第10回全国理容美容学生技術大会(大阪地区)~化粧ファッション学科~

みなさん、こんにちは。
化粧ファッション学科の真殿由加里です。
 
7月24日(月)第10回全国理容美容学生技術大会~理美容甲子園2018~の大阪地区大会が、
エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育館)で開催されました。
 
全国理容美容学生技術大会とは、
全国約230校の理美容学校が参加する、最大規模の学生技術大会です。
大阪地区大会で各種目の上位に入賞すると
11月に岡山で行われる全国大会に出場することができます。
 
この11月に行われる全国大会出場を目指して、
化粧ファッション学科化粧学専攻美容コースの学生が、
この大会に出場してきましたのでその様子をお届けします。
 
<出場学生>
【本種目 美容部門】
  ワインディング      2年生 阿部恵里香さん、中西瀬菜さん
               3年生 大川智美さん、山中葵さん
【本種目 ヘアデザイン画部門】
  美容師養成施設学生の部  4年生 瀬戸さくらさん
【任意種目】
  アートマスク       1年生 倉園涼菜さん
 
大会は、まずは開会式から始まりました。
開会式では、各美容師養成施設のプラカードを持って、選手が行進して入場します。
 
 
ribi01-1.jpg
 
 
(開会式前の待機中の写真:
左から山中さん、中西さん、阿部さん、大川さん、補助職員 松下さん)
 
 
ribi02-2.jpg
 
 
(開会式の写真)
 
開会式が終わると、早速ワインディング種目へ。
 
ワインディング種目に出場する学生から、
「緊張する~!先生おもいっきり背中たたいて!本気で!!」
と言われ、「頑張れ!!」と気合い注入!
 
見守るなか、競技が始まりました。
 
 
ribi03-3.jpg
 
 
ギャラリーも多く、学生たちも手が震えている様子。
心の中で、(がんばれ~!がんばれ~!!)と応援。
一生懸命、一本一本ロッドを巻いている姿を見ているだけで、
こみ上げてくる思いがありました。
 
 
ribi04-4.jpg
 
 
(競技中:山中さん)
 
そして、競技終了。
あっという間の20分間でした。
 
競技が終わると、みんなは応援席で観覧。
 
 
7-7.jpg
 
 
会場には、デッサン画アートマスクの展示がされていました。
 
 
ribi08-8.jpg
 
(瀬戸さんの作品:テーマ「四季」)
 
 
ribi09-9.jpg
 
(倉園さんの作品)
 
そして、時間は経過し、表彰式がはじまりました。
緊張の瞬間・・・。
 
 
結果は、
【本種目 ヘアデザイン画部門】 
美容師養成施設学生の部
瀬戸さくらさん 優秀賞受賞
 
 
(瀬戸さん)
 
おめでとうございます♪♪♪
瀬戸さんは、デッサンの技術を独学で習得したそうです。
すごい!!
 
 
惜しくも、ワインディング種目とアートマスクでは、受賞することが出来ませんでした。
「正直、練習してたよりも全然できなくて悔しい気持ちでいっぱいです」
と学生が言っていました。
 
その悔しい気持ちは、
それだけ大会に向けて頑張ったからこそ感じることが出来る悔しさ。
この悔しさをバネに出来るかで、今後の自分が変わってくるはず!!
勢いのあるバネにして、来年また頑張ろう!!!
 
(化粧ファッション学科 大会にはいつもいろんなドラマがあると実感する真殿由加里)
 
 
 
=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆= 
化粧ファッション学科公式Twitter始めました!ぜひ確認してみてくださいね!
開催予定のイベントなど、情報盛りだくさんかも・・・??
 
化粧ファッション学科の最新記事から過去の記事までを一気にチェック! 
 
↑ クリックしてね! ↑ 
 

大阪樟蔭女子大学 学科ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ