奈良県立医科大学附属病院を見学してきました【心理学科の学外授業】

2017.09.23 心理学科
 8/25(金)奈良県立医科大学付属病院精神医療センターに,臨床心理士や精神保健福祉士(PSW)など心理学の学びを社会に活かすことをめざす坂田ゼミの3回生6名一緒に見学をしました。
 奈良県立医科大学附属病院精神医療センターには,本学大学院修了生が臨床心理士として勤務しており,そのご縁で今年も見学させていただきました。これも日頃,修了生が同僚の臨床心理士や,精神科医など他職種の方々とよい関係を築いて協働していることのおかげだと嬉しく思いました。
 毎年奈良県立医科大学精神医学講座の教授をはじめとする先生方のご厚意で,贅沢なご指導をいただいている本授業,本年度はなんと,奈良県立医科大学精神医学講座の教授みずから,精神医療センターの特徴について説明してくださるとともに,ゼミ生ひとりひとりにあたたかなお声かけをくださいました。
 
17見学写真1.jpg
 
 その後も,精神医療センターの第一線で臨床と研究,医学生の指導に勤しんでいる精神科医の先生に,とてもわかりやすく説明していただきながら病棟を見学させていただきました。患者の人権を尊重することそのものが治療であるという姿勢が隅々から伝わってきました。
 また,修了生の臨床心理士の案内で,検査室や面接室・遊戯療法室は勿論のこと,NIRSや事象関連電位を測定する脳波計など脳科学的な研究に必要な装置も見せていただき,実際にどのように使われているか教えてもらいました。そして,精神科チーム医療における臨床心理士の役割や心理査定(心理検査)の大切さなどについて丁寧に説明していただきました。全国的にトップクラスの医大附属病院精神科であることをあらためて実感するとともに,そのような場で本学の学生が学べることに(それが実現できる関係が卒業生・修了生と築けていることにも)とても感謝しました。
 最後には,本学修了生を含む3名の臨床心理士の方が我々の質問に応じてくださいました。大学時代に学んだこと,大学院生活,職場で活躍するために身につけておくべきことなど,普段の授業ではなかなか聞けないことを正直に,丁寧に語ってくださり,学生達は,これからの学びやキャリアに向けて,大きなヒントとモティベーションを得た様子でした。
 
17見学写真2.jpg
 
(心理学科 坂田浩之)
 

大阪樟蔭女子大学 学科ニュース

DEPERTMENT NEWS
各学科に関する最新ニュースやお知らせを配信!

アーカイブ

RSS 1.0 2.0 読者登録

ページトップへ