東大阪税務署主催の租税教室が行われました

みなさん、こんにちは。

街はクリスマスムード…。

私のところにもサンタさん来るでしょうか…? いや、来ないな。来るのは仕事だけだよ…(涙)。

 

さてさて、今日は先日行われた『租税教室』の様子についてお伝えします。

この租税教室は、東大阪税務署様が主催となって、学生たちに税務署の仕事や租税について講義を行うものです。

本日は、東大阪税務署の個人(調査)担当副署長 町田好隆様にお越しいただきました。

IMG_5089.JPG

(東大阪税務署 副署長 町田好隆様)

IMG_5082.JPG

(本日の資料)

まずは相続税の概要から。

相続税とは、人の死亡を原因としてその死亡した者の財産を個人が取得した場合に、その取得した財産の価額を基として課税される租税のことをいいます。

もっとカンタンにいうと、亡くなった人から遺産を受け継いだら税金がかかりますよ~ということ。

IMG_5087.JPG

さぁここでクイズです。遺産総額日本一は誰でしょう???

答えは…、徳川家康でぇ~す!!! 

当時にしては長生き家康くん(注意:ゆるキャラではない、歴史上の人物ですゾ)、74歳で死亡。

遺産総額は5,000億円。財産は金銀財宝!!!(すごぉい! さすが江戸幕府の初代征夷大将軍!!)

相続人は、妻1人と子ども16人!!(側室たちは計算に入れられません)。

相続税は1905年(明治38年)に日露戦争の財源を補うために導入されましたので、徳川家に相続税は課税されていません。

が!! 現在の相続税の計算でいくと…、なんと相続税額は2,748億円!!!

現代だったらとんでもない金額ですねっ!!!

IMG_5091.JPG

さて、一通り相続税の説明を受けたあとは、事例をもとに相続税の計算にチャレンジ!!!

IMG_5190.JPG

IMG_5191.JPG

IMG_5192.JPG

これは難しい~!!!……そんなことないんですよ。

実は、この租税教室に参加している学生たちは、1年生のときにファイナンシャルプランニング技能検定で、相続税の計算をしたことがあります。

町田様がちょっと手助けをしてくれたら、スラスラと計算を始めました。

IMG_5092.JPG

IMG_5093.JPG

(真剣に電卓を叩いて計算しています)

IMG_5094.JPG

(相談をしながら、進める学生も)

IMG_5097.JPG

(で・き・た♪)

学生たちはこれまで学んだ知識がこのように実社会で活用できることを再認識したようでした。

IMG_5090.JPG

町田様、大変お忙しい中、租税教室を開催していただき、本当にありがとうございました。

 

(ライフプランニング学科 徳川家の相続税額に興味津々の越智砂織)

★★ライフプランニング学科へ興味を持たれた方は資料請求を!★★

大阪樟蔭女子大学 学科ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ