就職ガイダンス(3年生対象)を開きました!

2019.11.18 健康栄養学科
11月6日(水)、3年生対象の「健康栄養学部・進路ガイダンス(就職ガイダンス)」が開かれました。
3年生は、4月からすでに5回にわたり就職ガイダンスに参加しています。
 
1回目.就職活動の流れについて、「SHOINしごとナビ」の使い方について、インターンシップ(学内について)
2回目.卒業生の就職状況、2020年就職活動の動向、ナビサイト合同登録会
3回目.自己分析/ES(エントリーシート)作成セミナー
4回目.「SHOIN CAREER GUIDEの活用方法と自己分析ワーク」「就職活動に役立つ新聞の読み方」
5回目.履歴書の書き方セミナー、求職票の配布
 
11月以降は、
6回目.ナビサイトの活用方法、就職活動への実践講座、秋冬インターンシップについて
7回目.就活における選考方法、エントリーシート作成方法
 ・・・・と続きます。
 
健康栄養学部からは、病院等の医療機関や給食会社などに、管理栄養士・栄養士として、毎年、多くの学生が就職しています。これらの業界は、一般的な企業とは採用の時期や方法が異なります。今回の就職ガイダンスは、管理栄養士・栄養士としての就職を目指す学生のための健康栄養学部独自のものです。
 
はじめに委託給食会社の人事担当者からご講演いただき、給食業界の特徴、仕事内容についてお話ししていただきました。事業所や病院の給食に特化されている様子について、詳しく話されました。また、「業界研究は視野を広げて!」や「選考で接触する先輩社員には積極的に質問を!」と、人事担当者目線からの就職活動へのアドバイスをいただきました。
19-18photo01.jpg
 
次に、キャリアセンターから、健康栄養学部卒業生の就職状況について説明がありました。2019年3月卒の卒業生の就職決定率(就職決定者/就職希望者)は、管理栄養士専攻で97.2%、食物栄養専攻で100%(3年連続!!)でした。過去3年間の「栄養士・管理栄養士の求人情報」について集計したグラフの紹介があり、毎年の求人動向の変化の様子について説明がありました。
 
次に、5名の就職が内定した4年生(病院、給食会社、福祉施設、食品商社、食品製造会社にそれぞれ内定)に参加いただき、就職活動のやり方など体験談をパネルディスカッション形式で伺いました。実際に使用したエントリーシートや履歴書をもとに、エントリーシートを書くとき注意した点、採用試験の様子、エントリーから内定までのスケジュールなどを具体的にインタビューしました。
19-18photo02.jpg19-18photo03.jpg
 
 キャリアセンターで実施している個別添削やキャリアカウンセラー相談会を活かして、エントリーシートや履歴書のブラッシュアップをはかったそうです。また、健康栄養学部の学生は、応募する企業は比較的少ないようですが(数社から十数社程度)、今年はインターンシップや職場見学会などを利用して、はたらく現場を見学してから応募した学生が多かったように感じました。秋冬インターンシップにも積極的に参加してほしいです。
 
最後に、三輪先生から「病院を希望する学生への就職支援体制について」学部内で3名の先生方がそれぞれの得意な分野で支援体制をとる予定であることが報告されました。学部内でも病院や医療機関への就職支援をバックアップしていく予定です。
19-18photo04.jpg
 
ガイダンス後のアンケートからは、「食品業界だけでなく広い視野で業界をみようと思えた」、「企業研究を進めていく方法、先輩の話も聞けて良かった」、「先輩方のお話から、具体的な就活の雰囲気、今からやるべきことが分かった」など就職活動に向けて具体的なイメージが持てた様子がうかがえました。
19-18photo05.jpg
(終了後、先輩を囲んで個別の質問中。)
 
健康栄養学部では、管理栄養士・栄養士の資格を生かした就職先の開拓に取り組んでいます。また、業界別に教員アドバイザーを配置し、学生の就職活動を支援しています。
(就職支援担当 川端康之)
 

大阪樟蔭女子大学 学科ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ