【化粧ファッション学科スペシャル講座2019 Part Ⅰ「化粧の見え方と顔の魅力の心理学」を開講しました

4月20日土曜日,化粧ファッション学科では

「化粧ファッション学科スペシャル講座2019 Part Ⅰ『化粧の見え方と顔の魅力の心理学』」

開講しました。

 

化粧ファッション学科スペシャル講座」とは,

学科の専任教員が,その化粧やファッションの専門研究を一般のみなさまにも公開し,

化粧ファッション学科の楽しさや奥深さをぜひ知っていただきたく,

このたび新しくスタートさせた講座シリーズです。

 

記念すべき第1回目は,

化粧心理学の松下戦具先生による「化粧の見え方と顔の魅力の心理学」の講義です。

 

はじめに,松下先生から「化粧ファッション学科スペシャル講座」の趣旨についてご紹介があり,

日本で唯一の化粧ファッション学科の魅力,

そしてさらに大学院化粧ファッション学専攻についてお話しくださいました。

 

さらに,松下先生のご専門である化粧心理学の学問的な位置づけや,

それがどのように社会にコミットするのか,役に立つのか,というとても興味深いお話の後,

いよいよ今回の講座の本題に入りました。

 

スペシャル講座Ⅰ-1.JPG

 

まず,「お化粧で目はどれくらい大きく見えるのでしょうか。」というテーマです。

アイラインやマスカラなどのアイメイクは,実際にどれくらい目を大きく見せるのか,

実験によって測定したプロセスや結果をお話しされました。

その結果,アイメイクは元の目の大きさに対し,110%も大きくする効果があるとのこと!

アイメイクは目を大きく見せることにかなりの効果があることが分かりますね。

 

その結果を受けて,

では「そもそも大きな目は本当に魅力的なのでしょうか。」というテーマへとつづきます。

目は大きければ大きいほど魅力的になる,一見そう思いがちですが,

実験の結果,魅力的に見える目は106%増しくらいまで。

それ以上になると,あまり魅力的にならないという結果。

つまり,盛り過ぎは逆効果!ということが証明されたのかもしれません。

 

またほかにも,

「人々が整形手術に対して覚える抵抗感はどこからきているのでしょうか。」の調査結果や,

その調査をさらに発展させた未発表の新事実もこっそりお話しくださいました

(正式には松下先生の研究発表を楽しみに待ちましょう!)。

 

スペシャル講座Ⅰ-2.jpg

 

先生のお話の後,参加者の皆様から,

お化粧の色の効果や,照明による効果の違い,お化粧の社会的意義についてなど,

さまざまな方向から積極的なご質問を頂戴し,

松下先生もそのご専門の知見から,深く広くご回答くださいました。

 

講義では,大手化粧品メーカーの商品開発に携わったお話や,

その商品のCM製作の裏話などもご披露くださり,

笑いや歓声の出る中,先生のお人柄通りの楽しい講義でした。

 

化粧ファッション学科では,

これからもみなさまに魅力ある講座を提供していきたいと思いますので,

ぜひみなさまのご参加をお待ちしております!

今回ご参加の皆様,誠に有り難うございました。

(化粧ファッション学科 准教授 川野佐江子)

 

【今後の予定】

◆第34回樟蔭ファッションセミナー

「オーガニックコットンと社会貢献」

2019年6月1日(土)

 

◆化粧ファッション学科スペシャル講座2019 Part Ⅱ

「ファッション学入門講座~世界に一つだけのオリジナルクッションを作ってみよう!~」

2019年8月3日(土)

 

◆化粧ファッション学科スペシャル講座2019 Part Ⅲ

「Myファッションプレートを作ろう!」

2019年8月24日(土)

 

 

=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆= 
化粧ファッション学科公式Twitter始めました!ぜひ確認してみてくださいね!
開催予定のイベントなど、情報盛りだくさんかも・・・??
 
化粧ファッション学科の最新記事から過去の記事までを一気にチェック! 
★ 化粧ファッション学科のブログ記事一覧 ★ 
★ 化粧ファッション学科特設サイト ★
★ ブログ記事タイトル一覧 ★
★化粧ファッション学科公式Twitter★
 
↑ クリックしてね! ↑ 

大阪樟蔭女子大学 学科ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ