

 

次回のオープンキャンパスは、

4月25日(日)保護者のしりたいことがいっぱい詰まったオープンキャンパス 

5月16日(日)夏のオープンキャンパス

です!どちらとも要予約なので、ご予約をお忘れなく❕❕

 

化粧ファッション学科では、様々な企画をご用意しておりますので、是非ご予約お待ちしております☆彡

 

 

(化粧ファッション学科 ブログ担当 補助職員一同)

=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆= 

化粧ファッション学科公式Twitter始めました!ぜひ確認してみてくださいね!

開催予定のイベントなど、情報盛りだくさんかも・・・??

 

化粧ファッション学科の最新記事から過去の記事までを一気にチェック! 

★ 化粧ファッション学科のブログ記事一覧 ★ 

★化粧ファッション学科ページ★

★化粧ファッション学科公式Twitter★

 

↑ クリックしてね! ↑ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪樟蔭女子大学 学科ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ