国文学科 卒業制作/卒業論文 報告会 その2

2018.02.14 国文学科
みなさん、こんにちは!
 
2月6日の国文学科「卒業論文/卒業制作 発表会」、
前回ブログの奈良﨑先生からバトンタッチして今回は第2弾。
近現代文学ゼミ、キャラクター文芸コース、日本語学ゼミの様子を、富田がお届けします。
 
G401会場は、近現代文学ゼミ(檀原ゼミ)からスタート!
発表資料はこんな感じ。
 
DSC01790.JPG
DSC01791.JPG
卒業論文の目次、作品の梗概、論文の各章の要旨などがまとめられています。
 
発表は、華やかに装丁された卒論を映しながら・・・・・・
 
DSC01759.JPG
 
DSC01762.JPG
DSC01766.JPG
気に入った模様の紙などで装丁された卒論。
きれいですね!
苦労して書き上げただけに、より愛着がわくことでしょう。
 
研究内容を聴いていると、読んだことのない作品も読みたくなりました。
知っている作品でも、新たな発見があって面白かった!
 
 
午後のはじめは、G403会場のキャラクター文芸コース(青木ゼミ)へ。
 
DSC01793.JPG
DSC01794.JPG
マンガ8作品、小説1作品ということで、
資料はあらすじ、制作意図、作品の抜粋で構成されています。
でもやっぱり、作品はフルで読みたくなりますね!
 
DSC01769.JPG
発表は、資料を映しながら行われました。
 
DSC01771.JPG
DSC01775.JPG
スケジュール管理の苦労や、
パソコンで書くか?Gペン・丸ペンなどつけペンで手書きするか?といった
制作ツールのこだわりも、熱く語られます!
 
DSC01776.JPG
作品の雰囲気に合うよう、印刷する紙の風合いにこだわった人もいました。
そこまで含めての作品!
・・・・・・ですが、印刷が大変だったという裏話も。
 
 
 
続いては、またまた会場を移動して、日本語学ゼミ(田原ゼミ)の発表へ。
どれどれ、どんな発表があるのかな?
 
DSC01795.JPG
DSC01796.JPG
「ニコニコ動画」!?とビックリしたそこのあなた。
日本語に関して、興味関心があること、何でも研究対象になるのです。
 
もちろん、研究するための方法は、しっかりきっちり、
4年間で身につけていきますよ!
 
そして、こちらが発表の様子。
 
DSC01783.JPG
DSC01785.JPGDSC01787.JPG
配布資料のグラフや図を見てもらいつつ、
調査内容や結果、考察を発表します!
(ちょっと緊張してるかな・・・・・・)
 
 
どのゼミの発表も、仕上げた卒業論文・卒業制作について
2年生・3年生にもわかるよう、工夫されていました。
 
4年生は卒業論文・卒業制作を客観的にふりかえるきっかけになり、
後輩の皆さんには、1年後・2年後の姿を
具体的にイメージすることができる日になったのではないでしょうか。
 
自分の考えをしっかり発信できる国文学科をめざして、
来年以降もこの発表会は続きます!
 

大阪樟蔭女子大学 学科ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ