酒粕プロジェクトで商品発表を行いました!

みなさん、こんにちは〜。

流行には疎い性格が幸いし、インフルエンザにかかった記憶がないライフプラニング学科の濵田です。

今日は、ライフプラニング学科3年生が参加し、先週メディア公開された「酒粕プロジェクト」について報告します。

ライフプラニング学科では、3年前にフードスタディコースが創設され、食の流行とそれを発信するメディア媒体、そして発信方法について学ぶ「フードメディア研究」という科目があります。

フードメディア研究を担当されている曽我和弘先生は、食に関する連載記事を執筆されながら、企業の方々と協働して食文化の活性化やさまざまな食の流行を生み出すプロの「仕掛け人」です。

 

今学期フードメディア研究を履修する学生は、神戸市内を中心に展開する酒粕(さけかす)プロジェクトに参加させていただきました。酒粕を用いた料理を郷土料理化するというプロジェクトの大きな目標に、学生目線で酒粕を用いた新しい和食を考案し貢献することを目指しました。

 

酒粕といえば、寒い時期に食卓にあがるかす汁がみなさんにとって一番馴染みがあるのではないでしょうか。しかし、かす汁を除くと、みなさんはどれほど酒粕や酒粕の他の食べ方をご存知ですか?

 

学生は、酒粕ができる工程や、栄養学的効能、味の特徴を学び、グループに分かれてレシピ開発を行いました。そして、ノーベル賞受賞の公式行事でも提供された日本酒「福寿」の蔵元でもある、神戸酒心館の代表者様向けにコンテスト型のプレゼンテーションを行いました。その結果、「ちらっと酒粕ちらし寿司」が最優秀賞、「よりちゃんのおはぎ」が優秀賞と高評価を受け、神戸酒心館に隣接する日本料理店「さかばやし」様にて期間限定で提供されることとなりました。

IMG_6149.jpg

(舌鼓!したつづみ笑いが弾ける「さかばやし」様の料理!)

そして1月18日、ちらし寿司を考案した学生5名(1名欠席)が、神戸酒心館で開催された酒粕プロジェクトのメディア発表会(プレスディナー)に出席し授業での取り組みと料理を紹介しました。

IMG_6137.jpg

(プロの料理人やメディア関係者の前で料理説明する「ちらし寿司」チーム)

IMG_6125.jpg

(料理発表会の献立。ホテルのシェフの料理と並ぶOsaka Shoinのちらし寿司!)

IMG_6127.jpg

(フグの唐揚げと雑煮の後、最後は酒粕おはぎ!)

「ちらっと酒粕ちらし寿司」の特徴は、色彩とご飯に酒粕を合わせるという斬新さ!

IMG_6129.jpg

木枡を使って、酒粕がうまれる蔵元との繋がりを表現し、和食の基本である青黄赤白黒(しょうおうしゃくびゃっこく)の色彩を具材でつくりだし華やかに仕上げました。酒粕がまろやかな味を加えてくれます。

 

「よりちゃんのおはぎ」も、おはぎに酒粕を加えた斬新な一品。酒粕を加えた白餡と、梅肉の主張が口内で絡み合う、ユニークかつ美味な一品です。

IMG_6162.jpg

曽我先生、そしてプレスディナー参加者の方々には、美味しいだけではなく、酒粕を知らないからこそでてくるアイデアが良いとのお言葉をいただきました。

私は、それにプラスして、ライフプラニング学科の学生らしい、知らないことにトライする積極性と試行錯誤を良き挑戦と捉えて楽しむ課題に取り組む姿勢も、今回の評価に繋がったのではないかと思います。

IMG_6156.jpg

(ラジオインタビュー収録終了後にKiss FM KOBE “4Seasons”のDJ中野さんと。収録は近日オンエア予定!)

 

高校生のみなさんはお酒を楽しめませんが、酒粕の新しい可能性を体験しに是非「さかばやし」様にお越しください!

 

(ライフプランニング学科 濵田)

ーーー

一般入試始まってるよ!

大学案内、まだ在庫あるよ!クリッククリック!

大阪樟蔭女子大学 学科ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ