Farm to Our Table -徳島で収穫した柚子を楽しむ!-

徳島県那賀町での農業体験(その1その2その3)では、最終日に無農薬栽培のゆず収穫をおこない、お土産にその柚子をいただきました。

今回は、大阪に帰ったあとのゆず利用についてお伝えしたいと思います。以下は主に収穫プロジェクトに参加した2年生からの写真です。

柚子を持ち帰った学生たちは、それぞれ(オリジナルラベル付き!)ゆず茶を作ったり

IMG_2184.jpg

鶏のソテーに、柚子ママレードソース

IMG_2108.jpg

塩レモンならぬ、ゆず塩を作って、これまたいろんな料理に使えたり

IMG_2109.jpg

柚子のディアマンクッキー

IMG_2111.jpg

さらには、親戚の結婚式で柚子をふんだんに利用したデザートを提供したりと

IMG_2113.jpg

IMG_2112.jpg

そのほかにも、余った綿や種をお風呂に入れたり、種をアルコールにつけて化粧品を作ってみたりと、いやはや、柚子は余すところがないと聞きましたが、本当です。フードスタディコースらしい、farm to our table, farm to fork, farm to spoon(農園から食卓、フォークやスプーンを介して私たちの口に届くまでを知る)楽しい学びができました。

ライフプランニング学科では3年生になると「フードメディア研究」という科目が開講し、商品企画から情報発信、そしてブランディングについて学びます。収穫されずに放置されていた柚子を自分たちで収穫し、それらを見事に美味しい食べものにできる学生たち。3年生になれば、そんな実践力をさらに向上させてくれるでしょう。

IMG_0311.jpeg

ちなみに我が家では、ゆず風呂を楽しんだのはもちろんのこと、柚子ママレードを作ったり、柚子を入れた炊き込みご飯、そしてどんな料理にも合う柚子山椒は、焼きサンマや、チキンのグリル、味噌汁など、いろんなものにつけて美味しくいただきました。

IMG_2115.jpg

無農薬栽培のあいおい晩茶も美味しくいただいています。

 

あ、私は食べる担当です。ご馳走様でした。

(ライフプランニング学科 濵田信吾)

 

推薦入試Bはじまってるよ!

大阪樟蔭女子大学 学科ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ