Design your Mission-あなたのミライを考えよう~@現代ビジネス論Vol.9

みなさん、こんにちは。

今年も早くも1月と2月が終わってしまいました…。

1月行く、2月逃げる、3月去るっていうけど、ほんとに1月と2月がぁぁぁ~!!!

 

さて、現代ビジネス論も佳境に入ってきましたよ。

今回は、日本政策金融公庫 東大阪支店 支店長の下山修(しもやま おさむ)様にお越しいただき、「Design your Mission-あなたのミライを考えよう~」についてお話しいただきました。

DSC02587.JPG

(下山様)

IMG_4228.JPG

(本日の資料)

まずは日本公庫の概要から。

日本政策金融公庫は、融資を通じて中小企業のサポートや教育ローンを取り扱っている100%政府出資の金融機関です。

IMG_4231.JPG

小規模事業者への融資を行っている日本政策金融公庫、152店舗ある中でも上位に入るのが東大阪支店です。

中小企業とは、製造業・その他の業種では300人以下または資本金3億円以下、

卸売業では100人以下または資本金1億円以下、小売業では50人以下または5,000万円以下、およびサービス業では、100人以下または5,000万円以下の企業をいいます。

わが国の中小企業・小規模事業者数は約382万企業あり、企業数全体の約99.7%を占めています。

東大阪は、事業所が約26,000社もあり、全国有数の中小企業の町です。

中小企業が日本経済を支えているといっても過言ではありません。

中小企業の課題として、事業継承者がいないため、やむなく休業や廃業に追い込まれる企業があるとお話し下さいました。

DSC02589.JPG

また日本政策金融公庫は、創業支援とソーシャルビジネス支援を積極的に推進しています。

IMG_4232.JPG

ビジネスプランの作成方法は3つで、事業、資金、収入と返済、そして事業計画にはストーリー制が重要だとか。

下山様は、美容院と洋風居酒屋を事例に挙げられ、失敗事例も交えながら解説して下さいました。

IMG_4235.JPG

下山様は、ビジネスプランを立てるときはスケジュールを詳細に設定し、ビジネスモデルを明確にすること。企業活動を始めるためには、入念な計画が必要であることを学生たちに伝えて下さいました。

IMG_4230.JPG

政策金融公庫は私たちになじみのない機関ですが、中小企業を対象にさまざまな支援を行っており、それを通じて中小企業の活性化、および社会に貢献しているのです。

日本経済は、こういった融資機関に支えられているということが学生たちにも理解できたようでした。

DSC02583.JPG

さぁ~て、来週の講義は???

一般社団法人 日本損害保険協会 近畿支部の二階堂公雄様にお越しいただき、「損害保険業界の現状、損害保険会社の仕事」についてお話しいただきます。

お楽しみにぃ~♪

 

[学生の所感]

日本金融公庫の中で東大阪支店の融資総額が上位10位以内に入るというお話しを伺ったとき、中小企業が多く集まっている東大阪の特徴が数字に表れていると思いました。今回講義を聴いている中で日本公庫の出資者が政府であるのにも関わらず株式会社という組織になるのかが疑問に感じました。私は、将来金融業界に就職を希望しており、本日のお話しを伺って、日本公庫様のような中小企業やNPO法人などの地域との距離が近い金融機関に魅力を感じ、視野が広がりました。本日は貴重なお話しをありがとうございました。

 

事業をするために立てるビジネスプランを作成するとき、漠然とした思いだけではなく、周りの人や自分のために具体的に計画することが大切だということを知り、事業をするときだけでなく、何か新しいことを始めたいときや、何かを変えたいと思っているときにも同じようなことが言えると思いました。何かやりたいと思う気持ちだけではなく、「何をどのように、どこで、どうやって…」という具体的なことを考えているかを伝えなければ、誰も協力してくれないし、自分の夢を実現することは難しいと思います。事業を始めるということは勇気と資金が必要だと思っていましたが、ビジネスモデルや周囲の協力、社会的ニーズの研究など、計画することが一番必要だと感じました。しっかり計画をしていれば、少しの勇気と資金であっても夢を叶えることができると思いました。

 

(ライフプランニング学科 越智砂織)

★★ライフプランニング学科へ興味を持たれた方は資料請求を!★★

大阪樟蔭女子大学 学科ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ