化粧ファッション学科の学生が「ラグビー」をテーマにドレスを制作!【Part1】

化粧ファッション学科の学生が「ラグビー」をテーマにドレスを制作!【Part1】

大阪樟蔭女子大学×東大阪市文化創造館「文化と学生のまちコラボ企画2019」

 

化粧ファッション学科の学生が、

ラグビーワールドカップ2019 が東大阪市で開催されることを記念して

「ラグビー」をテーマにしたドレスを制作しました。

 

この取り組みは、地域とのつながりやにぎわいの創出、

将来の文化芸術を担う創造力豊かな人材の育成を目的とする

「文化と学生のまちコラボ企画2019」として、

東大阪市文化創造館から大阪樟蔭女子大学に依頼を受けたものです。

 

「ラグビーのまち 東大阪」をアピールしたいという思いから、

被服構成学研究室と生活デザイン研究室の3年生の学生16名が、

5月から合同で制作に取り組みました。

 

東大阪市文化創造館は9月1日にオープンし、

完成したドレスは9月23日から10月14日までエントランスロビーにて展示しています。

 

Part1では、ドレスが完成するまでをご紹介します。

 

allmember.JPG

  私たちが制作に取り組みました(被服構成学研究室・生活デザイン研究室メンバー)

 

【ドレスができるまで】

 

5月:生活デザインゼミ生が「ラグビー」をテーマにしたデザイン画を作成。

被服構成学ゼミも加わりプレゼンテーションとディスカッションを重ね、

複数のデザイン案を取り入れながら2案に決定。

 

1.jpg

 

5月~6月:デザイン画をもとに、生地を見本帳から選定し、同時にパターンを制作。

シーチングでトワルを組み、完成予想を確認。選んだ布を型紙に合わせ丁寧に裁断していきます。

特にボリュームのあるプリンセスラインのドレスは、使用する生地の量も大量に。

 

 

2.jpg

 

 

3.jpg

 

6月~7月:お互い作業工程や状況を確認しながら2着の衣装を全員で分担して縫製。

ドレスの全体像を予測しながらディテールと装飾を検討しました。

 

5.jpg

 

8月~9月:夏休み中も大学に集まり、何度も試作を繰り返しディテールにもこだわって制作し、

最終仕上げを行いました。

 

インタビュー.jpg

 

J:COM「虹色ネットワーク」インタビューの様子

 

制作中、日本経済新聞夕刊(9月7日掲載)J:COM「虹色ネットワーク」(8月放送)、

東大阪経済新聞・Yahoo!ニュース みんなの経済新聞(8月7日掲載)、

関西学生報道連盟(9月26日掲載)に取材していただきました。

 

 

完成したドレスと展示風景は…Part2に続きます!

 

(化粧ファッション学科 杉田 森)

 

=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆= 
化粧ファッション学科公式Twitter始めました!ぜひ確認してみてくださいね!
開催予定のイベントなど、情報盛りだくさんかも・・・??
 
 
化粧ファッション学科の最新記事から過去の記事までを一気にチェック! 
 
★ 化粧ファッション学科のブログ記事一覧 ★ 
★ 化粧ファッション学科特設サイト ★
★ ブログ記事タイトル一覧 ★
★化粧ファッション学科公式Twitter★
 
 
↑ クリックしてね! ↑ 

 

大阪樟蔭女子大学 学科ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ