被服学科卒業生 TESインタビュー~化粧ファッション学科~

皆様、こんにちは!

補助職員の斎藤です。

いよいよ冬到来で、少しずつ寒くなってきましたね。

皆様、体調にはお気を付け下さいませ。

 

 

3回目のTES資格取得者の紹介となりました!

前回までのTESのブログはこちら!(クリックしてね!)

☆TES資格紹介 ~化粧ファッション学科~

☆TES合格者インタビュー ~化粧ファッション学科~

☆TES資格合格者インタビュー②~化粧ファッション学科~

 

 

今回は、被服学科(現:化粧ファッション学科)

卒業された先輩のインタビューです!

 

アパレル企業に入社2年目で、

現在、品質管理部門で活躍されている、吉岡知里さんです!

実は吉岡さん、在学中は片道2時間かけて学校に通い、

学科主催や外部でのファッションショーに積極的に参加し、

在学中からTES受験に挑戦していました!(凄すぎます・・・)

 

 

今回はそんな吉岡さんに、

現在のお仕事の中で、

どのようにTESの知識が役割を果たしているのかを

インタビューしていきたいと思います!

 

 

Q1.何故TESを取得しようと思ったのですか?

 資格取得をしようと勉強を始めたのは大学2年の秋でしたが、その時点でアパレル企業にて品質に関わるような仕事がしたいと考えていました(ぼんやりとですが…)。就活の際にTA資格だけより、TESを持っている方が有利だと知り、大学の4年間は勉強に打ち込むことができる貴重な時間だからこそ「今できることはやってみよう!」とTES取得のために勉強を始めました。

1-1.jpg

 通学時間に勉強していましたので、

「繊維製品の基礎知識」第1部~第3

問題集に需要ポイントを書き込み、赤シートで隠して勉強していました。

 

2-2.jpg

 

 事例論文は回答しては、相馬先生に添削していただいていました。

 

 基本的には、授業内容を復習するという形をとって勉強していましたので、TES用にノートを作ったりはしていません。事例論文に関しては、回答しては添削して頂いていましたが、他に関しては、問題を解いて分からない所は教科書を辞書のように使って理解を深めていました。

 

 

Q2.現在のお仕事について教えて下さい。

 

 ストレッチパンツを専門に取り扱うアパレルメーカーの品質管理部門で、染色堅ろう度(色に対する耐久性)試験業務を主に行っています。弊社はアパレル企業では珍しく、社内で諸試験を行うための試験室を設けております。そこで開発段階の生地や商品化が決まった生地に対して、弊社の品質基準をクリアしているかどうか、色落ちや他のものへの色移りがないかJIS規格に則った試験を行い、判定・評価をしています。

 

 

Q3.現在のお仕事にTESの資格はどのように活きていますか?

 

 私の場合、基本的に社内での試験・評価業務が多いので、取引先様などと商談する機会はほとんどありませんが、名刺にTATES資格を所有している旨を記載しておりますので「繊維に関する知識を持っている」ということを、初対面の段階で相手に分かっていただけます。それによって、より専門的なお話しをする上でスムーズに進めることができていると感じています。

 

Q4.TESを取得して良かったと思われた場面はありますか?

 

 私は3回の受験でTESを取得したので、就職活動をしている段階では5科目中2科目だけしか合格していませんでした(TESの資格を取得するには、5科目のうち最初の1科目合格後から全科目を4年以内に合格すれば取得できます)。ですが、学生のうちにTES取得に向けて受験しているという点は、就職活動に大変優位に働いていると実感しました。現在働いている弊社の品質管理部門は、TAまたはTES、もしくはその両方の資格を持つものが配属される部署ですので、TES取得に向けて勉強をしていなければ、今ここで働くことはできなかったかもしれません…笑。

 

 

Q5.TES資格所有者は「TES会」に参加できますが、「TES会」への参加はお仕事でどのように活きていますか?

 

 日々、新しい技術や素材などが開発されており、自分の力だけでそれらの情報を獲得するには限界があります。ですがTESでは、そういった情報をセミナーや会報誌などを通じて深く学ぶ機会を与えてくれるため、より沢山の情報を得ることができます。

たとえば、普段なかなか見ることができない染色縫製工場などの現場を見学する機会もあり、教科書で見るより自分の目で見る方が大変勉強になるため、面白くとても貴重な機会です。

また、他社で働く品質管理関係の方々との情報交換の場にもなるため、お客様からのお申し出品(苦情や問い合わせなど)に対しての対応方法や、事故事例を知ることで、自社で同様の事例を未然に防ぐなどの対応を取ることができるので、お客様により安心・安全、高品質の商品をお届けすることに役立っています。

 

 

Q6.これからTESにチャレンジする学生に一言お願いします。

 

 私の場合、学生のうちに合格できたのは4科目で、仕事を始めてから最後の1科目を受験し合格しました。入社した当初は、会社の様々なことを覚えながらTESの勉強をしていましたので、なかなか勉強のためにまとまった時間を確保することができず、大変な思いをしました。学生のうちに全科目合格していればよかったと感じることもあった一方で、学生のうちに勉強を始めていたからこそ、就職してから勉強する範囲が少なかったので良かったとも思っています。

 また、授業内容と重複している部分も多い上に、大学にはTES資格をサポートして下さる先生方がいらっしゃいますので、少しでも興味がある方、または将来アパレル企業で働きたいと思っていらっしゃるのであれば、是非資格取得に向けて勉強してみてください。応援しています。

 

吉岡さん、お忙しい中、ご協力頂きありがとうございました!

TES資格は持っていると持っていないのとでは、

アパレル企業で働く時に随分違うのですね。

そして、TES資格やTES会での学びがお仕事に直結して活きてくるのですね!!

 

学生の皆様には学生の間にどんどんチャレンジして頂きたいです。

今後もTES資格取得を目指す学生を応援していきます!

企業だけでなく、研究や学業にも役立ちますので、

少しでも気になった方は、

是非チャレンジしてみて下さい!

 

 

(補助職員 斎藤愛美)

 

 

=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆= 
化粧ファッション学科公式Twitter始めました!ぜひ確認してみてくださいね!
開催予定のイベントなど、情報盛りだくさんかも・・・??
 
化粧ファッション学科の最新記事から過去の記事までを一気にチェック! 
★ 化粧ファッション学科のブログ記事一覧 ★ 
★ 化粧ファッション学科特設サイト ★
★ ブログ記事タイトル一覧 ★
★化粧ファッション学科公式Twitter★
 
↑ クリックしてね! ↑ 

 

大阪樟蔭女子大学 学科ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ