フィールドワーク 京都国際マンガミュージアム!

2018.12.10 国文学科

みなさん

こんにちは。

 

創作表現ゼミでは、この11月20日(この日はたまたま全学休講でした!)に

京都国際マンガミュージアムへ行ってきました。

4.jpg

 

ぼけっと歩いていると、おしゃれなカフェかなんかと間違えそうな外観なんだな、これが。

元は小学校だったという建物を有効活用して、

現在は世界中からファンが訪れる、マンガの聖地となっています。

 

内部に元小学校を隠しているとは思えぬ、おしゃれな入り口!

IMG_20181120_121000.jpg

IMG_20181120_120943.jpg

 

この日も平日ながら、修学旅行生や外国人など何組もの訪問者が館内を賑わしていました。

 

大阪樟蔭女子大学にも非常勤講師としておいでいただいている、應矢先生のご案内で、

バックヤードも見学させてもらいました。

(何と! 無料入場券までいただきました!)

で、最初に案内されたのが、昔の講堂・・・。

 

IMG_20181120_104620.jpg

確かに、講堂です。

で、ここでみんなで怒られる・・・。

IMG_20181120_104615.jpg

・・・んじゃなくって!

レクチャーを受けてるんです!

ミュージアムの歴史やイベントのことなど、神妙に聴き入ってる!

イベントのあるときは、この場所が会場となることもあるそうです。

 

かつての校庭だった中庭には人工芝が敷き詰められています。

IMG_20181120_115107.jpg

季候のよい時には、館内から持ち出したマンガを寝転がって読む人の姿も見られるそうです。

なんか豊かな時間が味わえそう・・・。

カフェだってあって、パラソルの下でお茶も飲める。

IMG_20181120_115119.jpg

 

もちろん、棚にはマンガが満載!

DSC_0414.jpg

 

ここで学生のコメントを。

 

「まず、その蔵書冊数に驚いた。最近の有名なマンガはもちろんのこと、

私たちが生まれていない頃のものまであって、四方八方から興味をひかれた。

いろんなマンガを読んでいたらキリがなく、時間があっという間に過ぎていった。

外側は近代的な見た目だったが、

中は昔の小学校を再利用しているということで、レトロな感じがするのもよかった。

マンガを読むのにはとても落ち着く空間だった。

また今度、マンガを読むのに訪れたい。」(Tさん)

 

「マンガミュージアムに初めて行ってみて、

私が一番に思ったことは学校という空間で漫画などが読める、

というところが良いと思いました!! 

ほかにも、似顔絵コーナーの絵がとても好みでした! 

特におすすめ、のところは、

各年代別に漫画が置かれているところで、

家族でも楽しめると思います。」(Aさん)

 

「この度のフィールドワークではじめて漫画ミュージアムに行きました。

学内授業で非常勤講師として働いている先生に館内を案内してもらい、

大変楽しかったです。

40万冊を超える蔵書数に圧倒され、

また行ってみたいと思いました。」(Mさん)

 

その非常勤講師としておいでいただいている應矢せんせいとは・・・

3.jpg

言うまでもありませんが、顔出していらっしゃる方です!

タマゴの方じゃないからね!

ちなみにこのタマゴみたいなのは・・・

DSC_0413.jpg

ゆるキャラのマミュー。

頭に載っているチョンマゲが何なのかよくわからなかったのですが、

ホームページで見ると、ペン先なんですね!

ついでに言うと、「マミコー」だとばかり思っていた・・・。

マミュー」じゃん!

「マンガミュージアム」から採ってマミューってことなんだな。

(と、一人納得。てか、みんな気付いてたの?)

んで、こっちのキャラが烏丸ミユ

2.jpg

ミユちゃんの背後には、おや?

おーや?

應矢(おうや)せんせいじゃ・・・?

(わざとらしすぎて、スマン!)

・・・と、お茶目に楽しく案内してくれる應矢先生でした!

 

以下続けて、学生たちのコメントを。

 

「半日いても足りないほどのマンガの蔵書数に驚きました。

私が生まれる前の有名なものから、あまり知られてない懐かしい作品まで、

入館から退館までずっと心が踊る場所だったと思います。」(Hさん)

 

「マンガミュージアムは予想以上に広かったので少し迷子になった。

お土産コーナーに気になるグッズが多くてどれ買おうか悩んだ。

昔のマンガがたくさんあったので懐かしい気分でした。」(Mさん)

 

「国際漫画ミュージアムは、なんといっても漫画の数の多さが一番印象的でした。
しかし漫画だけではなく、もともと学校だったということで、

建物にはその名残もあり面白かったです。

見どころが多く、一日中いても飽きないような場所でした。」(Uさん)

 

みなさんも入学したら、

應矢先生のご案内で、ぜひ京都国際漫画ミュージアムへ行きましょう!

 

大阪樟蔭女子大学 学科ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ